グレーのボウリングシャツのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

スポーツのボウリングのユニフォームのようなデザインの半袖シャツで、一般的には、光沢があり、左胸、あるいは両胸にポケットがあります。また、背中に英語の文字が大きく刺しゅうされています。メンズのファッションではあまり見かけない服ですが、開襟シャツと豊富なカラーバリエーション・そして背中に入っているかっこいい刺繍がその魅力で、カジュアルな着こなしが大好きな方にはぴったりのおしゃれなアイテムと言えます。グレーは「無彩色・モノトーン」と呼ばれる、黒・白・グレーのうちの1色で、いわゆる「コーディネートは3色以内に抑える」といった表現がされる時の1色に入れなくてもいい色の1つです。明るさによって、暗ければ大人っぽくなり、明るければ少しかわいい要素にもなりえます。紫・ピンクと相性がいい色です。

ボウリングシャツの王道コーデ

Small
FREAK'S STORE グレー ボウリングシャツ
コーディネートのポイント
ボウリングシャツと色落ちしていないデニム、そしてワークブーツは鉄板の似合う服の組み合わせです。 また、ハットとも似合うため、このコーディネートに、黒か、アウターであるボウリングシャツのメインカラーと同じ色で、もっと濃い色のハットをかぶれば、よりオシャレになります。パンツにウォレットチェーンをつけるのもアリです。
色については、グレーと白という色の邪魔をしない無彩色に、ベージュと茶色という茶色系統の色を合わせた、実質1色相しかつかっていないシンプルなカラーコーディネートです。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

ボウリングシャツの夏スタイル

Small
FREAK'S STORE グレー ボウリングシャツ
コーディネートのポイント
基本的にはフルレングスデニムにブーツと合わせるのが鉄板のボウリングシャツですが、さすがに暑い、ということで合わせるのであれば、ハーフデニムで合わせましょう。シューズはサンダルでラフに合わせます。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+有彩色(先ほどの無彩色以外の色)が1色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。特定の有彩色(今回はネイビー)を引き立たせる効果があります。

夏のメンズコーディネートをもっと見る