カーディガンのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

ニットにかかわらず、前ボタンで開くカーディガン。ここ最近は、半袖や七分袖のカーディガンも出てきました。カーディガンなどのニット系アイテムは、優しい、上品な雰囲気をつくるアイテムですので、一般的にはおとなしめの印象のメンズや、草食系なイメージの人に似合うとされています。反対にアメカジ系などの男らしい・無骨でワイルドスタイルを好む方は、シャツなどと合わせた上品なコーディネートにしてしまうと、イメージと違って似合わなくなるケースに陥ってしまうので注意しましょう。

黒・ブラックのカーディガンのメンズコーディネート・着こなし

Small
TAKEO KIKUCHI 黒・ブラック カーディガン
コーディネートのポイント
総柄やドットやチェックのシャツは可愛い要素のアイテムで、カーディガンは優しい印象を与えるアイテムですから、この2つのを合わせると、「(少し女性的な)可愛いファッションが好き」「男らしい性格というよりは、少し可愛い」人に見えます。外見上は、細身の人に似合います。見た目も中身も「草食系男子」な性格の方がそのまま着ると「アクがない、男らしさが足りない」人に見えますので、1番いいのは、言動が男らしい方が着ることで、その場合は内面とファッションが中和されて女性ウケします。
色については、黒と白とベージュの3色は鉄板のオシャレな色の組み合わせ方です。

黒・ブラックのカーディガンのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

ベージュのカーディガンのメンズコーディネート・着こなし

Small
グリーンレーベルリラクシング ベージュ カーディガン
コーディネートのポイント
無地カーディガンを可愛くカジュアルに着こなしたい場合、インナーに柄シャツやプリントTを持ってくるなどの方法が一般的です。しかし今回はちょっと珍しいフード付きシャツを合わせたコーデです!パーカーなどフードの付いているものは少年ぽい可愛らしさを演出してくれます。春夏なのでボトムスはハーフパンツで合わせます。足元はローカットのスニーカーでカジュアルにまとめると◎
アウターとシューズは柔らかい色同士で相性がよく、インナーはシューズと同じブルーで合わせることで色数を抑えつつ、ハッキリした色である白のパンツを合わせることでメリハリのあるカラーコーディネートとなります。

ベージュのカーディガンのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

ワインレッドのカーディガンのメンズコーディネート・着こなし

Small
JUNred ワインレッド カーディガン
コーディネートのポイント
今回は無地のカーディガンに無地のインナーを合わせます。Tシャツ1枚だと少し肌寒い日の、上にカーディガンを羽織るスタイルです。基本的にファッションにおいて「柄」は「可愛い」要素です。(最も可愛いのは水玉で、その次にギンガムチェック等) 逆に無地だと「落ち着いた」「男らしい」印象を与えます。今回は靴をスリッポンにすることで、スニーカーで合わせるよりもさらにオシャレな、気取った雰囲気を出します。
色については、1番明るい白をインナーに持って来て、そこから外に向かって暗くしていく基本のルールを守っています。また、ベージュと茶色は同じ色の系統、また、赤と茶色もどちらも暖色の赤系統の色ということで、全体的に暖かみのあるカラーコーディネートになっています。

ワインレッドのカーディガンのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

チャコールグレーのカーディガンのメンズコーディネート・着こなし

Small
ティーケー チャコールグレー カーディガン
コーディネートのポイント
Tシャツ1枚だと少し肌寒い日の、上にカーディガンを羽織るスタイルです。今回は無地のカーディガンなので、インナーには柄のTシャツを合わせます。パンツはチノパン・綿パンで合わせ、今回は、品が良くなる短靴やローファーでキレイ目に合わせます。全体的に、「キレイ目+可愛い」印象を与えるスタイルです。
色については、ネイビーと茶色は鉄板のオシャレな色の組み合わせです。

チャコールグレーのカーディガンのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

ブルーグリーンのカーディガンのメンズコーディネート・着こなし

Small
ビューティアンドユース ユナイテッドアローズ ブルーグリーン カーディガン
コーディネートのポイント
Tシャツ1枚だと少し肌寒い日の、上にカーディガンを羽織るスタイルです。今回は無地のカーディガンなので、インナーには柄のTシャツを合わせます。パンツはチノパン・綿パンで合わせ、今回は、品が良くなる短靴やローファーでキレイ目に合わせます。全体的に、「キレイ目+可愛い」印象を与えるスタイルです。
色については、アウターのブルーグリーンが目立つように、他の色を目立たない色で暗く落としています。

ブルーグリーンのカーディガンのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

オレンジのカーディガンのメンズコーディネート・着こなし

Small
エディフィス オレンジ カーディガン
コーディネートのポイント
カーディガンは優しい印象を与えるアイテムで、シャツは品がいい、キレイ目なアイテムなので、この2つのを合わせると、「育ちがいい、いい子ちゃん」風に見えるスタイルになります。外見上は、細身の人に似合いますが、そのままだと「アクがない、男らしさが足りない」人に見えます。コワモテの人は逆にこのようなスタイルをすることで怖い印象を無くすことができます。
色についてですが、オレンジと寒色である青やネイビーは鉄板の相性がいい色の組み合わせです。また、パンツのネイビーと靴の茶色もオシャレな色の組み合わせです。

オレンジのカーディガンのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

グレーのカーディガンのメンズコーディネート・着こなし

Small
ベースコントロール グレー カーディガン
コーディネートのポイント
総柄やドットやチェックのシャツは可愛い要素のアイテムで、カーディガンは優しい印象を与えるアイテムですから、この2つのを合わせると、「(少し女性的な)可愛いファッションが好き」「男らしい性格というよりは、少し可愛い」人に見えます。外見上は、細身の人に似合います。見た目も中身も「草食系男子」な性格の方がそのまま着ると「アクがない、男らしさが足りない」人に見えますので、1番いいのは、言動が男らしい方が着ることで、その場合は内面とファッションが中和されて女性ウケします。
色については、グレーと白という色の邪魔をしない無彩色に、ベージュと茶色という茶色系統の色を合わせた、実質1色相しかつかっていないシンプルなカラーコーディネートです。

グレーのカーディガンのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

青・ブルーのカーディガンのメンズコーディネート・着こなし

Small
ミスター・ジェントルマン 青・ブルー カーディガン
コーディネートのポイント
Tシャツ1枚だと少し肌寒い日の、上にカーディガンを羽織るスタイルです。今回は無地のカーディガンなので、インナーには柄のTシャツを合わせます。パンツと靴はカジュアルに、パンツはデニムやチノパン・綿パンで合わせ、靴はローカットのスニーカーと合わせます。カーディガンの前は閉じずに開きましょう。全体的に「カジュアル+優しい」印象を与えますので、もともとが柔らかい雰囲気の人には似合う一方で、男らしさはないスタイルですから、どちらかというともともと男臭すぎる雰囲気の人が男くささを和らげる時に着るのが1番効果的です。
色については、青と黄色系統の色はオシャレなカラーコーディネートで、完全に「オシャレ好き」に見える色の組み合わせ方です。

青・ブルーのカーディガンのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

紺・ネイビーのカーディガンのメンズコーディネート・着こなし

Small
ジュンレッド 紺・ネイビー カーディガン
コーディネートのポイント
総柄やドットやチェックのシャツは可愛い要素のアイテムで、カーディガンは優しい印象を与えるアイテムですから、この2つのを合わせると、「(少し女性的な)可愛いファッションが好き」「男らしい性格というよりは、少し可愛い」人に見えます。外見上は、細身の人に似合います。見た目も中身も「草食系男子」な性格の方がそのまま着ると「アクがない、男らしさが足りない」人に見えますので、1番いいのは、言動が男らしい方が着ることで、その場合は内面とファッションが中和されて女性ウケします。
色については、ネイビーと茶色は鉄板の色の組み合わせです。また、パンツのベージュに対して、靴は同じ系統の色でより暗い色で合わせると色数を増やさず、かつ収まりがよくなるので、靴は茶色で合わせます。

紺・ネイビーのカーディガンのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

深緑のカーディガンのメンズコーディネート・着こなし

Small
ラギッド ファクトリー 深緑 カーディガン
コーディネートのポイント
カーディガンが無地なので、中に柄のTシャツを合わせます。また、カーディガンは胸の前にV字を作るため、中のTシャツはUネックか丸首の方がレイヤード(重なり)部分が綺麗に重なります。今回はより男らしさが出るUネックで合わせます。なお、柄があるTシャツは、無地Tよりも「可愛い・幼い」印象を与えます。「親しみやすい」ともいえますので、コワモテの方にはより効果的です。パンツはチノかデニムでカジュアルに合わせ、Tシ ャツを可愛くした分、靴はワークブーツで男らしくするとバランスがとれます。
色については、アースカラーという自然の色(木々の緑、土の茶色等)で合わせたオシャレなカラーコーディネートです。

