レザージャケットの冬の着こなし【メンズファッションコーディネート特集】

タグ:

レザージャケットの着こなしを押さえよう!!


レザージャケットは、無骨な印象を持ったアイテム。羽織るだけで一気にコーディネートを男らしく魅せてくれます。しかし一方で、ハード過ぎて着こなすのが難しいと感じているのも多いのでは?

今回は男らしく着こなしたい方はもちろん、普段着っぽく上手にカジュアルにコーディネートしたい!という方にも参考になるような、レザージャケットの着こなしをご紹介していきます◎

 

レザージャケットの着こなし【メンズファッションコーディネート特集】

出典 piterest

 

 

レザージャケットの着こなし5選

ワイルドで男くさい印象の強いレザージャケット...着こなしのパターンとしては、良さを生かしてそのまま無骨なアイテムでまとめるのか、またはあえて他の印象を持つ服と合わせてコーディネートに奥行を持たせるのかという大きく2つがあります。

自分の好みや見せたい印象によって使いわけるのがオススメです◎

 

<まずは大定番!レザージャケットを男らしく着こなす!!>

【王道の無骨コーディネート】

レザージャケットの着こなし【メンズファッションコーディネート特集】

 

【解説】

レザージャケットの男らしい・無骨という印象を活かし、全体を同系統のファッションアイテムでまとめた着こなしです。具体的にはインナーのVネックシャツ、ボトムスのダメージジーンズ、足元のワークブーツがそれぞれ無骨属性を持ったアイテムに当たります。シンプルながら鉄板のコーディネートです。レザージャケットは黒を選べばより無骨で男っぽく、こげ茶や茶色を選ぶと渋く大人っぽい印象になります。

今回は黒のレザージャケットで、全体をモノトーン(白黒)でまとめ、より男らしい印象にフォーカスしています。

 

 

<ギャップ重視?レザージャケットの甘辛コーディネート>

【レザージャケットのニットスタイル】

レザージャケットの着こなし【メンズファッションコーディネート特集】

 

【解説】

レザージャケットは無骨なアイテムですので、インナーにニットを持ってくると優しい印象がプラスされた甘辛コーディネートに仕上がります。パンツはデニムやチノパン、靴はアウターの印象を拾って男らしくまとめるのも◎ですが、よりカジュアルな雰囲気で着崩したいと思う方は、スニーカーを合わせてもお洒落にキマります。

 

【レザージャケットのニットカジュアルスタイル】

レザージャケットの着こなし【メンズファッションコーディネート特集】

 

【解説】

無骨系アイテムのレザージャケット+ニットの「男らしさ」と「優しさ」の2つの属性のコラボレーションは女性ウケが高いコーディネートです!さらにインナーにはシャツを着ることできれいめ要素もプラスしています。パンツはチノパン、靴をスニーカーかワークブーツで合わせることでカジュアルに。スニーカーを合わせるとよりカジュアルな印象になります。

ピンクとネイビーは暖色と寒色の組み合わせのため、マッチするカラーコーディネートです。また、ネイビーのパンツと茶色の靴も相性が良く、鉄板の色合わせです。

 

【男らしさと可愛らしさを兼ね揃えたスタイル】

レザージャケットの着こなし【メンズファッションコーディネート特集】

 

 

【解説】

襟がたっていないブルゾン系のアウターとパーカーは相性の良い服の組み合わせです。パーカーのように、コーディネートにフードがつくと、それだけで「可愛い」印象の要素が付け加わります。無骨系アイテムと可愛い系アイテムをあえて組み合わせるのは、どちらの要素も併せ持つバランスのいいコーディネートに仕上がります。「レザーアイテムも着てみたいけれど、キメキメになるのは嫌だ」、「ワイルド過ぎるのは性に合わない」といった方にぜひオススメの組み合わせです。

色については、無彩色(黒やグレーや白)とベージュの組み合わせはとてもお洒落に見える相性の良い色合わせです。

 

 

<流行も外せない!今っぽいレザージャケットの着こなし>

【タートルネック×インナーダウンを合わせた流行のコーディネート】

レザージャケットの着こなし【メンズファッションコーディネート特集】

 

【解説】

定番アイテムの一つであるレザージャケットですが、流行も押さえてフレッシュな着こなしに挑戦したいという方はこちらのコーディネートがオススメです。インナーは今をときめくインナーダウン×タートルネックを投入!上品なタートルネックとレザーのバランス感が今っぽい組み合わせです。また、防寒性も非常に高い着こなしなので真冬にレザージャケットを着たい方にも◎

色合わせとしては、タートルネックのベージュとダウンのネイビーは相性が良い色合わせです。また、パンツのブラックとインナーのベージュも相性の良い色合わせです。インナーから外側に向かって色のトーンを暗くしていくというのもコーディネートにまとまりを与えてくれるテクニックなので押さえておいて損はありません!

 

いかがでしたか?ハードな着こなしのみに見えるレザージャケットですが、合わせるアイテムによって大きく印象も違うので、色々なコーディネートに挑戦してみてください。

また、もっとコーディネートパターンが知りたいという方はこちら↓↓

Pocket