顔・雰囲気別★似合うファッションを紹介【メンズ着こなし】

タグ: ,
Pocket

自分に似合うファッションが知りたい

どれだけ雑誌を読んで高いお店で洋服を買っても自分に似合わなければ意味がありません。

でも人それぞれ顔や体型の特徴は違うしもちろん好みだってあるのでなかなか自分にあった着こなしやアイテムを見つけるのって難しい。

ということで今回は顔の雰囲気や体型ごとにそれぞれぴったりな着こなしを紹介しちゃいます♪

 

 

顔・体型別自分に似合うファッション♪

●顔別

その人の印象を決める上でもっとも大切と言っても過言ではないのが顔の特徴です。特に顔の濃い・薄いは相手が受ける印象が大きく違うのでしっかりと自分の顔にあったアイテムを選びましょう。

・薄い顔

薄い顔の人は顔の主張が弱いため、黒や白などはっきりとした色のアイテムを選ぶのがオススメです。

 

服装まで主張の弱い淡目の色を使ってしまうと全体の印象がぼやっとしてしまい、インパクトがなくなってしまいます。

淡目の色を着る場合にはストールやマフラーなどの小物で差し色を作ってあげるとまとまります◎

 

 

・濃い顔

逆に顔が濃い人が黒いアイテムを選ぶとギラギラとチャラい印象になってしまいます。チャラい雰囲気は女性からもウケはよくありません。

そのためベージュやグレーなどの淡目の色合いでまとめ中和してあげるのがよいです。

暑く苦しい印象もあるので青などを差し色で入れてあげるととても爽やかになります。

 

 

 

●色別

肌の色もとても重要な要素の1つです。特に色合わせにおいて色の合わせ方はとても

・肌が白い

肌が白い人は黒だけの着こなしは避けましょう。コントラストで白さが余計強調されてしまうからです。

カーキやベージュ、ネイビーなどがおすすめ!

 

・・・ですが顔が薄くなおかつ肌の色が白い人はかなりインパクトが弱いため、強めの色のアイテムを取り入れるべきです。そんな人であれば黒いアイテムを着てももんだいないでしょう。(というよりかは黒ほどインパクトの強いアイテムをとりいれないとバランスがとれません。)

 

 

・肌が黒い

逆に肌が黒い場合には白or黒以外であれば比較的どんな色でも似合います。ですが肌の色自体もインパクトがあるので青ではなくネイビー、緑ではなくカーキなど少し控えめの色がもっともオススメです♪

 ただもちろん強めの色も似合わないだけでなく、ギャル男風の派手な印象になるだけなのでそういうファッションがしたい方はあえて強めの色のものを選ぶのもあり◎

 

●体型別

また体型別での着こなしも似合う・似合わないがはっきり分かれます。中でもシルエットが細すぎたり太過ぎたりする極端なものも似合う人を選むので注意が必要です。

・ガタイが良い

ガタイがよく、手足が太い人は男らしいワイルドな着こなしが似合います。

具体的にはチェックシャツ・ミリタリージャケット・デニム・チノパンツなどのアイテムです。

 

 

・華奢

逆に華奢な人は細身なシルエットで着こなすのがかっこいいです。

タイトなトップスやボトムスをお選ぶ方がよいでしょう。

 

また足が細い人はトップスを大きめのものと合わせてVラインの着こなしをしてもよいでしょう♪

 

・背が低い

背が低いという悩みを抱えている方もいらっしゃるかとは思いますが背が低い方も着こなしに注意が必要です。

特に長い丈のアウターと合わせてしまうとダボっとして野暮ったくなってしまうので丈が短いアイテムを選ぶようにしましょう。

 

 

いかがでしたか?自分に合う着こなしを学ぶだけで安いアイテムでも簡単にカッコよくなることが出来るんですよ♪

とはいえ、自分でコーディネートを考えるのは結構な手間だったりしますよね。

ベストスタイルミーは、手持ちの服をカメラ撮影するだけで、スタイリストが毎日コーディネートを提案してくれるアプリです。もちろんすべて無料です!