深緑のカーディガンのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

赤のカーディガンのメンズコーディネート・着こなし

Small
TAKEO KIKUCHI 赤 カーディガン
コーディネートのポイント
総柄やドットやチェックのシャツは可愛い要素のアイテムで、カーディガンは優しい印象を与えるアイテムですから、この2つのを合わせると、「(少し女性的な)可愛いファッションが好き」「男らしい性格というよりは、少し可愛い」人に見えます。外見上は、細身の人に似合います。見た目も中身も「草食系男子」な性格の方がそのまま着ると「アクがない、男らしさが足りない」人に見えますので、1番いいのは、言動が男らしい方が着ることで、その場合は内面とファッションが中和されて女性ウケします。
色については、暖色の赤と寒色の青、及びパンツのネイビーと靴の茶色は相性がいいオシャレな色の組み合わせです。

赤のカーディガンのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

黄色・イエローのカーディガンのメンズコーディネート・着こなし

Small
エディフィス 黄色・イエロー カーディガン
コーディネートのポイント
今回は無地のカーディガンに無地のインナーを合わせます。Tシャツ1枚だと少し肌寒い日の、上にカーディガンを羽織るスタイルです。基本的にファッションにおいて「柄」は「可愛い」要素です。(最も可愛いのは水玉で、その次にギンガムチェック等) 逆に無地だと「落ち着いた」「男らしい」印象を与えます。今回は靴をスリッポンにすることで、スニーカーで合わせるよりもさらにオシャレな、気取った雰囲気を出します。
色については、アウターの黄色とパンツのネイビー、およびパンツのネイビーのと靴の茶色は相性がいい色の組み合わせです。

黄色・イエローのカーディガンのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

緑・グリーンのカーディガンのメンズコーディネート・着こなし

Small
ビームス メン 緑・グリーン カーディガン
コーディネートのポイント
カーディガンは優しい印象を与えるアイテムで、シャツは品がいい、キレイ目なアイテムなので、この2つのを合わせると、「育ちがいい、いい子ちゃん」風に見えるスタイルになります。外見上は、細身の人に似合いますが、そのままだと「アクがない、男らしさが足りない」人に見えます。コワモテの人は逆にこのようなスタイルをすることで怖い印象を無くすことができます。
色については、オシャレ好きな人に見える明るい色の組み合わせです。青とオレンジは相性がいい色の組み合わせです。

緑・グリーンのカーディガンのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

茶色のカーディガンのメンズコーディネート・着こなし

Small
ミスター・ジェントルマン 茶色 カーディガン
コーディネートのポイント
Tシャツ1枚だと少し肌寒い日の、上にカーディガンを羽織るスタイルです。今回は無地のカーディガンに無地のインナーを合わせます。基本的にファッションにおいて「柄」は「可愛い」要素です。(最も可愛いのは水玉で、その次にギンガムチェック等) 逆に無地だと「落ち着いた」「男らしい」印象を与えます。今回はさらにパンツをチノ、靴を短靴やローファーにすることで、キレイ目の印象も加えます。
色については、アウターがある程度年齢を重ねた人に合いやすい茶色で、インナーには、オシャレな人しか着ないカラーシャツを合わせているため、大人っぽさと「オシャレさん」といった印象を両方与えるコーディネートです。

茶色のカーディガンのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

カーキのカーディガンのメンズコーディネート・着こなし

Small
セブンデイズサンデイ メンズ カーキ カーディガン
コーディネートのポイント
カーディガンが無地なので、中に柄のTシャツを合わせます。また、カーディガンは胸の前にV字を作るため、中のTシャツはUネックか丸首の方がレイヤード(重なり)部分が綺麗に重なります。今回はより男らしさが出るUネックで合わせます。なお、柄があるTシャツは、無地Tよりも「可愛い・幼い」印象を与えます。「親しみやすい」ともいえますので、コワモテの方にはより効果的です。パンツはチノかデニムでカジュアルに合わせ、Tシ ャツを可愛くした分、靴はワークブーツで男らしくするとバランスがとれます。
色については、全体的にくすんだ色で合わせていて統一感があります。

カーキのカーディガンのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

赤紫のカーディガンのメンズコーディネート・着こなし

Small
ルジュン メンズ 赤紫 カーディガン
コーディネートのポイント
総柄やドットやチェックのシャツは可愛い要素のアイテムで、カーディガンは優しい印象を与えるアイテムですから、この2つのを合わせると、「(少し女性的な)可愛いファッションが好き」「男らしい性格というよりは、少し可愛い」人に見えます。外見上は、細身の人に似合います。見た目も中身も「草食系男子」な性格の方がそのまま着ると「アクがない、男らしさが足りない」人に見えますので、1番いいのは、言動が男らしい方が着ることで、その場合は内面とファッションが中和されて女性ウケします。
色については、パンツに対して、同じ系統の色でより濃い色の靴が合うというルールがあるため、ベージュのパンツに対して茶色の靴で合わせています。

赤紫のカーディガンのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

こげ茶のカーディガンのメンズコーディネート・着こなし

Small
トミーヒルフィガー メンズ こげ茶 カーディガン
コーディネートのポイント
総柄やドットやチェックのシャツは可愛い要素のアイテムで、カーディガンは優しい印象を与えるアイテムですから、この2つのを合わせると、「(少し女性的な)可愛いファッションが好き」「男らしい性格というよりは、少し可愛い」人に見えます。外見上は、細身の人に似合います。見た目も中身も「草食系男子」な性格の方がそのまま着ると「アクがない、男らしさが足りない」人に見えますので、1番いいのは、言動が男らしい方が着ることで、その場合は内面とファッションが中和されて女性ウケします。
色については、アウターがある程度年齢を重ねた人に合いやすい茶色で、インナーには、オシャレな人しか着ないカラーシャツを合わせているため、大人っぽさと「オシャレさん」といった印象を両方与えるコーディネートです。

こげ茶のカーディガンのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

うぐいす色のカーディガンのメンズコーディネート・着こなし

Small
ナノ・ユニバース うぐいす色 カーディガン
コーディネートのポイント
基本的にファッションにおいて「柄」は「可愛い」要素です。(最も可愛いのは水玉で、その次にギンガムチェック等) 逆に無地だと「落ち着いた」「男らしい」印象を与えます。Tシャツ1枚だと少し肌寒い日の、上にカーディガンを羽織るスタイルです。今回は無地のカーディガンに無地のインナーを合わせます。今回はアウターもインナーも無地であることによる落ち着いた、そしてニットの優しさのある雰囲気を、パンツと靴もシンプルに合わせることで全面に出します。
色については、エンジのカラーパンツが目立つオシャレなカラーコーディネートです。

うぐいす色のカーディガンのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

くすんだ緑のカーディガンのメンズコーディネート・着こなし

Small
ミスター・ジェントルマン くすんだ緑 カーディガン
コーディネートのポイント
カーディガンは優しい印象を与えるアイテムで、シャツは品がいい、キレイ目なアイテムなので、この2つのを合わせると、「育ちがいい、いい子ちゃん」風に見えるスタイルになります。外見上は、細身の人に似合いますが、そのままだと「アクがない、男らしさが足りない」人に見えます。コワモテの人は逆にこのようなスタイルをすることで怖い印象を無くすことができます。
色については、アースカラーと呼ばれる自然の色(木々の緑や土の茶色等)で合わせたオシャレなカラーコーディネートです。

くすんだ緑のカーディガンのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

ピンクのカーディガンのメンズコーディネート・着こなし

Small
nano・universe ピンク カーディガン
コーディネートのポイント
Tシャツ1枚だと少し肌寒い日の、上にカーディガンを羽織るスタイルです。今回は無地のカーディガンなので、インナーには柄のTシャツを合わせます。パンツはチノパン・綿パンで合わせ、今回は、品が良くなる短靴やローファーでキレイ目に合わせます。全体的に、「キレイ目+可愛い」印象を与えるスタイルです。
ピンクに明るいブルーは、暖色と寒色の組み合わせという上でも、また淡いトーン同士の組みあわせという意味でも、オシャレな色の組み合わせです。

ピンクのカーディガンのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

ミントグリーンのカーディガンのメンズコーディネート・着こなし

Small
エディフィス ミントグリーン カーディガン
コーディネートのポイント
カーディガンが無地なので、中に柄のTシャツを合わせます。また、カーディガンは胸の前にV字を作るため、中のTシャツはUネックか丸首の方がレイヤード(重なり)部分が綺麗に重なります。今回はより男らしさが出るUネックで合わせます。なお、柄があるTシャツは、無地Tよりも「可愛い・幼い」印象を与えます。「親しみやすい」ともいえますので、コワモテの方にはより効果的です。パンツはチノかデニムでカジュアルに合わせ、Tシ ャツを可愛くした分、靴はワークブーツで男らしくするとバランスがとれます。
色については、青と緑は爽やかで相性がいい色の組み合わせです。寒色の青に対して、靴は暖色である赤系統の色である茶色で合わせています。

ミントグリーンのカーディガンのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

水色のカーディガンのメンズコーディネート・着こなし

Small
アイボリーコート 水色 カーディガン
コーディネートのポイント
Tシャツ1枚だと少し肌寒い日の、上にカーディガンを羽織るスタイルです。今回は無地のカーディガンに無地のインナーを合わせます。基本的にファッションにおいて「柄」は「可愛い」要素です。(最も可愛いのは水玉で、その次にギンガムチェック等) 逆に無地だと「落ち着いた」「男らしい」印象を与えます。今回はさらにパンツをチノ、靴を短靴やローファーにすることで、キレイ目の印象も加えます。
色については、ブルー系の色でまとめた爽やかなカラーコーディネートです。

水色のカーディガンのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

明るい青のカーディガンのメンズコーディネート・着こなし

Small
ティーケー 明るい青 カーディガン
コーディネートのポイント
カーディガンが無地なので、中に柄のTシャツを合わせます。また、カーディガンは胸の前にV字を作るため、中のTシャツはUネックか丸首の方がレイヤード(重なり)部分が綺麗に重なります。今回はより男らしさが出るUネックで合わせます。なお、柄があるTシャツは、無地Tよりも「可愛い・幼い」印象を与えます。「親しみやすい」ともいえますので、コワモテの方にはより効果的です。パンツはチノかデニムでカジュアルに合わせ、Tシ ャツを可愛くした分、靴はワークブーツで男らしくするとバランスがとれます。
色については、明るい青と合わせてパンツを明るい茶色といえるベージュで合わせ、そして靴はパンツと同じ色相の暗い色にするとパンツと合いますので、ベージュに対して茶色の靴で合わせています。インナーは白を持ってくることで、インナーから外に向けて暗くなるという色の組み合わせルールを守ることに繋がります。

明るい青のカーディガンのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

白のカーディガンのメンズコーディネート・着こなし

Small
TAKEO KIKUCHI 白 カーディガン
コーディネートのポイント
無地カーディガンを可愛くカジュアルに着こなしたい場合、インナーに柄シャツやプリントTを持ってくるなどの方法が一般的です。しかし今回はちょっと珍しいフード付きシャツを合わせたコーデです!パーカーなどフードの付いているものは少年ぽい可愛らしさを演出してくれます。春夏なのでボトムスはハーフパンツで合わせます。足元はローカットのスニーカーでカジュアルにまとめると◎
白と青のマリンカラーに明るめの茶色系統色であるベージュと、明るめの色で爽やかな色合わせです。

白のカーディガンのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

明るい紫のカーディガンのメンズコーディネート・着こなし

Small
ミッシェルクランオム 明るい紫 カーディガン
コーディネートのポイント
柄のジャケットにニットとシャツを合わせ、デニムやチノでカジュアルダウンさせたコーディネートです。ジャケットに柄が入っている時点で、多少フォーマルからカジュアルよりにずれているので、パンツも同じくカジュアルに合わせます。秋冬のベーシックでオシャレなジャケットスタイルです。
色については、紫は暗めの無彩色(黒、グレー、チャコールグレー)が1番よく合う色のため、これらの色が使われたオシャレな配色です。

明るい紫のカーディガンのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

マリンブルーのカーディガンのメンズコーディネート・着こなし

Small
トルネードマート マリンブルー カーディガン
コーディネートのポイント
ドンキーコートは「可愛い」(少年っぽい)く見える効果があるアイテムのため、同じく可愛い属性のアイテムであるスニーカーと相性がいいアウターです。カジュアルに、ジーンズやチノパン、カットソーと合わせます。中にセーターやカーディガンを着ることで、暖かさを調整しつつ、コーディネートの色あいを豊かにできます。
色については、全体的に暗めに統一感があるカラーコーディネートです。

マリンブルーのカーディガンのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る