スウェットパンツの着こなし方 【秋のメンズファッションコーディネート・着こなし 2015年版】

Pocket

2015年スウェットパンツの秋メンズファッションの着こなし・コーディネート

今回はスウェットパンツについてのお話です。スウェット素材のアイテムは確かに流行していておしゃれですが、少し間違えると部屋着のようなラフなファッションになりかねないので、ラフにならないようなコーディネートをしたいところです。逆に言えば、うまく着こなせたらおしゃれさも快適さもクリアする万能アイテムです。

今回は3パターンに分けて、スウェットパンツのコーディネートルールを提案していきます。

 

キレイめコーデをハズす着こなし

まずは、基本となるノーマルなコーディネートから。初心者さんは、スウェットパンツはあまりだぼっとしすぎず、比較的スラッとしたシルエットのものを選ぶのが無難だと思います。そして、だらしなく見えない工夫として、トップスは、きっちりとしたシャツをあわせるとよいでしょう。同じく品のある印象の丸首のニットなどを合わせるのもアリです。

スウェットパンツ 秋 のメンズコーディネート 着こなし

 

足下はスリッポンなどでスウェット同様抜け感を出しましょう。スニーカータイプの物が特に相性抜群です。


 

ネルシャツにスウェットパンツ、スリッポンを合わせた着こなしです。足元に抜け感がてていてリラックスした雰囲気になっています。

スウェットパンツ 秋 のメンズコーディネート 着こなし

出典 wear.jp

 

ベッカムのスウェットパンツの着こなしです。コートに黒のスウェットパンツを合わせるという難易度の高いコーデです。黒のスリムなスウェットパンツは比較的上品なアイテムにも合うので、コートやジャケットなどに合わせるのもおしゃれです。

スウェットパンツ 秋 のメンズコーディネート 着こなし

出典 Pinterest


 

ニットとシャツの重ね着スタイルにスウェットパンツを合わせたスタイルです。パンツ以外はすべてキレイ目なアイテムで揃えていて、パンツでうまく着崩しています。このセーターを合わせた着こなし方もメンズの中で人気のコーディネートとなっています。

スウェットパンツ 秋 のメンズコーディネート 着こなし

出典 Pinterest

 

スウェットパンツを男らしく着こなす

次は、少し男らしく着こなしたい方に向けたコーデのご紹介です。下記の着こなしのトップスはデニムシャツをチョイスしています。デニム素材のものだと男らしい印象になります。ボトムスはもちろんスウェットパンツで、合わせます。ブラックのものをセレクトすると、さらに無骨な印象になります。


 

ワンポイントとして、シャツは前を開けてタンクトップをインしても、男らしさが増します。足元はワークブーツでまとめれば、全体的に無骨な着こなしの完成です。

 

他にもこのような着こなしがあります。例えばパーカーと合わせた着こなしです。パーカーもラフなアイテムなので、シューズをデッキシューズにして上品さを取り入れてバランスをとっています。

スウェットパンツ 秋 のメンズコーディネート 着こなし

出典 Pinterest

 

こちらはライダースジャケットと合わせたコーディネートです。スウェットパンツのスタイルは「トップスをタイトにすること」が鉄則です。レザージャケットはタイトなのでスウェットパンツと良く合います。

スウェットパンツ 秋 のメンズコーディネート 着こなし

出典 Pinterest

 

スウェットらしさを生かしたカジュアルな着こなし

最後にちょっとやんちゃで可愛い印象を与えるコーディネートです。今回は、提案するのは、トップスにスタジャンを着ることです。切り替えやワッペンのあるスタジャンは、少年らしいやんちゃ感を演出してくれます。

同じくスポーティなアイテムであるスウェットとも相性ピッタリですね!

 

インナーは無難に丸首の白Tなどですかね。シンプルに抑えましょう。足下はやっぱりスニーカーがいいとおもいます。全体的にプラスアイテムとしてキャップやメガネがあるとさらにかわいくなりそうですね。

 

こちらもスタジャンを合わせたカジュアルコーデです。インナーのミリタリーシャツと鑑みて全体的に男らしくやんちゃなスタイルとなっています。

スウェットパンツ 秋 のメンズコーディネート 着こなし

出典 wear.jp

 

インナーにきている白のニットが秋冬にぴったりなコーデとなっています。

スウェットパンツ 秋 のメンズコーディネート 着こなし

出典 zozo.jp

いかがでしたか?冒頭にも少し述べた通り、スウェットはコーデによっておしゃれにも、だらしなくも見えるアイテムです。
合わせ方はもちろん、いつもよりさらにサイズ感、カラーなどに気をつけてみてください。