大手セレクトショップと言えば、(セレクトショップとブランドの違いは?でも紹介しましたが)

品が良く無難なアイテムが手に入るので皆さんも大変重宝していると思います。

流行のアイテムから定番のアイテムまで、

着ていてダサいとか文句を言われることはほとんどないように思います。

 

中でも国内最大手の一つである“UNITED ARROWS”は老若男女誰からも愛される

KING OF セレクトショップという趣もあります。

どのアイテムも基本的に、品が良く適度に流行を意識したものを取り揃えているので、

買い物が楽しくてついつい時間を忘れてしまいます。

ちなみに若い人の間では、“アローズ”という略称で親しまれています。

 

しかし、そんなUNITED ARROWSですが、

多数のブランドを取り揃えている上、いくつかのラインナップに分かれているのを見ても、

「どれを買ったらいいんだろう?」、「どこが違うんだろう?」

などと迷ったり、疑問に思ったことはありませんか?

 

ラインナップの種類としては、以下の約10種類です。

メンズ&レディースの両方を取り扱っているものが含まれています。

 

メンズ:UNITED ARROWS、 BEAUTY&YOUTH、 green label relaxing、

THE AIRPORT STORE、 THE STATION STORE、 THE HIGHWAY STORE

 

レディース:UNITED ARROWS、 BEAUTY&YOUTH、 green label relaxing、

Another Edition、 Jewel Changes、 Odette e Odile、 Boisson Chocolat、

THE AIRPORT STORE、 THE STATION STORE、 THE HIGHWAY STORE、 ARCHIPELAGO

 

ざっと並べるとこんな感じですが、

表にして内容をご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

<メンズ&レディース>

     
UNITED ARROWS 豊かさと上質感をキーワードにしたライフスタイルを提案  
BEAUTY&YOUTH 精神的な美しさ’、’若さの永遠’をテーマにした若者向けライン  
green label relaxing 「Be Happy ~ココロにいいオシャレな毎日~」をコンセプトに、自分のライフスタイルにフィットするものを提案  
THE AIRPORT SOTRE 快適な旅のために、空港にしかないライン。空港限定オリジナルのものも揃えている  
THE HIGHWAY STORE コンセプトは「カーライフを、ファッショナブルに、贅沢に」ドライブや旅を楽しむためのアイテムを揃えている  

 

<レディース>

     
Another Edition 「My Favorite Things」をコンセプトに、作り手のこだわりや遊び心が感じられるセレクトアイテム  
Jewel Change 自分らしく、上品かつセクシー&キュートに、女性であることを楽しめる  
Odette e Odile 大人の女性にキラキラ輝いてほしいという思いから提案されるシューズブランド  
THE STATION STORE 「ファッション」「ギフト」「レスキュー」アイテムで、コンビニエンスにライフスタイルを提案  

 

他にも、アウトレットやオンラインストアなどもありますが、

主にみなさんが目にするラインナップはこんなものだと思います。

本サイト自体が男性向け情報サイトということで、今回は

メンズラインでも代表的な3つについてさらに補足していきたいと思います

 

◆UNITED ARROWS

ショップ名をそのまま冠しているように、まさにUNITED ARROWSのメインラインです。

基本的なターゲット層は30代以上のイメージで、自社ラインの中で価格帯が最も高いです。

商品自体もドレス軸で、スーツを基調とした商品展開をしており、

また、自社オリジナルと共にセレクト割合多め、国内外のデザイナーズブランドから

人々に永く愛用される定番アイテムまで、質の高い物を取り揃えています。

まさに豊かさと上質がキーワードの服飾専門店と言えるでしょう。

unitedarrows_a01UA

 

 

◆BEAUTY & YOUTH

こちらはUNITED ARROWSよりも、

やや若めの20代から30代の男女を対象としているイメージがあります。

その分価格帯も安く、ドレス軸の前者と比べて、カジュアルベースといった趣が強いです。

若い層のターゲットに合わせてより流行を意識したものをセレクトしたり、自社で製造しています。

また、現在ではそのオリジナル製品の収益性の高さから、最も店舗拡大の余地があり、

皆さんが街で見かけるのは、こちらのラインが多いのではないでしょうか。

unitedarrows_a04UA

 

 

◆green label relaxing

UNITED ARROWSが展開する主軸ラインの中でも、

最も価格帯が安く、お手軽なのがこちらのラインです。

商品展開はBEAUTY & YOUTHに近く、よりカジュアルなのが特徴と言えるかもしれません。

また、店舗の雰囲気から接客まで、より親しみが強いのが特徴で、

UNITED ARROWSというショップが持つ上質さを、手軽に親しんでもらおうという趣があります。

そのため店舗としても1ラインだけで現在56店舗を抱えており、(上の2ラインは合わせて67店舗)

こちらも街でよく見かけるのではないでしょうか。

unitedarrows_a03 (UA

 

 

これらのラインを総括すると、

服の系統で分かれているものこそ少ないですが、

年齢層や求めるライフスタイルの違いでわかれている

ということがわかると思います。

 

つまり、自分の年齢や理想とするライフスタイルに合わせて

それぞれのラインを使い分けるのがベターということですね。

最も、それぞれのラインは設立の意図こそ違えど、

基本的に近いテイストの服を扱っていることもあるので、

明確に使い分けるというよりは、各ラインの雰囲気を楽しむといったほうが正しいかもしれません。

 

ちなみに…

UNITED ARROWSとBEAMSの関連性をご存知でしょうか。

UNITED ARROWS創業者である重松理さんは、

元はBEAMSの1号店の店長を務めていました。

 

BEAMSの創業者である設楽さんと恊働していましたが、

衣料品以外も扱う新事業の展開を打診したが設楽さんに一蹴され、

重松さんは新たにUNITED ARROWSを立ち上げました。

 

BEAMSより一歩先に、という意味で、Bより先のAから始まるARROWSと、

結束するという意味を込めたUNITEDで、UNITED ARROWSとなったそうです。

 

今後も国内のトレンドを牽引していくであろうUNITED ARROWSから目が離せませんね。