秋のメンズコーディネート・着こなし

ジャケット復活の季節です。色としてはくすんだ色が似合う季節で、マスタード、ワインレッドといった色あせ、くすんだ色をうまく取り入れると季節感のあるお洒落に。 パンツもフルレングスに戻ります。パーカー、カーディガンやセーターといったニット類、寒さが強くなってくるとレザーのブルゾン(革ジャン)やデニムブルゾン(Gジャン)や、アウター用に使われることが多いショールカラーカーディガンもこの季節です。

スクールジャケットの王道プレッピールック

Small
ユニオンステーション 紺・ネイビー スクールジャケット
コーディネートのポイント
スクールジャケットはプレッピーという系統に属するアイテムです。プレッピーとは、欧米の学生の服がルーツになっていて、「育ちがいい、いいとこのお坊ちゃん」という印象を与えます。このプレッピーアイテムのスクールジャケットに、今回は、同じくプレッピーのハーフスラックスやローファー、短靴と合わせた「ザ・プレッピーコーデ」です。「可愛い服」「オシャレ好き」こういったキーワードが好きな方にはうってつけのスタイルです。系統の問題で、体がごつかったり、男らしい人には似合いません。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色が1色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。ネイビーを引き立たせる効果があります。

スクールジャケットのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

秋冬の男らしいミリタリースタイル

Small
ビームス メン うぐいす色 デッキジャケット
コーディネートのポイント
デッキジャケットは男らしい、無骨系アイテムであるミリタリーアイテムですので、UネックやVネックのTシャツ、デニム、ブーツと男らしいアイテムで合わせました。また、とりわけデッキジャケットと黒、グレーのTシャツは似合う服の組み合わせです。パンツはチノパンで合わせるのもOKです。
色ですが、うぐいす色は中途半端な色のため、白や黒といったハッキリした色と合わせるとカラーコーディネートのバランスが良くなります。

デッキジャケットのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

ミリタリーの無骨さと可愛さを兼ね備えたコーデ

Small
ギルドプライム メンズ 赤 MA-1
コーディネートのポイント
えりがたっていない(かさばらない)ブルゾンとパーカーは似合う服の組み合わせです。MA-1フライトジャケットは襟が短い上にやわらかくブルゾンなので、インナーにパーカーを差し込む事が出来ます。また、ミリタリーという無骨系アイテムであるMA-1の無骨さを、可愛い系のアイテムであるパーカー中和することでバランスのいいコーディネートになります。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色とその色に近い色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。赤とエンジを引き立たせる効果があります。

MA-1のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

ブルゾン(ジャンパー)の無骨スタイル

Small
アーバンリサーチ ドアーズ 赤 ブルゾン
コーディネートのポイント
ジャケットがキレイ目なアイテムであることと比較して、ブルゾンは全体的に男らしいアイテムです。この男らしさをそのまま生かすと、インナーは胸元が空いた無地のTシャツ、パンツはデニムかチノで靴にワークブーツを持ってくると、無骨テイストなブルゾンスタイルが完成します。
赤と黒はオシャレな色の組み合わせです。

ブルゾンのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

秋に大人っぽく見せたい人用のスタイル

Small
フォーワンセブン エディフィス 赤 ダウンベスト
コーディネートのポイント
大人っぽく見られる秋らしいスタイルのご提案です。 ダウンベスト+シャツに、素材感が秋冬らしさを感じさせるコーデュロイパンツやウールのパンツ。足下はカジュアルにブーツと合わせるか、きれい目に短靴と合わせます。コーデュロイやウールは大人っぽく見える効果があります。また、コーデュロイのでこぼこのうねが細い程、より大人っぽく見える効果があります。
赤と黒はオシャレな色の組み合わせです。

ダウンベストのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

秋のスウェットのレイヤードスタイル

Small
シャリーフ 赤 スウェット
コーディネートのポイント
スウェット(トレーナー)は、1枚で着こなすのは至難の業です。ご存知の通り、スウェットをアウターとして1番外側に着る場合、それだけでトップスの要素になってしまいます。ですので、顔が濃いめの人でないと、全体的に簡素すぎる外見になるため、顔が濃い方以外が着られる場合は、なかにシャツを合わせることで、トップスに奥行き感を出し、顔が濃くない人でもスタイルとして、合いやすくなります。そしてこのテクニックをする時点で、「ファッション好き」「服にこだわりがある人」っぽく見られるスタイルです。
赤と黒はオシャレな色の組み合わせです。

スウェットのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

ショールカラーニットのシンプルモテスタイル

Small
TAKEO KIKUCHI 赤 ショールカラーカーディガン
コーディネートのポイント
ショールカラーカーディガンは女性ウケが抜群のアイテム。「ショールカラー」の品の良さと「ニット」の優しい雰囲気を両方持つためです。そんなショールカラーカーディガンは、シャツと合わせることもできますが、抜群にカッコいいのはインナーに胸元の空いた無地Tシャツを合わせるスタイルです。肌寒ければマフラーを巻いてもOK。パンツにチノパンを合わせる場合は、スニーカーやブーツと合わせましょう。より男らしく見られたい方はブーツを、特にそういった雰囲気を出したくない方はスニーカーで合わせましょう。
赤と黒はオシャレな色の組み合わせです。

ショールカラーカーディガンのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

カウチンニットのカジュアルスタイル

Small
ヴィタル 茶色 カウチンニット
コーディネートのポイント
カウチンニットのカジュアルな着こなしです。Tシャツ、デニム(チノ)、スニーカーと一般的なアイテムで合わせているので、誰にでも似合うコーディネートです。インナーは、男らしい性格の人、あるいは男らしく見せたい人はUネックTやVネックTで胸元を見せて、逆に控えめな性格の人は丸首Tで肌の露出はおさえましょう。カウチンニットに柄があるので、インナーのTシャツは無地で合わせましょう。なお、セットアップ(上下で1セットの服)でない限り、ニットのような柔らかい素材のアウターには、パンツは固めの素材で合わせます。
色については、「茶色」、「焦げ茶」、「ベージュ」同士はアースカラーと呼ばれるオシャレな色の組み合わせで、これらと無彩色を合わせるとオシャレな色使いになります。

カウチンニットのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

ダウンベストとムートンブーツ

Small
アズールバイマウジー 赤 ダウンベスト
コーディネートのポイント
肌寒くなって来たけどコートや厚めのアウターを着るほどでもない、そんな時に重宝するのがダウンベスト。今回はインナーにTシャツを着る場合のスタイルです。普通にカジュアルで一般的なパンツや靴と合わせてもいいのですが、ムートンブーツを合わせてパンツを細身にすることで季節感のあるオシャレなスタイルにするのもカッコいいコーディネート。このシーズンのスタイルを楽しみたいあなたは是非挑戦してみましょう!
赤と黒はオシャレな色の組み合わせです。

ダウンベストのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

ダウンベストと柄パンスタイル

Small
アズールバイマウジー 赤 ダウンベスト
コーディネートのポイント
ダウンベストのインナーにTシャツを合わせ、パンツに柄パンを持ってくるパターン。 ダウンベストもインナーも無地でパンツで少し遊びたい、そんな時のスタイルです。 パンツというコーディネート全体近くの要素に柄がついていると、それだけで全身の印象が「可愛め」になります。どの程度可愛めになるかは柄次第で、大きいドット(水玉)>小さいドット>チェック>ボーダーやストライプ の順番で可愛い順です。靴はハイカットのスニーカーかワークブーツで合わせます。
赤と黒はオシャレな色の組み合わせです。

ダウンベストのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

ボア付きアウターの男らしいスタイル

Small
ジャーナルスタンダード オレンジ ボアブルゾン・ジャケット
コーディネートのポイント
ボア付きアウターは秋冬のアメカジテイストアウター。アメカジは無骨、男くさい系のコーディネートの一種ですので、男らしく無骨めに合わせるのが王道です。 インナーにTシャツを合わせる場合はUネックやVネックのTシャツに、パンツはデニム、チノ、カーゴ靴はブーツで合わせます。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色が1色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。オレンジを引き立たせる効果があります。

