赤の丸首サマーセーター(ボーダー)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

サマーニットと呼ばれる夏のニット。夏に着てもいいニットのため、薄手で涼しいニットです。半そでや半端な長さの袖たけだったりします。丸首の場合、Vネックに比べて優しい印象を与えます。短パンに、ローファーやデッキシューズ、サンダルなどと合わせましょう。ローファーと合わせるとキレイめな夏のモテる着こなしに、サンダルだとラフでリラックスした雰囲気に、デッキシューズだと洒落た男の雰囲気になります。赤は日本の男性のリアルクローズなコーディネートだと、夏以外は差し色として使うのがオシャレな色の使い方です。例えばモノトーンのスーツルックに赤のセーターを差す、同じく赤の靴下を差す、といったような1部だけ(全体の10%以下ぐらい)の色を強烈に明度・彩度が高い色にする使い方です。夏であれば、パンツやシャツ等が赤でも違和感ありません。むしろオシャレに見えます。

サマーニットにローファーのしゃれた着こなし

Small
SHIPS JET BLUE 赤 丸首サマーセーター
コーディネートのポイント
春夏用の半そでや半端な長さのそでのニット。変に重ね着するよりは1枚で合わせ、ニットのキレイ目要素を生かしてスラックスにローファーと合わせてもオシャレです。
暖色と寒色の配色はオシャレな色の組み合わせですが、赤は暖色の代表色、青は寒色の代表色のため、この2色はとても相性がいい色の組み合わせです。また、赤、青、白のトリコロールカラーはフランスやイギリスの国旗で使われいているようにとてもオシャレな3色の色の組み合わせです。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

柄のサマーニットの着こなし

Small
SHIPS JET BLUE 赤 丸首サマーセーター
コーディネートのポイント
サマーニットは夏らしく丈の短いパンツも相性がいいアイテム。 例えばハーフのデニムやチノパンで合わせた上で、靴はメッシュのスリッポンやエスパドリーユやデッキシューズで合わせることでコーディネート全体から夏の要素が漂うスタイルになります。柄ニットにはパンツは無地で合わせます。
暖色と寒色の配色はオシャレな色の組み合わせですが、赤は暖色の代表色、青は寒色の代表色のため、この2色はとても相性がいい色の組み合わせです。また、赤、青、白のトリコロールカラーはフランスやイギリスの国旗で使われいているようにとてもオシャレな3色の色の組み合わせです。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

サマーニットにスウェットパンツのゆるコーデ

Small
SHIPS JET BLUE 赤 丸首サマーセーター
コーディネートのポイント
サマーニットにハーフスウェットパンツという夏の浜辺が似合いそうなラフな着こなし。足元はサンダルやメッシュのスリッポンで合わせて一層夏感を出します。
暖色と寒色の配色はオシャレな色の組み合わせですが、赤は暖色の代表色、青は寒色の代表色のため、この2色はとても相性がいい色の組み合わせです。また、赤、青、白のトリコロールカラーはフランスやイギリスの国旗で使われいているようにとてもオシャレな3色の色の組み合わせです。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

サマーニットとハーフスラックススタイル

Small
SHIPS JET BLUE 赤 丸首サマーセーター
コーディネートのポイント
サマーニットはその名の通り、夏かつ、ニットということで品のいいアイテムです。したがって、夏つながりで短パン、さらにニットの品がいいつながりでスラックスということで、ハーフスラックスとは相性抜群。そして、同じく品が良く、形が夏によくあるデッキシューズ等と同じようにペタンコ靴であるローファーと合わせ、統一感を出します。
暖色と寒色の配色はオシャレな色の組み合わせですが、赤は暖色の代表色、青は寒色の代表色のため、この2色はとても相性がいい色の組み合わせです。

夏のメンズコーディネートをもっと見る