春のメンズテーラードジャケットの着こなし

今回は春のテーラードジャケットの着こなしをご紹介します。

徐々に気温も暖かくなって、コートもいらなくなる春はカーディガンと並んで羽織物アウターであるジャケットが重宝する季節ですよね。

元々がスーツ系のアイテムとして、きれいめな印象が強いテーラードジャケットは、初対面の人との出会いが増え、第一印象が大切になる春にまさにぴったりのアイテムとも言えます。

より春らしくコーディネートするためのポイントをいくつかまとめてみたので、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

 

 

春らしいテーラードジャケットの着こなしとは?

 

①季節感のある色使いをする

元々がスーツ感があり、カチッとした印象のテーラードジャケットはともすれば重たい印象を持たれがちなアイテムかもしれません。

そこで大切になるのは、どれだけ春らしい軽やかな雰囲気を出せるかというところになってくると思います。

スーツ生地のジャケットながらも、色使いを春らしいカラーにすると一気に重さを払拭できます。

 

出典 pinterest

白のパンツを使ったコーディネート。白のパンツは色の中でも最も明るい色と言わています。

コーディネートに明るい色を持ってくることで、一気に季節感が出ますね。

 

出典 pinterest

爽やかなブルーのシャツを合わせたテーラードジャケットの着こなしです。

余談ですが、シャツの胸元を開けると無骨で男らしい印象が加わります。

 

セットアップスーツなのに、こんなにも春夏らしいのは明るいトーンを使っているからです。

 

 

②袖口のロールアップでこなれた印象を演出する

コーディネートを春夏らしくするポイントとして、七分丈やクロップドのパンツを履くことで、素肌を出し抜け感を演出するという方法もあります。

ジャケットですとさすがにロールアップは出来ないので、インナーのシャツを少しまくって袖口から覗かせると、絶妙なこなれ感が出て重たい印象を払拭することが出来ます。

 

出典 pinterest

例えば写真のようにシャツの袖を折り返してジャケットに被せるのがオススメです。

露出する肌の面積が増えるので、春らしいコーディネートに近づきます。

 

出典 pinterest

手首には春っぽい素材(レザーではなく、ビーズや麻)のブレスレットをつけると、よりこなれた印象になります。

またネイビーやチャコールグレーなどの暗い色のジャケットを選ぶ時は、パンツは明るい色が鉄則です。

 

出典 pinterest

クロップドパンツも春らしい雰囲気を演出してくれるアイテムです。

足元はくるぶしが短めのソックスでローファーを履いてより素足感を出すのがポイント。(もちろん素足で履いても可です。)

 

 

③大胆に春夏らしいアイテムを合わせてみる

最後に少しだけ上級者向けの内容になるのですが、思い切って季節感満載のアイテムを合わせてしまうのもひとつの手だったりします。

例えばハーフパンツを合わせるのも断然ありです。ジャケット×ハーフパンツという暑いのか寒いのかわからないコーディネートが出来るのも、春ならではかもしれません。

 

出典 pinteret

上半身はテーラードジャケットとネクタイを合わせてカッチリとしていながらも、大胆にハーフパンツを合わせた着こなしです。

きれいめなチノパンツを選ぶことで、ラフ過ぎない雰囲気にまとえめています。

 

出典 pinterest

こちらもテーラードジャケットとハーフパンツを合わせた着こなし。

淡いピンクカラーがより春らしさを演出してくれます。足元のエスパドリーユも春夏らしいアイテムの代表格ですよ。

 

 

 

いかがでしたか?今回はテーラードジャケットの春用の着こなしをご紹介しました。ポイントを掴めば、そうは難しくないと思います。

とはいえ、日々自分のコーディネートを考えるのは結構な手間だったりしますよね。「もしも毎日自分のコーディネートを考えてくれる専属スタイリストがいたらな」と考えたことはありませんか?

ベストスタイルミーは、手持ちの服をカメラ撮影するだけで、スタイリストが毎日コーディネートを提案してくれるアプリです。もちろんすべて無料です!

Pocket