スキニーが似合わない男性の理由・着こなし方【メンズファッション】

タグ: ,
Pocket

スキニーが似合わない男性の特徴とは?

「細くすらっとスタイル良く見えるスキニーパンツを履きたい」と考えている男性は意外に多いのではないでしょうか?でも、なぜかイメージと違って似合わない…うまく着こなせない…なんて悩みを抱えている方も多いかもしれませんね。

今回は一見シンプルに見えるスキニーパンツが似合わないのはなぜなのか?そして、どのようなポイントを意識すればカッコよく着こなすことができるのかを徹底解説していきます。

 

 

スキニーパンツが似合わない3つの理由

①自分にあったシルエットのスキニーパンツを選んでいない

単にスキニーパンツといっても、素材や伸び具合・細部のサイズ感はブランドや型によって大きくことなります。例えばUNIQLOのスキニーパンツはテーパードが弱く、比較的直線的なシルエットでよく伸びるのにのに対し、サンローランのスキニーパンツはテーパードがきつく、履く人をかなり選ぶと言われています。

そのため、ブランドやサイズ選びで間違えてしまうと自分に合っていないものを選んでしまい、似合わないことも多々あるのです。

そのため自分にあったスキニーパンツを見つけるまでは積極的に試着などをしてみるのがよいでしょう。

自分に合っているかどうかの判断基準としては

  • ヒップのラインが身体に合っているか
  • 太ももの太さとパンツの幅が合っているか
  • シルエット(特に太もも部分の幅の変わり方)は合っているか
  • 股下の長さは合っているか

などが挙げられます。昨今のスキニーパンツブームで比較的安価に色々なブランドが販売しているので色々試してみてください。

 

②合わせるアイテムがスキニーパンツと相性が悪い

また、せっかく自分にあったスキニーに出会えたとしても、合わせるアイテムが相性が悪ければおしゃれにはなりません。比較的どんな系統のコーディネートにでも合いやすいのがスキニーパンツのいいところでもあるのですが、NGな着こなしも当然あるので紹介しておきます。

特に気をつけたいのが、色や柄のあるスキニーパンツです。黒や濃紺デニムのスキニーであれば比較的どんなアイテムとも合うのですが、より主張の強い柄スキニーは要注意です。

写真のような大きめのギンガムチェックのスキニーなどは、主張が強いので着こなしが難しいです。

ギンガムチェックのパンツを取り入れる場合には、黒やグレーなどの同系色でまとめるのが無難かもしれません。

 

また、色同士の組み合わせ方も注意です。

これはスキニーだけに言えることではないのですが、種類豊富にカラースキニーパンツも発売されているので注意が必要です。

特にトップスにもビビッドな色を使った色×色の組み合わせは要注意です。

基本的なルールとしては、

  • 全身のアイテムの色は3色以内が原則(目立つ色は2色まで。)
  • 3色目立つ色を使う場合には黒のアイテムを多めに入れ差し色として全体のトーンを抑える

などといったルールがあり、色が多く、かつ抑える色がないとバカっぽく見えてしまうので注意が必要です。

 

③そもそも体型にあっていない

これはスキニーパンツの着こなしにおいて最も言われることですが、スキニーパンツは着る人を選ぶアイテムです。特に重要なのがガタイの良さ、そして足の太さです。

スキニーは足にぴったりとくっつくほどの細いシルエットが特徴かつ魅力である故に、足が太い人が履くと露骨に太さが強調されてしまうということを理解しましょう。つまり、そういった人にはそもそも似合わないアイテムなのです。逆に、足が細い人や華奢なイメージのある人はスキニーパンツが似合うというっことです。

 

その上でどうしても細いシルエットのパンツが履きたい、と思う人は”テーパードパンツ”を選びましょう。

テーパードパンツは、裾に向かってシェイプされたシルエットのパンツを指します。 スリムパンツは太もも部分も細くシェイプされていますが、テーパードパンツの場合はややゆとりがあるのが特徴です。 テーパードは腰のあたりから太もも辺りまではゆとりがあるので、腿が張ってスリムパンツやスキニーがはけなかった人でもチャレンジできます。 足を細く長く見せる効果があります。

出典 http://matome.naver.jp/odai/2141081247086720301

 

 

 

もっとかっこよくスキニーパンツを着こなすには?

スキニーパンツの最大の魅力として着こなし全体が締まり、すらっとスタイルがよく見えるという点が挙げられます。その魅力を最大限生かせるような着こなしがオススメです。

 

最もポピュラーなのは、トップスに丈の長いアイテムやボリュームのあるアイテムを持ってくることでVラインシルエットを作る着こなし。

ボリューム感に差をつけることで縦の長さがより強調され、すらっとした綺麗なシルエットに見せることができます。

 

また足元をロールアップすることでよりVラインを強調でき、かつ力の入りすぎない抜け感を出すこともできるので最近の流行にもよくマッチします。

 

いかがでしたか?今回はスキニーパンツが似合わないと思って悩んでいる男性に、似合わない理由や少しでも似合うように見えるコツをご紹介しました。

その上できちんと着こなせば、スキニーパンツほど扱い易いアイテムはないかもしれません。

とはいえ、自分でコーディネートを考えるのは結構な手間だったりしますよね。

ベストスタイルミーは、手持ちの服をカメラ撮影するだけで、スタイリストが毎日コーディネートを提案してくれるアプリです。もちろんすべて無料です。