ショップコートが似合う人と似合わない人の違い(ショップコートの着こなし方)

タグ: ,
Pocket

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA(画像は古着屋JAMの日記さんより)

春先のアイテムの定番になりつつあるショップコート

ショップコートとは、この写真のように、ひざ上ぐらいまで丈がある薄手のコートです。

このショップコート、近年よくみかけ、主にFINEBOYSやCHOKiCHOKi等の雑誌で出てくる渋谷・原宿のオシャレ大学生が着ていることが多いイメージがあります。

それではこのショップコート、いったいどういう人に似合うのでしょうか?

<ショップコートが似合う人>

結論から申し上げますと、背が高くて「ファッション好き」「オシャレさん」という見られ方をしている人に似合います。

これは、「ハット」、「(ニットではない)ベスト」、「サルエルパンツ」等もそうなのですが、存在自体や形状が、ただの防寒目的であれば必要がない服はこういった傾向があります。

例えば、ショップコートの場合、コートとしてより防寒性を求めるのであれば、足迄すっぽり覆う長さにするか、より厚い生地にすればよく、そうでないなら逆にベルトの少し下ぐらいまでの長さでよく、この膝上ぐらいまでの長さの部分は「中途半端な余分」であり、この部分が「オシャレさ」を演出している部分でもあります。

つまり、ショップコートとは「わざわざ選ぶアイテム」なのです。

ハットも同じで、防寒上の理由でかぶらなければならないことはまずないのですが、オシャレに見えるため(見せたいため)かぶるものです。

したがって、ショップコートが似合う(実際に着ている)人達には、

・コーディネートの色使いが華やか

だったり

・(オシャレで)眼鏡をしていたり

・(オシャレで)ヒゲをはやしていたり

・ベレー帽をかぶっていたり

といった「オシャレ好き」な雰囲気の人が多いのが特徴です。

<ショップコートを使った鉄板コーディネート>

丈が長いアウターのため、パンツはスキニー等細身のパンツを履くか、細身でない場合は、クロップドパンツやショーツ等、フルレングスではないパンツと合わせるのが鉄板です。なお、サルエルパンツは厳禁で、合わせてはいけません。
靴は、可愛いコーディネートにしたいのであればスニーカーと合わせるといいでしょう。

<ショップコートが似合う人と似合わない人の違い>

アイテムそのものが、「オシャレ好きな人」に似合うアイテムのため、
ショップコートを着ているのに、全体のコーディネートや色使いがオシャレではないと、オシャレ好きな人に見えないため、似合いません。

したがって内面的には
・そもそもコーディネート力がない人
・まわりからオシャレな人という見られ方をしていない&されたくない人
は避けた方が無難です。

逆に
・オシャレに一定の自信はある人
・周りから「オシャレな人、服が好きな人だと見られたい人」
には似合います。

外見的には、丈が長いアウターのため、
・背が低い人には似合いません。

ですから、はじめてショップコートを着る際は、170cm以上の身長がある上で、適切なコーディネートが出来る自信があった上で着る方が望ましいでしょう。少なくとも、上記の鉄板ルールは守りましょう。