Pocket

 

 

女性に比べて、男性はオシャレといえる人、オシャレに気を使えている人が少ない。

この事実は、今この記事を読んでいる、ファッションを気にしていない男性に多大なチャンスを与える。

すなわち、
男性は、オシャレになるだけで、女性からモテる
ということである。

なぜなら、男性のその人数比により、相対的に他の多く男性よりもプラスの要素が増えるから。

そもそもファッションに気を使っていない男性が多い1番の理由は、世の中の男性の大いなる誤解があると考えられている。

すなわち、
「ファッション(うわっつら)が良くなっても、
中身が伴わなければ、あるいは生まれ持った顔がイケメンでなければ、
格好良くない、モテないという誤解

「いやいや、そんなこと言ったって、実際イケメンじゃなければこうなるでしょ?w」
【画像】 「女の子が言われたい20の言葉」 を絵にした結果wwwwwwwww

http://katsumoku.net/archives/6843843.html

という声が聞こえてきそうだが、この考えは多いに間違っているという事を声を大にして言いたい。このまとめには、顔以外の「清潔さ」や「雰囲気」という部分も、悪いニュアンスを加味している。

そして、その誤解を端的に説明すると下記になる。

「男性は女性の顔を重視しがちだが、女性はそうではない。」

かくいう私も中高が男子校だったので、元々は、「イケメンじゃなけれモテない」と
いう勘違いをしていた人種だったが、あれは完全にその中高時代の同じ年齢層の女子がジャニーズにハマる文化による弊害である。

確かに、高校生ぐらいまでの女性(=まだ男性との交際経験も少ない)は、年齢的にも少女漫画を読んだりする層であり、また、交際経験、および人生経験も少ない分、王子様的なものに憧れ、顔が整っている男性を好きになりがちではあるが、この時期のそういった考えを持つ一部の女性以外の大半の女性にとっては、相手の顔がイケメンかどうかよりも、「その人がどういう人か」の方が大事なのである。

「どういう人か」という要素にはもちろん、
“性格”や”雰囲気”や”仕事への姿勢”や”人生観”etc・・・様々な要素がかみあってできるものであり、顔が良かろうが悪かろうが、「この他の多くの要素」の方が、女性にとっては大きいのである。

だから、芸能界にしても一般のカップルにしても、男性の顔は別にイケメンでもないのに、凄い美女を連れている事が多い、というのもこれが原因である。

これを見て不思議に思ってしまう男性というのは、男性側目線で女性を見る時に、「いい女=(顔が可愛い)女の子」という一般的な価値判断をした上で、同じように、女性から男性を見た時に、「いい男=(顔が)いい男」であると勘違いしているからである。

女性にとっての「いい男」とは「総合的にいい男」である。
そしてその要素は先ほどあげたような様々な要素から成り立っている。

さて、ファッションに話を戻すと、そんななか、女性との出会いを想像して欲しい。

初対面、これからお話するかもしれない、といった状況で、
女性から男性を見ると、「顔」+「スタイル」+「ファッション」以外は何もわからない。

しかし、この中で自分の努力で変えられるのは「ファッション」だけである。

そして、そのファッションイケてると、それだけで、

「外見がカッコイイ、オシャレである」というそもそものプラスポイントはもちろん、

「優秀そう」「仕事が出来そう」「清潔そう」と様々なプラスな印象を与え、

先ほどの「女性から見た男性の総合ポイント」が一気にたくさん加算される訳である。

すると、その女性との関係性が恋愛であれ仕事であれ、その後のコミュニケーションが円滑になるのはもちろんのこと、

そのように見られること自体が、自分の自信にも結びつき、言動にも現れてくるのである。

優秀な男性は、この、ファッションが与える圧倒的な好影響を知っているからこそ、

ファッションに気を使うのである。

つまり、ファッションに気を使えるということは、1つの優秀さの証明でもある。

そして気を使えば使う程、周囲の評価が上がり、自分に自信が持てるプラスのスパイラルが生まれるのである。

そして、ファッション力を向上するにあたって、1番てっとり早く効果が出る方法、それは「コーディネートルールを知る」
ことである。

ファッションコーディネートのルールは算数や英語と同じで、1度身につければ死ぬまで一生役に立つ。

つまり、知れば知る程オシャレになり、知れば知る程モテるようになっていく、まさに

「ファッションコーディネートルールは男の必修科目」といえる。

この無料のwebマガジン「MENS’BS」そして、無料のメンズファッションコーディネートサービスBEST STYLE MEで、是非他の男に差をつけ、女性からも、そして女性に限らず、周囲の人々から、圧倒的な好印象を持たれる男性になり、そのことを自信に変えて、より人生を豊かなものにしていってほしい。

自分に自信がつくこと、仕事ができること、モテること、これらはどれも、自分の人生をとても豊かで楽しいものにするのである。