カーディガンが似合わない男性の理由と対策【メンズファッション】

 ■カーディガンが似合わない方に朗報! 

カーディガンはシーズンを問わずコーディネートに取り入れやすいアイテムの一つですよね。

無難で女子ウケも良いアイテムで知られ、とりあえず誰もが一つは持っていると思います。

しかし中には何故か似合わない…しっくりこない…そんな悩みを持っている方も多いのでは?

今回はそんな方に向けて、カーディガンが似合わないのはなぜなのか?どうすれば似合うのかをご紹介していきます。

 

 

 

そもそもカーディガンが似合わないのはなぜか?

カーディガンなどのニット系アイテムは、「優しい・品の良い」雰囲気を演出するアイテムです。なので、一般的には品のいい人や草食系なイメージの人に似合うとされています。

逆に、アメカジ系などの男らしい・無骨でワイルドスタイルを好む方は、シャツなどと合わせた優等生風コーディネートにしてしまうと、自分のイメージと違って似合わないというケースに陥ってしまいます。

多くの方が悩むカーディガンが似合わない理由とは、このように自分のイメージと合っていないということが挙げられます。

しかし、男らしいスタイルの方でもコーディネートの方法を工夫すれば、カーディガンを似合わせることは十分可能なのです。

今回はプレッピー(優等生風)に着るだけではないカーディガンの着こなしを紹介します◎

 

 

 

具体的なカーディガンの似合わせ方

プレッピー以外にはどう着こなすのか、ということで具体的なコーディネート法をご紹介します。

ずばり、シャツと合わせるだけがカーディガンの着こなしではありません!

アメカジや男らしい雰囲気に似合ったコーディネートをすることも可能なんです。

男らしくカーディガンを着こなす方法をご紹介していきます。

 

 ①男らしいインナーを合わせる

写真はシンプルなVネックのTシャツを合わせたコーディネートです。Vネックなどの胸元の開いたTシャツは、胸板や首元が強調されて、より男らしい印象を演出してくれるアイテムになります。同様にヘンリーネックやUネックなどのアイテムもオススメです。

 

また、カーディガンのインナーにシャツを合わせたい時は、デニムシャツなどを合わせるのがオススメ!デニムシャツは、シャツの中では男らしい・無骨といった印象を持つアイテムなので、カーディガンが似合わないという男性にピッタリです。デニムシャツのネイビーと相性のいいブラウンなどの色を合わせると、よりお洒落なコーディネートになります。

 

②男らしいアウターを合わせる

①のように、カーディガンが似合わないと思われがちなワイルドな男性は、インナー同様アウターに男らしさの強いアイテムを合わせるのがオススメです。

 

無骨なアウターの代名詞でもあるレザージャケット(ライダース)を取り入れた着こなし。カーディガンをインナーにプラスすることで、男らしい中にも優しさがプラスされたバランス良いコーディネートになります。

 

アメカジの定番アイテム、デニムジャケットも男らしいアウターの一つ。カーディガンをインすると、カーディガンならではの清潔感がプラスされて普段とは違う柔らかめのスタイルを楽しめます。

 

いかがでしたか?今回はカーディガンの似合わない方の理由と対策をご紹介しました。優等生や草食系とは程遠いイメージの男らしい方でも、コーディネート次第で似合わせることは可能なんですよ。

とはいえ、自分でコーディネートを考えるのは結構な手間だったりしますよね。

ベストスタイルミーは、手持ちの服をカメラ撮影するだけで、スタイリストが毎日コーディネートを提案してくれるアプリです。もちろんすべて無料です!

Pocket