ボアブルゾン・ジャケットのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

カーディガンオシャレ男子スタイル

Small
TAKEO KIKUCHI 赤 カーディガン
コーディネートのポイント
Tシャツ1枚だと少し肌寒い日の、上にカーディガンを羽織るスタイルです。今回は無地のカーディガンなので、インナーには柄のTシャツを合わせます。パンツはチノパン・綿パンで合わせ、靴はスリッポンと合わせます。薄着とスリッポンは相性がいいコーディネートで、普通のスニーカーで合わせるよりもオシャレ度合いが高まります。カーディガンの前は閉じずに開きましょう。全体的に、「優しい&ファッション好き」な印象を与えます。首元が寒い場合はストールを巻くと、よりカーディガンオシャレ男子の雰囲気が高まります。
赤と黒はオシャレな色の組み合わせです。

カーディガンのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

パーカーのシンプル可愛いスタイル

Small
アーバンリサーチ ドアーズ 赤 ジップアップパーカー
コーディネートのポイント
パーカー+Tシャツ+チノパン(orデニム)+スニーカーという、そろえやすく、誰にでも似合う服の組み合わせでありながら、シンプルにオシャレになるコーディネートです。パーカーはフードがついていることにより、幼く見せる効果があるアイテム(だから強気な女性がパーカーを着たりするととても可愛く見えたりするのです)です。可愛く見せたい場合は、Tシャツも柄のTシャツで合わせます。(逆にこれ以上可愛い要素を外したい場合はTシャツは無地にする方がいいでしょう)
赤と黒はオシャレな色の組み合わせです。

ジップアップパーカーのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

ショップコートのカジュアルスタイル

Small
THE SHOP TK MIXPICE オレンジ ショップコート
コーディネートのポイント
ショップコートは丈が長いアウターのため、シルエットをVラインにするためにパンツは細身かハンパ丈にするのが望ましいです。また、アイテムの要素として、「可愛い」要素を持つアイテムでもあります。インナーはTシャツ、靴はカジュアルに行くならスニーカーあるいはショップコートの可愛い要素に対して男らしさを加える意味で、ブーツにするのもアリです。(スニーカーの方が全体的な印象が「可愛い」印象になります。)ショップコートは丈が半端=論理的には防寒と関係ない要素のため、「オシャレ好き」な人に見えます。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色が1色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。オレンジを引き立たせる効果があります。

ショップコートのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

カバーオールのTシャツ合わせスタイル

Small
Edition 赤 カバーオール
コーディネートのポイント
カバーオールは、主に「デニムブルゾンの丈が長い版」のような服のことをさします。服の上下4カ所にポケットがついているものが一般的です。インナーは胸元が空いたTシャツと合わせましょう。パンツはポケットが重複するのでカーゴパンツは避け、靴は短靴やワークブーツ、チャッカブーツ、スニーカー等を合わせるといいでしょう。
赤と黒はオシャレな色の組み合わせです。

カバーオールのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

無地ジャケットと柄シャツとデニムスタイル

Small
ギルドプライム メンズ 赤 カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
無地のジャケットに柄シャツとデニムを合わせるスタイルです。ジャケットが無地の分、インナーのシャツは柄モノを合わせても大丈夫です。水玉やギンガムチェック、タータンチェック、ウインドーペン(均等な正方形のチェック)等のチェック柄は無地よりも可愛く見える効果があります。ペイズリー等の柄や、隙間がない総柄だと可愛いというよりも、「味がある人」「普通とは違う人」に見えます。今回はシャツ自体のキレイ目スタイルをデニムでカジュアルダウンした上で、靴はトップスのキレイ目を生かして、短靴かチャッカブーツで合わせます。
赤と黒はオシャレな色の組み合わせです。

カジュアルジャケットのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

無地ジャケ無地シャツのキレカジスタイル

Small
ギルドプライム メンズ 赤 カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
無地のジャケットに無地シャツとデニムとブーツを合わせるスタイルです。無地のジャケットに無地シャツとトップスをシンプルに合わせ、パンツはデニムでカジュアルダウン。靴はワークブーツで男らしさを加えます。少し物足りないという方は、ニットのネクタイをするとよりオシャレさが増します。
赤と黒はオシャレな色の組み合わせです。

カジュアルジャケットのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

カーディガンのカジュアルスタイル

Small
TAKEO KIKUCHI 赤 カーディガン
コーディネートのポイント
カーディガンは胸の前にV字を作るため、中のTシャツはUネックか丸首の方がレイヤード(重なり)部分が綺麗に重なります。今回はカーディガンが無地のため、丸首の柄Tシャツで合わせました。(※ただし、性格的に好戦的、積極的な方は胸元が空くUネックの方が合います)柄が入ることで、多少親しみやすくなります。(ただし、少し幼い雰囲気にもなりますので、より男らしい方がいい方は無地でもOKです。)靴はデザートブーツで合わせるとスニーカーで合わせるよりも少し大人なカジュアルスタイルになります。
赤と黒はオシャレな色の組み合わせです。

カーディガンのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

七分そでジャケットのラフなカジュアルスタイル

Small
コムサイズム(メンズ) 青・ブルー カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
七分そでジャケットのような、半端な丈のことを「ハンパ丈」といい、アイテムとしては「九分」等もあったりします。このようなアイテムを使用する際は1つ鉄板のルールがあり、それは「ハンパ丈アイテムを1コーディネート内に2回使わない」というルールです。(したがって、パンツはハンパ丈にしません)今回は七分そでジャケットが無地なので、インナーは無地でも柄でも合わせられます。パンツはチノかデニム、靴はスニーカーでカジュアルなスタイルです。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色が1色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。青色を引き立たせる効果があります。

カジュアルジャケットのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

タバコを片手に気だるそうに一息コーデ

Small
green label relaxing 青・ブルー モッズコート
コーディネートのポイント
モッズコートにVネックTシャツとエンジニアブーツを合わせることで、モッズコートが持つ「男らしい系アイテム」という属性と「モード系アイテム」という属性のうちの男らしい方にふれたコーディネートになります。 帽子をかぶることに抵抗がない、オシャレな人は黒のハットをかぶるのもアリです。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色が1色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。青色を引き立たせる効果があります。

モッズコートのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

暗い単色のスタジャンの無骨スタイル

Small
ウィゴー 黄色・イエロー スタジャン(単色)
コーディネートのポイント
暗目のスタジャンは、2色以上のカラフルな普通のスタジャンと違い、いわゆるスタジアムジャンパーというよりは、男らしいアイテムとなります。したがって、同じように無骨なアイテムと合わせます。とりわけ暗い色のスタジャンは男臭い人(ヒゲ、タバコ、オラオラ系等。ファッション誌「ROOD」のテイスト)に似合います。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色が1色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。黄色を引き立たせる効果があります。

スタジャン(単色)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

ボーダージャケットのブーツスタイル

Small
TOMORROWLAND MENS 紺・ネイビー カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
ボーダーのジャケットは、通常ジャケットは無地を着る人が多い分、人よりもオシャレが好きな人に見えるジャケットです。柄と柄の合わせはNGなので、インナーは無地で合わせます。靴はブーツを履く事で、オシャレ好きかつ男らしい雰囲気のスタイルになります。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色が1色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。ネイビーを引き立たせる効果があります。

カジュアルジャケットのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

ドット(水玉)ジャケットのブーツスタイル

Small
ゼロバイトルネードマート 紺・ネイビー カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
ドット(水玉)の模様は様々な柄の中でも最も「可愛い」タイプの柄です。ここの可愛い柄に対して、靴に男らしいアイテムであるブーツを持ってくることで、可愛さと無骨さを合わせ持つスタイルになります。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色が1色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。ネイビーを引き立たせる効果があります。

カジュアルジャケットのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

タワーマンションのパーティールック

Small
ギルドプライム メンズ 赤 カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
ギンガムチェックのシャツは可愛い印象を与えるアイテムです。ギンガムチェックの柄に対してアウターを無地ジャケットで合わせて柄のバランスをとりつつ、キレイ目アイテム同士であわせます。靴はジャケットとシャツのキレイ目要素を生かして同じくキレイ目な短靴で合わせます。パーティー等で親しみやすい印象を与えるスタイルです。
赤と黒はオシャレな色の組み合わせです。

カジュアルジャケットのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

ペイズリーシャツのキレイ目スタイル

Small
ギルドプライム メンズ 赤 カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
ペイズリーという「他の人とは違う」という雰囲気を出す柄のシャツに対して、ジャケットと短靴とキレイ目に合わせたスタイルです。
赤と黒はオシャレな色の組み合わせです。

カジュアルジャケットのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

チェックシャツのベーシックスタイル

Small
ギルドプライム メンズ 赤 カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
派手すぎない柄であるチェックのシャツに、無地のジャケットを合わせることで柄のバランスをとります。また、ジャケット、シャツとキレイ目に合わせるため靴は短靴で合わせます。
赤と黒はオシャレな色の組み合わせです。

カジュアルジャケットのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

ペイズリーシャツにスニーカー

Small
ギルドプライム メンズ 赤 カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
レベルの高いコーディネートとして、ジャケットとシャツのキレイなトップスに対してスニーカーで外すというスタイルがあります。これをベースにした上で、このコーディネートはインナーのシャツがペイズリー柄ですので、より一層「人と違う」印象を与えることができるスタイルです。オシャレ、ファッション好きな人専用スタイルといえます。
赤と黒はオシャレな色の組み合わせです。

カジュアルジャケットのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

あのオシャレ親父も納得の外しテクニック

Small
ギルドプライム メンズ 赤 カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
LEONの表紙を飾り続けるオシャレ親父のジローラモ氏が好むコーディネートです。ジャケット+シャツとトップスをキレイ目に、パンツはデニムで合わせてからの、靴をラフなスタイルの代表アイテムであるスニーカーで合わせる「外し」のスタイルです。
赤と黒はオシャレな色の組み合わせです。

カジュアルジャケットのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

ジャケパンにドットシャツで可愛さをプラス

Small
ギルドプライム メンズ 赤 カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
ドットのシャツはギンガムチェック等と同じように、無地やストライプの柄に比べて「可愛い」印象を与えるアイテムです。これを着る人=オシャレ、ファッション好きな印象を与えます。今回は、可愛い要素はこの点だけで抑えて、他を無地のアウター、デニムパンツにワークブーツと合わせ、可愛さと男らしさを備えたスタイルにしています。
赤と黒はオシャレな色の組み合わせです。

カジュアルジャケットのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

総柄シャツのジャケットスタイル

Small
ギルドプライム メンズ 赤 カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
総柄のシャツは「オシャレが好きな人」という印象を与えるアイテムです。このアイテムの柄の面積が大きい分、ジャケットは無地で合わせます。パンツはデニム、靴はブーツで男らしく合わせることで、全体的に「キレイ目、可愛い、男らしい」とファッションの基本要素が全て詰まったスタイルになります。その点でも、「ファッション好き」に見えます。
赤と黒はオシャレな色の組み合わせです。

カジュアルジャケットのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

ダッフルコートのベーシックスタイル

Small
NICOLE CLUB FOR MEN 赤 ダッフルコート
コーディネートのポイント
ダッフルコートはフードがある分「少年っぽい、可愛い」属性のアイテムのため、この属性と合わせて靴はスニーカーで合わせます。
赤と黒はオシャレな色の組み合わせです。

ダッフルコートのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

ボーダージャケットのブーツ合わせ

Small
TOMORROWLAND MENS 紺・ネイビー カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
ボーダー柄の可愛い要素と、ブーツの男らしさがミックスされた、スタイルです。インナーはTシャツで合わせてカジュアルに着こなします。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色が1色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。ネイビーを引き立たせる効果があります。

カジュアルジャケットのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

半袖Tにニットブルゾンのカジュアルスタイル

Small
J.プレス メンズ 赤 ニットブルゾン
コーディネートのポイント
ニットブルゾンに半袖Tシャツを合わせるスタイル。ニットの優しさとブルゾンであることのカジュアルさが程よくミックスされたアイテムです。カジュアルに外出するのであればTシャツにジーンズにスニーカーやブーツで問題ありません。
赤と黒はオシャレな色の組み合わせです。

ニットブルゾンのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

ショールカラーアウターの柄Tシャツ合わせ

Small
エディフィス 青・ブルー ショールカラーアウター
コーディネートのポイント
ショールカラーのアウターはショールカラーという胸元のえり部分により上品な印象を与えるアイテムです。今回はインナーに柄のTシャツを合わせて遊び心を出しつつ、パンツを綿パン・チノパンで合わせ、靴はアウターのショールカラーに合わせてキレイ目に行くなら短靴で、カジュアルに行くならスニーカーやブーツで合わせます。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色が1色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。青色を引き立たせる効果があります。

ショールカラーアウターのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

ショールカラーのアウターのチノパン合わせ

Small
ジーンズメイト メンズ ブルーグリーン ショールカラーアウター
コーディネートのポイント
このようなえりがあるアウターは上品に見える効果があります(もとはパーティー等で使うショールカラージャケットがモチーフになっているためです)今回はインナーに無地Tシャツを合わせ、パンツは綿パン・チノパンにします。アウターの品がいい要素を拾って靴に短靴かチャッカブーツを合わせるか、Tシャツに合わせてカジュアルにスニーカーやブーツで合わせても大丈夫です。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色が1色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。ブルーグリーンを引き立たせる効果があります。

ショールカラーアウターのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

ピアノの発表会や社交場の爽やかスタイル

Small
ギルドプライム メンズ 赤 カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
タートルネックのセーターは品がいいイメージとニットの優しい印象を与えるアイテムです。 今回はジャケットにパンツはスラックス、靴は短靴やローファーでキレイ目に合わせます。 品の良さと優しさを兼ね備えたコーディネートです。
赤と黒はオシャレな色の組み合わせです。

カジュアルジャケットのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

キルティングベストのスタイル

Small
ジャーナルスタンダード トライセクト 黄色・イエロー キルティングベスト
コーディネートのポイント
キルティングベストは軽量で防寒効果のあるベストです。 ベストのため、インナーにはシャツが合います。カジュアルに行くならパンツはデニム、靴はスニーカーやブーツで合わせます。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色が1色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。黄色を引き立たせる効果があります。

キルティングベストのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

キルティングベストのスタイル

Small
ジャーナルスタンダード トライセクト 黄色・イエロー キルティングベスト
コーディネートのポイント
キルティングベストは軽量で防寒効果のあるベストです。 ベストのため、インナーにはシャツが合います。 パンツと靴はコーディネートの系統によりますが、キレイ目に行くならパンツは綿パン、スラックス。靴は短靴、ローファー、チャッカブーツで合わせます。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色が1色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。黄色を引き立たせる効果があります。

キルティングベストのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

タートルネックセーターのカジュアル着こなし

Small
ボイコット 黒・ブラック タートルネックセーター
コーディネートのポイント
タートルネックセーターをトップスに1枚で着る場合のカジュアルコーディネートです。 今回は綿パン・チノパンで合わせ、靴は短靴やチャッカブーツでキレイ目に合わせます。
色については黒と暖色系が合うため相性のいい組み合わせになります。

タートルネックセーターのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

ボーダータートルネックスタイル

Small
マインドブロウ 黒・ブラック タートルネックセーター
コーディネートのポイント
ボーダーのタートルネックのセーターをトップスに1枚で着る場合のカジュアルコーディネートです。 今回はボーダーという柄が入ったタートルネックに対して、無地の綿パン・チノパンで合わせ、靴は短靴やチャッカブーツでキレイ目に合わせます。
色については黒と暖色系が合うため相性のいい組み合わせになります。

タートルネックセーターのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

デニムジャケットのオシャレスタイル

Small
タケオキクチ 青・ブルー カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
デニムのジャケットはうまく着ればとてもオシャレな雰囲気が出るアイテムです。逆に、「いつも良く履くGパン」と合わせてしまうと、デニムonデニムの変なコーディネートになりダサくなってしまいます。まず、インナーはテーラードジャケットの形に合うシャツを合わせます。ジャケットのデニムの素材感に合わせてパリっとしたキレイ目シャツよりも、多少カジュアルな柔らかい素材感のシャツが合います。パンツはチノパン、あるいはウールパンツと合わせ、靴はブーツかチャッカブーツか短靴で合わせるのがオシャレな着こなしです。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色が1色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。青色を引き立たせる効果があります。

カジュアルジャケットのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

綺麗めスリッポンスタイル

Small
TOMORROWLAND MENS 紺・ネイビー カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
柄のジャケットに、セーター+綿パンのキレイ目なコーディネートに、足下をカジュアルにスリッポンで合わせたスタイル。ジャケットの柄の可愛いさと、ニットの優しい雰囲気と、ジャケット&シャツ&綿パンの品の良さに、スリッポンのカジュアルさをミックスさせた、オシャレなコーディネートです。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色が1色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。ネイビーを引き立たせる効果があります。

カジュアルジャケットのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

ハーフボタンセーターのコーディネート

Small
エディフィス 赤 ハーフボタンセーター
コーディネートのポイント
首元にボタンがついているセーターのコーディネートです。このボタン部分はジッパーよりボタンの方がオシャレな服ですが、ボタン同士は重ならないほうがいいので、なるべくボタンが見えないように胸元を開き気味に中にシャツを着るのが格好いいコーディネートです。パンツはデニム、靴はスニーカーかブーツでカジュアルに合わせます。
赤と黒はオシャレな色の組み合わせです。

ハーフボタンセーターのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

ロングカーディガンの半端丈パンツスタイル

Small
ティーケー タケオキクチ 紺・ネイビー ロングカーディガン
コーディネートのポイント
ロングカーディガンは丈の長いアウターなので、パンツは肌が露出する丈(=クロップドパンツなど)と合わせるか、細身のものと合わせるのが相性がいいコーディネートです。靴はカーディガンのキレイめ要素と合わせて、同じくキレイ目のローファーや短靴と合わせるのがオススメです。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色が1色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。ネイビーを引き立たせる効果があります。

ロングカーディガンのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

変形アウターは変形同士で合わせる

Small
ラギッド ファクトリー 紺・ネイビー 変形アウター
コーディネートのポイント
変形アウターはモードなアイテム。同じく一般的ではない形のサルエルパンツと合わせて体のラインをわかりづらくすることでモードでおしゃれな雰囲気に。靴はキレイめが相性が良く、短靴・レザーシューズやで合わせます。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色が1色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。ネイビーを引き立たせる効果があります。

変形アウターのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

フード付きTシャツのオシャレな着こなし

Small
THE SHOP TK MIXPICE オレンジ ショップコート
コーディネートのポイント
Tシャツにフードがついているフード付きTシャツ。フードはファッションにおいて「可愛い」要素ですから、アイテム全体としても「可愛いアイテム」といえます。これをオシャレに着こなすにあたっては、メンズファッションにおける他の可愛い要素とくっつけて、アウターにショップコートにして、アウターの丈が長い分パンツをクロップド、靴はローカットスニーカーで合わせると可愛い方向にバッチリ決まります。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色が1色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。オレンジを引き立たせる効果があります。

ショップコートのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

肌寒い季節のナイロンパンツのスタイル

Small
フォーワンセブン エディフィス 赤 ダウンベスト
コーディネートのポイント
ナイロンパンツのシャカシャカした素材感にはカジュアルな雰囲気のダウンベストやスウェットが合います。靴はナイロンパンツのスポーティな雰囲気とあわせてスニーカーであわせます。
色については、赤と黒は格好よく見える色の組み合わせ方です。また、全体的にも、モノトーン(白黒グレ—)+有彩色1色でまとめていると、とても収まりがいい色の合わせ方になります。赤で目立つトップスをパンツと靴を黒くすることで抑えています。

ダウンベストのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

変形アウターのコーディネート

Small
ラギッド ファクトリー 紺・ネイビー 変形アウター
コーディネートのポイント
変形アウターには、インナーはUネックで胸元を開けたTシャツで肌を見せつつ、パンツは細身のチノパン、シューズはエンジニアブーツで合わせる、というコーディネートをオススメします。
色については茶色と紺・ネイビー、白と黒がそれぞれ相性が良い色の組み合わせです。

変形アウターのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

スタジャンとクルーネックニットの暖かコーデ

Small
ビームス メン 赤 スタジャン(2色以上)
コーディネートのポイント
スタジャンの多少可愛い雰囲気に、クルーネック(丸首)ニットの優しい雰囲気を合わせたコーディネートです。パンツはスタジャンと相性がいいジーンズで合わせ、シューズはワークブーツで男らしく合わせることでコーディネート全体のバランスを取ります。
赤と黒はオシャレな色の組み合わせです。

スタジャン(2色以上)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

ブルゾン+ニットの男らしく優しいコーデ

Small
アーバンリサーチ ドアーズ 赤 ブルゾン
コーディネートのポイント
多少男らしいアイテムであるブルゾンの中にセーターを合わせることで、ブルゾンの男らしさとニットの優しい雰囲気が合わさったコーディネートになります。パンツはチノ、シューズはインナーのニットの雰囲気と合わせてスニーカーか、アウターのブルゾンの雰囲気と合わせてブーツで合わせます。
赤と黒はオシャレな色の組み合わせです。

ブルゾンのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る