こんにちは。ライターの中村です。

よくファッション誌に登場する用語として“差し色”というワードがあります。

今回は、「差し色って何?」という方に向けて、

使い方も含めてご紹介していきたいと思います。

 

 

◆差し色とは?

差し色とは基本的に、シンプルな服装の人にとって欠かせないテクニックの一つです。

どういうことかというと、

色を差すという言葉の通り、

全体のコーディネートに色の幅がないとき、

どこかに違う色を入れてバランスをとったりアクセントにしたりすることを言います。

基本的にどんな季節でも役立つ技法です。

 

 

◆基本的な使い方例

例えば黒いトップスに黒いパンツを着たい!けど重くなってしまう…

そんな時に、白ソックスを見せることで少し軽くなり、

全体のバランスがよくなります。

他にはバッグ、靴、タンクトップ、帽子など

様々な小物で取り入れることができます。

差し色3Chiopanic

 

同じ色の小物アイテムを2箇所で取り入れたり、

コーデに少しだけ入っている色のアイテムを取り入れることも

楽しみの一つになります。

 

 

◆どんな色を使えばいいのか?

・全身黒の場合→ネオンカラーなどの派手なものが映える

・全身白の場合→基本的になんでも合うのでシチュエーションによって変えることができる。

・補色の差し色→青に黄色、オレンジにブルーグリーンなど

 

全身同じ色でなくては差し色として機能しないわけではありません。

上下が同系色であるとか、何か物足りないなど感じた時に取り入れればいいのです。

o0300045012696210800Playブログ

 

ちなみに、差し色は単色のものだけでなくで取り入れることもあります

黒のセットアップにチェックシャツや、

白黒のみのコーデに柄シャツを腰に巻いたりというのもお洒落です。

柄で取り入れることで、より印象的なアクセントをつけることが出来るので、おすすめです。

 

 

以上が差し色の解説になります。

差し色はファッション初心者でも簡単に取り入れることの出来るテクニックなので、

ぜひ記事を参考にしながら挑戦してみてください!