スクリーンショット 2014-02-16 20.34.07

TBS「ひみつの嵐ちゃん」の人気コーナー「マネキンファイブ」にて、タレントのRIKACOさんが名言を残されている。曰く「本当にカッコいい男性のファッションは、自分をわかっているファッション」だと。そう、世の中様々なファッションコーディネートがある中で、1番いいファッションとは、着る本人に似合っていることである、ということです。しかし、そう言われたところで、世の中の95%の男性は自分に合うファッションはわかりません。今回は、「自分に合うファッション」とはどういうものか。1人の事例を元にご説明します。男性から女性への花贈り分区の啓蒙活動をされている、FROWER GIFT STORY代表の長井ジュン氏。これはその彼の花贈りイベントの一コマ。その甘いルックスと花贈りという活動がとてもよく似合っている彼のこの日のファッションは、「彼の外見」+「彼の内面」+「この日のシチュエーション」を踏まえたコーディネートである。・ネイビーのテーラードジャケット→女性が集まるイベントでの花贈りというシチュエーションから、キレイ目アウターの代表格である「テーラードジャケット」の選択。・ミントグリーンのVネックTシャツ→このミントグリーン(他、黄色やピンクもあり)の色は「可愛い」属性を持つ色で、彼の、同じく甘い顔立ちとマッチしている。・白の綿パン→白のパンツは「自分に自信がある」ことの表れ。今やネットメディアやラジオにも登場し、フラワーバレンタインのスポンサーも勤める程になったFGS長井氏の、リーダーというポジション、そしてここまで積み上げて来た実績にふさわしいパンツである。・コーディネート全体の柄→全て無地。彼のように顔が整っている人間は、ごちゃごちゃした柄の服等を着るよりも、このようにシンプルな無地の服の方が顔が引き立つ。・コーディネート全体の色使い→ミントグリーン、白と清潔感のあるスッキリした色使いに、濃いめのネイビーをプラスすることでフォーマルさ、軽くならない、少しかしこまった雰囲気を出している。と、このようにとても考えられたコーディネートである。<MEN’S BSからのダメ出しポイント>若干胸元が空き過ぎで、ワイルドさが強調されてしまっており、このままだと彼の甘いルックスと、女性への花贈りというイベントの主旨を考えると、チャラっとした雰囲気が出てしまう。胸元がもう少し上まで隠れるVネックにするか、あるいはキレイ目のベージュのシャツにすることで、このあたりのチャラっとしてしまう雰囲気は軽減されるであろう。 


быстрый займ