顔の大きい人がファッションを楽しむために気をつけるべきたった2つのこと

タグ:
Pocket

出典 Rakuten

出典 Rakuten

今回はメンズファッションでコンプレックスに悩む方々の参考になるような記事を書いていきます。

テーマはずばり顔が大きいと悩んでいる人に向けて、

対処法をいくつかご紹介していきます。

 

顔の大きな人がするべき対処法

顔が大きいとスタイルも悪く見えがちですし、全体のバランスも良いとは言えません。

女性は小顔が良いとされていますが、

男性も顔は小さい方が評価が高いというのは周知の事実です。

「小顔になりたいけど、骨格の大きさなんてどうしようもない」

不安に思われるかもしれませんが、違うんです。

顔の大きさはファッションで対処していくことが出来るんです。

 

首回りに気を遣う

出典 Rakuten

出典 Rakuten

小顔に見せるためには、やはり首回りを工夫するのが効果的です。

首元をスッキリ見せるためには、VネックUネックがオススメです。

VネックはVが深いほどスッキリ見えるのでカバーしやすいです。

 

反対に、これはNGというものがあります。

トップスで言えば丸首のものです。

顔周りで顔だけが出てしまい、大きさが強調されてしまいます。

丸首で全体のシルエットがIラインだと最悪です。

タートルネックも顔が強調されてしまうので控えましょう。

顔周りは窮屈にしないようにしましょう。

 

Yシャツやジャケットは普通に着ていて大丈夫ですが、

注意していただきたいのは襟の大きさです。

小さいものだと顔の大きさが目立ってしまうので、

普通のものか大きいものの方が良いと思います。

 

 

小物を使ってカバーする

出典 Rakuten

出典 Rakuten

洋服はもちろん、小物の使い方でごまかすのも一つの手段です。

例えば、帽子を使うという方法。

帽子はかぶる時に少し注意が必要です。

 

ハットは浅くかぶるのが流行ったりしていますが、

これもまた顔の大きさが強調されてしまいます。

ニットも同じように、前髪を帽子の中に入れたりするのは控えましょう。

帽子をかぶる際は、

①ハットは深くかぶる

②ニット帽は前髪を出して、外から見える顔の面積を減らす

2つのポイントを意識してください。

 

また、ストールを巻くと言うのもオススメです。

冬であればマフラーですね。

ポイントはや目立つデザインのものを選ぶ、ということです。

ストールに視線が分散するので、顔の大きさをごまかすすことが出来ます。

 

色やデザインの派手なボトムスをはく

ボトムスを派手にして視線を下に向けるというのも一種の手法です。

派手な色や柄物のパンツで、トップスではなくボトムスに視線を集中させるのです。

 

さいごに

服装変えるだけでも全然周りからの見方が違います。

顔の大きいと悩んでいる方、まだ諦めるのは早いです。

ぜひここに挙げたテクニックにチャレンジしてみて下さい。