マメな男はモテる!マメンズになるための3ポイント

タグ:

モテる男の条件の中の1つとして、「マメ」であることが挙げられることが多くあります。

少し前に「マメ」な「メンズ」で、「マメンズ」という言葉がはやったように、

その「マメ」さが女子を喜ばせることに間違いはないのですが、

実は一歩間違えてしまうとドン引きされてしまう危険もあるんです・・・!!!!

普段からずっとマメでいるのではなくバランスが大切で、連絡を取っている時などの

些細で、適当になりがちな部分で「マメ」になることが大切なんです。

今回はマメンズに近づくための3つの原則を紹介します♪

KYOU85_tell20111119162826500-thumb-1200x800-5364

 

 

①連絡の返信は必ずすること!でも・・・

まず、連絡の返信は必ずしましょう。相手が「おやすみ」と言って会話が終わったとしても、

必ず分で会話を終わらせるために「おやすみ」の返信をします。

 

不在着信が入っていた場合も同じです。

メール等で「さっきの電話なに?」と返すのではなく、

電話には電話で返します。

連絡を無視することは言語道断です!!!!

 

ここで注意点を2つ。

1.返信が来ない場合にしつこく連絡するのは絶対NG!

「返事ないけど大丈夫?」「どうしたの?」「返事ちょうだい」は、絶対に言ってはいけません。

返事がないということは、そういうことです。くみ取りましょう。ストーカーのようで怖い思いをさせてしまいます。

BL001-ELkimochiwarui20140810500-thumb-1200x800-5450

 

2.マメであるということに意識しすぎて、絵文字や顔文字を乱用しない。

「今日はお疲れ様( *´艸`)無事に家帰れた(。´・ω・)?また今度ご飯でも行こう(#^.^#)」

なんてメールも絶対ダメです。

女子は意外とあっさりしていて、顔文字を頻繁に使いまくる人はあまりいません。

女子でも上のようなメールをする人は、あまりいないということです。

ですが、顔文字も絵文字も何もないと「ちょっと冷たい・・・。」なんて思われてしまうケースも!

 

「今日はお疲れ様!無事に家帰れた?また今度ご飯でも行こう(^O^)/」

で十分です。顔文字もあまり凝ったものでなく、シンプルに。

連絡をするということに意味があるので、内容はシンプルにしましょう。

 

 

②SNSはマメに更新しないこと!

「いいね!」を付けたりお気に入りをしたり、コメントを付けるという行為は確かにマメなのですが、

あまりにも頻繁もしくは反応が早すぎると、怖い印象を与えてしまいます。

「この人いっつもスマホばっかり触ってるんだろうなぁ・・・」という印象も与えてしまうので注意。

知り合いのモテ男くんは忙しさもあるのか、あまりSNSを更新していません。

頻度でいうと1か月に2、3回くらいです。

その際も、特定の人にウケる内容ではなく、大勢の集合写真を載せるなど大多数に興味を持ってもらえる内容にしましょう!

その内容も長い文章をダラダラと書くのではなく、「今日はお疲れ様でした!また集まりましょう!」等のシンプルな分と集合写真1枚で

十分伝わりますので、あまり凝らないように。

LIG_konoapuritukaenai500-thumb-750x500-3488

 

 

③最重要!!!誕生日を覚えておくこと!

誕生日をお祝いされてうれしくない人はいないですよね。

1年に1回の重大イベント、最もマメでなければならないポイントです。

一度誕生日を聞いたら、相手の見えないところでスマホのカレンダーに表記しても可ですし、

facebookであれば「今日は○○さんの誕生日です」とお知らせが来るので、

「お誕生日おめでとう!」

とシンプルに伝えてあげましょう。

 

また、普段から仲の良い相手には、

「今日誕生日だから何か飲み物おごってあげるよー」

的な軽いプレゼントをあげると、とっても喜びますよ!

(ここでモテマメンズは勝手に飲み物を選んでポンと渡すのではなく、

実際に自販機に連れて行って、相手に選ばせます。)

 

決して、あらかじめプレゼントを用意してあげるようなことはないように。

重すぎて相手に負担をかけてしまいます。

あくまでも、軽くてシンプルなものを心がけましょう。

N112_plezent500-thumb-750x500-2117

 

 

いかがでしたでしょうか?

3つに共通するワードは、「シンプル」です。シンプルさを決して忘れないでください。

この3つに慣れてきたら、女性の細かい変化にも気付けると「マメンズ」認定です!

ですが女性の細かい変化に気付けるようになるのは女性同士でも困難な技。

まずはこの3つをマスターして、「マメンズ」になりましょう♪

 

Pocket