古着ってなに?(今更人に聞けないファッション用語解説)

Pocket

 今回のテーマはずばり「古着」です。

古着といいますと、皆さんこんなイメージを持たれる方も多いんじゃないでしょうか。

「ファッション上級者が着てそう...自分には無理」

「なんだか野暮ったく見えそうで嫌だ...」

確かに、古着ってなんだかハードルが高いイメージがありますよね。

新品に比べるとサイズもワンサイズだし手を出しにくい...。

でも、心配ありません!

そんな古着ですが、ちょっとしたコツさえ押さえれば着こなしの幅を一気に広げてくれる魔法のアイテムなんです。

 

◆そもそも古着とは??

ファッションにおける古着とは、実は2種類あります。

①ユーズド物

いわゆるブランド古着と言われるもので、KindさんやRAGTAGさんと言ったお店が代表です。

これらは比較的新しいブランドものを扱うショップで、純粋な中古という概念に近いかもしれません。

② 古い時代の物

こちらが今回のメインテーマであるヴィンテージ古着です。ヴィンテージ古着とは、その名の通り数十年前に着られていた服飾品のことを指します。

これらの多くはお店のバイヤーさんが直接アメリカやヨーロッパに買い付けにいってきて、輸入しているものです。

都市部では原宿、下北沢、吉祥寺、中目黒などに店舗が揃っています。

今回はこちらを紹介していきたいと思います。

 

↓ちなみに店内はこんな感じ

 

1182428079_photo(出展:下北沢経済新聞

 

◆古着の魅力

ではでは、そんな古着のメリット・良さってなんなんでしょうか??そんな疑問が頭に浮かぶと思います。

古着の魅力は大きく3つあります。

 

①なんてったって安い!

古着の代表としてラルフローレンのシャツなどがあります。こちら新品ですと、 だいたい15,000円くらいでしょうか。

これが古着ですだいたい4分の1程度の4,000円から5,000円で手に入れることが出来ます。

 

img60944409(出展:楽天市場

他にも大学生には根強い人気があるドクターマーチンのブーツなども、

定価の3分の1程の1,0000円から手に入れることができます。

 

5945(出展:楽天市場

 

②すべてが一点もの

古着好きの間でその心を捉えて離さない魅力として、一点ものであるという点が挙げられます。

もともとがアメリカやヨーロッパで大昔に着られていたものであるため、現在は市場に流通していないものがほとんどです。

そのため、「街を歩いてたら同じ服の人が!」ということや、「友達と遊ぶときに服が被ってしまった!」といったトラブルとは無縁です。

また、そんな貴重な一着に偶然出会えたという喜びも、古着の醍醐味と言えるかもしれません。

 

③こなれ感を演出できる

これも大きな魅力の一つです。新品も、もちろん恰好いいですが、経年劣化ゆえの独特の風合いや味…そういったものに惹かれる人も多いです。

なにより古着をさりげなく取り入れている人は、ファッションに対して気を遣ってるんだなっていうのが伝わってきます。

 

 ◆着方について

しかし、そんな魅力がたくさんの古着ですが、先ほど書いた通り「難しそう…」「野暮ったい…」といったイメージがあるのも事実です。

が、

安心してください。ちょっとしたコツさえ掴めば、まったく問題ありません。

それがこれです!

 

①コーデに1つだけ取り入れる

②キレイ目なアイテムと合わせる

この2つは野暮ったいイメージを払拭するのに最適です。

 

例えば、キレイ目なジャケットに、古着のスラックスを合わせたり、靴だけ取り入れたり…

新品のシャツに古着のスウェットをレイヤードしたり…

どこかに1アイテムだけ取り入れてあげると、オリジナリティが出てよりこなれた印象になります。

 

③トレンドアイテムを選ぶ

トレンドというと古着と全く正反対の印象を持ちますが、実は古着にもトレンドがあることがほとんどです。

バイヤーの方が日本に輸入する際、売れそうなものを中心にセレクトしてくることも多いからです。

例えば今でしたらショートパンツや、スニーカーなどですかね。

古着でも今っぽいアイテムを選ぶことによって、すんなり普段のコーディネートに溶け込ませることが出来ます。

また、サイズの心配をされる方も多いですが、日本人のサイズ感に合ったものを選んで輸入してくるので、

意外に気にならないことがほとんどです。

 

以上が古着を取り入れる際に気をつけるポイントになります。

「最近コーディネートがちょっとマンネリ気味かも…」

「人と被らない服がほしい。でも目立ちすぎるのはちょっと…」

そんな方はぜひぜひ古着にチャレンジしてみて、プチ個性を演出してみてください!!