赤のシャンブレーシャツ(無地, 半端そで)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

シャンブレーシャツはぱっと見はデニムシャツのように見えますが、デ二ムよりも生地が薄いシャンブレーという生地のシャツです。男臭いメンズアイテムで、ワイルドで無骨系の男性が着るとよく似合いますが、他のメンズでももちろん着こなしができます。おしゃれなメンズコーディネートとしては、チノパン、Gパン、綿パンが一般的な着こなし方です。ただし、光沢感があるボトムスは合わないので、スラックスやウールパンツを合わせるのは止めておきましょう。 赤は日本の男性のリアルクローズなコーディネートだと、夏以外は差し色として使うのがオシャレな色の使い方です。例えばモノトーンのスーツルックに赤のセーターを差す、同じく赤の靴下を差す、といったような1部だけ(全体の10%以下ぐらい)の色を強烈に明度・彩度が高い色にする使い方です。夏であれば、パンツやシャツ等が赤でも違和感ありません。むしろオシャレに見えます。

暖かい日のシャンブレーシャツ基本スタイル

Small
HIDEAWAYS 赤 シャンブレーシャツ
コーディネートのポイント
初めて見た人にはパッと見デニムシャツに見えるシャンブレーシャツ。このシャンブレーシャツの着こなしについてです。基本的に前は閉じることが多く、その場合パンツはチノパン、靴はスニーカーかデッキシューズが一般的です。フルレングス(短パンでもハンパ丈でもない足下までの長さ)のロングパンツにデッキシューズを合わせる場合、パンツの裾はまくりましょう。
色については、ホワイトとチャコールグレーによりモノトーンができあがり、そこに赤を入れることによって、カラーバランスが整った印象になります。

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

シャンブレーシャツとデニムのスタイル

Small
HIDEAWAYS 赤 シャンブレーシャツ
コーディネートのポイント
シャンブレーシャツとデニムパンツを使ったコーディネートです。この2つだけだと見た目のインパクトが弱いので、靴はブーツで合わせます。シンプルなスタイルになりますので、ブレスレットなどをつけてもいいかもしれません。
色については、赤と黒は格好よく見える色の組み合わせ方です。また、全体的にも、モノトーン(白黒グレ—)+有彩色1色でまとめていると、とても収まりがいい色の合わせ方になります。赤で目立つトップスをパンツと靴を黒くすることで抑えています。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

シャンブレーシャツとカーゴのワーク系コーデ

Small
HIDEAWAYS 赤 シャンブレーシャツ
コーディネートのポイント
シャンブレーシャツにカーゴパンツにブーツと、全体的にワーク系のコーディネートで、つば付きのゆるいキャップが似合うコーディネートです。男らしい方向に雰囲気を出したい方用のコーディネートです。
色については、インナーから外に向けて暗くしていくと収まりがよくなります。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

スウェットパンツのリラックス無骨コーデ

Small
HIDEAWAYS 赤 シャンブレーシャツ
コーディネートのポイント
スウェットパンツというラフ感全開のアイテムを多少男臭く着こなすコーディネートです。 トップスはシャンブレーシャツ、そして靴は重厚感のあるブーツを合わせることで、ラフなスウェットパントを固めのアイテムでバランス良く取り囲んだコーディネートになります。 また、今回靴にブーツを持ってきた理由としては、そもそもシルエットとしても素材としてもスウェットパンツとブーツはとても相性が良く、服の合わせ方をわかっている人という印象を与えることにもつながります。
赤と黒はオシャレな色の組み合わせです。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

シャンブレーシャツのスタンダード無骨コーデ

Small
HIDEAWAYS 赤 シャンブレーシャツ
コーディネートのポイント
シャンブレーシャツを無骨に着こなす入門編のようなコーディネートです。 シャンブレーシャツに胸元がみえるインナー、無地のチノパン・綿パンに、ゴツめのブーツといった、男らしい要素を多めに取り入れてみました。これで靴をスニーカーにするとだいぶ普通の組み合わせになりますのでご注意ください。 この程度では男臭さが足りないと感じる方はカーゴパンツなどと合わせて、さらに無骨感を高めたコーディネートも、とてもかっこいいコーディネートになります。
赤と黒はオシャレな色の組み合わせです。

夏のメンズコーディネートをもっと見る