無骨系(ワイルド系)ってどんなコーデ?男性ファッション系統【メンズファッションの用語解説】

タグ: , , ,

こんにちは、ライターの中村です。

昨今、女性の間では草食系男子、肉食系男子どちらがいいかという議論が活発になっています。

あくまで主観ですが、「リードしてくれる肉食系がいい」という意見が多数な気もします。

これらは性格や中身のことですが、

ファッションに関してもやはり男らしさを求める女性は多く、

未だに根強い人気持つのが、“無骨系(ワイルド系)”と思います。

 

 

◆無骨系とは??

無骨系というのはいわゆるワイルド系でもあり、

一言で言うと、男らしいファッションです。

雑誌で言うと、RUDO、SENSE、LOADED、men’s FUDGEなどに当たります。

芸能界で活躍するプロのスタイリストさんによれば、

男らしい無骨系ファッションは可愛い系の対極にあり、無骨系ファッションとは、

アメカジやモードといった明確な服の系統ではなく、

あくまで与える印象が男らしい服装を指すそうです。

では、具体的にはどのようなアイテムや雰囲気が無骨系にあたるのでしょうか?

 

 

◆具体的なアイテムについて

無骨系、ワイルド系というのはパッと見た印象が男らしい服装のことです。

つまり、無骨系のアイテムとは、男らしい印象を与えるアイテムということになります。

この辺りは皆さんも日常生活の中でなんとなく感覚もあるかもしれないですが、

具体的に紹介すると、

・Vネック(胸が空いている程男らしいと言われています)

・シルバーアクセ

・レザーライダース(レザー系アイテム全般)

・デニム(デニム系アイテム・・・デニムシャツなど)

・ブーツ

・カーゴパンツ(ミリタリー系アイテム全般)

などがこれに当たります。 

無骨系3(NAVERまとめ)

 

 

◆無骨系(ワイルド系)を演出するテクニック

実はアイテムそのもの以外にも、

男らしい印象を演出するテクニックというのがあるのでご紹介します。

それがシルエットです。

例えば筋肉質の方は普通のIラインでも、ジャストであることによって体型が強調され、

より男らしく見せることが出来ます。

 

次に、こちらはAラインの記事でも書かれていますが、

例えばボトムスをデニムにして腰履きしたり、

太目のボトムスであるカーゴパンツを合わせるなどによって、

より野暮ったさや男らしいといった印象を演出することが出来ます。

その際、トップスはやや短めがベストです。

wildness04芭蕉blog

 


いかがでしたか?以上が無骨系(ワイルド系)の解説になります。

冒頭にも書いたように、草食系男子が多い今の時代だからこそ、

男らしい男というのは女性に根強い人気があります。

服装に少し気を遣って、男らしい雰囲気を演出するというのもアリかもしれません。

Pocket