ブーツインさせる時とブーツインさせない時の違い

タグ: ,

このタイトルを見て、「それ知りたかった!!!」

と思った方は多いのではないでしょうか?

シルエットも格好いいワークブーツやエンジニアブーツは、
お店やZOZOTOWN等のオンラインショップ等で見かけて
「欲しい!」と思い、購入することもあると思います。

しかし、いざブーツをはこうと、Gパン等と合わせようとするときに、

あれ?

【A】パンツの裾をブーツの中に入れる(いわゆるブーツインする)

べきなのか、

【B】ブーツの上からかぶせる(ブーツインさせない)

べきなのか、どちらにすればいいのだろう、と迷いませんか?

結論から書くと、コーディネートによってどちらにすべきか変わります。

【A】ブーツインさせる場合

→無骨系コーディネートの時
(ライダースジャケット、レザーブルゾン、UネックTシャツ、デニムパンツ、ウォレットチェーン、暗い色のニット帽、等のコーディネート。)

そもそもブーツインは、バイカー(バイク乗り)ファッションと相性が良いため、
上記のような無骨系コーディネートと合います。

具体的には、この家入一真さん
ieiri

のようなファッションや、
ファッション誌RUDO、SENSEの黒系コーディネートです。

さて、一方

【B】ブーツインさせない場合  ですが、

→これは先程の【A】以外のパターン全てです。

例えば、この下記の写真のようなコーディネートですね。
jacket denim2

このようなコーディネートの場合は、ブーツの上から裾をかぶせた方がいいです。
(テーラードジャケット+シャツ+ネクタイというキレイ目要素が強いコーディネートのため、
無骨系テクニックのブーツインは合いません)

追伸>

なお、近年(2014年春現在)の流行は、全体的に「そもそもブーツインさせない」なので、
迷ったり分からなかったりしたら、ひとまずブーツインさせないほうが無難です。

着る服が何かによって、このように細かい部分でコーディネートが変わります。
さらに、今回は出てきませんでしたが、着る人が誰かによっても、そもそも
どういうコーディネートが似合うかも変わります。

Pocket