こんにちは、ライターの木村です。よくファッション誌などでVラインIラインと言った言葉を見かけませんか?「お洒落な人ほど何を着るかではなく、どう着るか・シルエットに気を遣っている!」という風に書かれていたりします。しかし、そんなシルエットですが、どのように気を遣ったらいいのでしょうか。今回は、Iラインと呼ばれるシルエットについてご紹介します!!  ◆そもそもIラインとは?その名の通り、アルファベットのIのように見えるシルエットです。しかし、いきなりそんなこと言われても何のことかわかりませんよね笑 分かりにくいので、VラインAラインと呼ばれているシルエット比較してみましょう。Vラインはトップスがビッグサイズで、ボトムスがジャストサイズの下の画像のようなシルエットです。tumblr_mc3508AL431rrtwhmo1_500New York Doll) 対照的にAラインはトップスをジャスト、ボトムスをビッグサイズにするというものでした。e0188595_14175667EDEN’s diary) つまりIラインとは、トップスもボトムスもジャストサイズを選ぶことでつくるシルエットのことを指します。その結果として、直立不動の時の元々のシルエットであるIが強調されて見えるわけですね。  ◆Iラインのいいところでは、そんなIラインですが、具体的にはどういう印象を与えるのでしょうか?そのメリットとは何なのでしょうか?Iラインは、・キレイ目な印象・キチンとした印象・大人っぽい印象・落ち着いた印象を与えたい時に使えるんです。 例えば出来るビジネスマンのスーツ姿を思い出してください。彼らは皆自分の体格にジャストフィットしたスーツに身を包んでいます。10665512_1Dress W+E) もしもこれが大き目のジャケットを着ていたり、ダボッとしたスラックスを履いていたら、だらしないという風に思われると思います。 ここで気をつけてほしいのは、Iラインというシルエットは、①タイト目のサイズ感にするのか、②あくまでジャストサイズを選ぶのかによって若干服の系統・雰囲気の演出を変えることが出来るという点です。 ①タイト目サイズで全身をまとめるのは、モード系の雰囲気になります。ディオールのエディ・スリマンが提唱したスタイルが最も有名です。彼は、レディースファッションを思わせる究極の細身スタイルで一世を風靡しました。dior hommeStyle.Com) 一般的なカジュアルスタイルで取り入れるなら、②あくまでジャストサイズが無難です。このサイズ感であれば先ほど紹介した通り、キレイ目、キチンとした印象、大人な印象、落ち着いた印象を演出することが出来ます。beckham01NAVER)  また、Iラインというシルエットのお話以前に、自分の体にフィットした服を着ると言うのはファッションの基本中の基本です。最近では服の作り自体がジャストフィットを目的として、少し小さめに作られていることも多いです。お洒落になるにはジャストサイズは必ずと言っていいほど押さえておかなければいけません!


быстрый займ