こげ茶の丸首セーターのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

胸元が空いておらず、Vネック等よりも詰まっているセーターです。クルーネックセーターともいいます。大人っぽい着こなしをしたいときに活用できるメンズファッションアイテムです。トレンチコートやジャケットを羽織るとより一層上品なコーディネートになります。カラーコーディネートでいえば、青のパンツとブラウンの靴との相性はとてもいいので男性のみなさんにはぜひ着こなしでほしいおすすめアイテムです。茶色よりも濃い・黒めな色が焦げ茶色です。茶色と同じくネイビー・紺色ととりわけ相性がいい色ですが、濃い分、ネイビーも濃いネイビーと合います。

8割の男らしさと少しの優しさスタイル

Small
JOURNAL STANDARD MEN'S こげ茶 丸首セーター
コーディネートのポイント
レザーブルゾンの無骨さを生かして、パンツをカーゴ、靴をブーツで合わせつつ、インナーにはニットを持って来て、ただ無骨すぎないようにしたコーディネートです。このインナーがUネックやVネックのTシャツだと、完全にオラオラ系な格好になりますが、インナーにセーターを持ってくることで、少し優しい雰囲気をまとっています。
色については、鉄板のネイビーと茶色の色合わせを使いつつ、暗くまとめたシックでオシャレな色合わせです。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

セーターとシャツのキレイ目スタイル

Small
JOURNAL STANDARD MEN'S こげ茶 丸首セーター
コーディネートのポイント
セーターとシャツのスタイルです。セーターが柔らかいニット素材のため、パンツは固めの素材のデニムやチノと合わせましょう。靴はインナーのシャツに合わせて短靴、ローファー、チャッカブーツ等で合わせるのがオシャレな着こなしです。品の良さが漂うスタイルです。
色については、アウターがある程度年齢を重ねた人に合いやすい茶色で、インナーには、オシャレな人しか着ないカラーシャツを合わせているため、大人っぽさと「オシャレさん」といった印象を両方与えるコーディネートです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のドンキーコートのニット合わせスタイル

Small
JOURNAL STANDARD MEN'S こげ茶 丸首セーター
コーディネートのポイント
ドンキーコートは「可愛い」(少年っぽい)く見える効果があるアイテムのため、同じく可愛い属性のアイテムであるスニーカーと相性がいいアウターです。カジュアルに、ジーンズやチノパン、カットソーと合わせます。中にセーターやカーディガンを着ることで、暖かさを調整しつつ、コーディネートの色あいを豊かにできます。
色については、鉄板のネイビーと茶色の色合わせを使いつつ、暗くまとめたシックでオシャレな色合わせです。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

デッキジャケットのオシャレスタイル

Small
JOURNAL STANDARD MEN'S こげ茶 丸首セーター
コーディネートのポイント
デッキジャケットは男らしい、無骨系アイテムであるミリタリーアイテムですので、パンツはデニム、靴はブーツと男らしいアイテムで合わせました。(デニムはチノでも問題ありません)ただ、それだけだと男臭さが強いので、優しい雰囲気を出すセーターやカーディガンや、品がいい印象を与えるベストを中にインするのも効果的です。靴はチャッカブーツだと多少キレイ目になり、ワークブーツだと男らしくなります。
色については、鉄板のネイビーと茶色の色合わせを使いつつ、暗くまとめたシックでオシャレな色合わせです。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

柄ジャケットのキレイ目スタイル

Small
JOURNAL STANDARD MEN'S こげ茶 丸首セーター
コーディネートのポイント
柄のジャケットにニットとシャツを合わせ、デニムやチノでカジュアルダウンさせたコーディネートです。ジャケットに柄が入っている時点で、多少フォーマルからカジュアルよりにずれているので、パンツも同じくカジュアルに合わせます。秋冬のベーシックでオシャレなジャケットスタイルです。
色については、鉄板のネイビーと茶色の色合わせを使いつつ、暗くまとめたシックでオシャレな色合わせです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

チェスターコートをちょっぴりカジュアルに!

Small
JOURNAL STANDARD MEN'S こげ茶 丸首セーター
コーディネートのポイント
チェスターコートのようなきれいめのアイテムにはきれい目同士で合わせるために靴もきれい目の短靴にします。中にはカーディガンやセーターを挟んで下にはシャツやカットソーを合わせます。シャツの方がよりきれい目な印象を与え、UネックやVネックのTシャツであればえりが無い分スッキリします。パンツはデニムにすればカジュアルに、スラックスやカーゴスラックスで合わせれば、アウターや靴と同じくきれい目になります。無地の綿パンでも問題ありません。
色については、鉄板のネイビーと茶色の色合わせを使いつつ、暗くまとめたシックでオシャレな色合わせです。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

男らしさと品の良さを兼ね備えた無敵スタイル

Small
JOURNAL STANDARD MEN'S こげ茶 丸首セーター
コーディネートのポイント
ジャケット+ニット+シャツという王道のキレイ目スタイルをパンツのデニムやチノパンといったカジュアルなパンツで崩し、靴も男らしい要素を持つブーツで合わせることでキレイさと男らしさを合わせ持つスタイルです。女性ウケが高い要素がありながら、どの年代でも着こなすことができるスタイルです。アウターかニットと近い色のネクタイを合わせると、よりオシャレに気を使っている人に見えます。
色については、鉄板のネイビーと茶色の色合わせを使いつつ、暗くまとめたシックでオシャレな色合わせです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ダウンジャケットのニット合わせスタイル

Small
JOURNAL STANDARD MEN'S こげ茶 丸首セーター
コーディネートのポイント
ダウンジャケットのインナーにニットを合わせ、素材感の違う2つのトップスで素材感のバランスをとり、パンツはデニムやチノ、靴はスニーカーと下半身はラフに合わせたスタイルです。服の合わせ方自体は一般的な分、服自体のデザイン性や品質、色の合わせ方で差をつけたいコーディネートです。
シューズ以外をアウターからパンツまでを暗めにした上で、シューズを白にして抜け感を出すことで全体的にお洒落な配色として完成するカラーコーディネートです。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

レザーブルゾンのニットスタイル

Small
JOURNAL STANDARD MEN'S こげ茶 丸首セーター
コーディネートのポイント
レザーブルゾンは無骨なアイテムですので、インナーにニットを持ってくるとただ無骨なだけでなく、優しい雰囲気も兼ね備えたコーディネートになります。パンツはデニムやチノ、靴はより男らしさをあげたい人はブーツで、そうでない場合はスニーカーでカジュアルにあわせます。
シューズ以外をアウターからパンツまでを暗めにした上で、シューズを白にして抜け感を出すことで全体的にお洒落な配色として完成するカラーコーディネートです。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ピーコート+ニットの爽やかスタイル

Small
JOURNAL STANDARD MEN'S こげ茶 丸首セーター
コーディネートのポイント
ピーコートのインナーをニットで合わせ、ピーコートのキレイ目要素+ニットの優しい要素で上品で好感度の高い上半身にしつつ、ただのキレイ目でまとめないで、パンツをデニムやチノ、靴をスニーカーとカジュアルダウンさせることで、親しみやすいスタイルになります。首元が寒い場合ははマフラーを巻いて巻きましょう。丈が長いピーコートではないので、パンツの太さは問いません。(もし丈が長いピーコートの場合は、細めのパンツの方が全体的に綺麗なシルエットになります)
シューズ以外をアウターからパンツまでを暗めにした上で、シューズを白にして抜け感を出すことで全体的にお洒落な配色として完成するカラーコーディネートです。

冬のメンズコーディネートをもっと見る