赤のダウンベストのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

ダウン(羽毛)が入っている厚手のベストです。トレーナー、セーター、カーディガン、Tシャツ・カットソー等の上に羽織ります。特徴としては、キルティング加工というデザイン模様を浮立たせる加工が施されています。かっこいいメンズの着こなし方は、ダウンベストにカーディガン、VネックTシャツを合わせる男らしいスタイルや、パーカーもダウンベストと合わせるカジュアルなコーディネートが人気の組み合わせです。春先や秋など少し肌寒い時期にはとても重宝するメンズファッションのアイテムです。赤は日本の男性のリアルクローズなコーディネートだと、夏以外は差し色として使うのがオシャレな色の使い方です。例えばモノトーンのスーツルックに赤のセーターを差す、同じく赤の靴下を差す、といったような1部だけ(全体の10%以下ぐらい)の色を強烈に明度・彩度が高い色にする使い方です。夏であれば、パンツやシャツ等が赤でも違和感ありません。むしろオシャレに見えます。

赤のダウンベスト(フードなし)のメンズコーディネート・着こなし

Small
G-Star Raw 赤 ダウンベスト
コーディネートのポイント
ダウンベストは暖かいだけでなく、簡単にオシャレにしてくれるアイテム。秋口にデニムシャツと合わせるのも1つのテクニックです。季節感とマッチしつつトップスとは違う素材感であるウールパンツやコーデュロイパンツとは相性抜群。また、ウールやコーデュロイは大人っぽい印象を与える効果があります。短靴やチャッカブーツと合わせて足下をキレイ目にするのも品がいいコーディネートで好印象です。
無彩色(黒、白、グレー)+赤の組み合わせです。赤と黒はオシャレな色使いです。インナーは白だとより元気がいいイメージを与え、このようにグレ—だと白よりは多少落ち着いた雰囲気に見えます。インナーの方がパンツより明るい色の方が収まりがいいコーディネートになります。

赤のダウンベスト(フードなし)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

赤のダウンベスト(フードあり)のメンズコーディネート・着こなし

Small
estnation 赤 ダウンベスト
コーディネートのポイント
暖かい夏の日にダウンベストを着用するときのコーディネートです。ダウンベストの下は半袖のTシャツで合わせて、パンツと靴はカジュアルにジーンズ(デニムパンツ)とスニーカーで合わせます。極めてカジュアルなスタイルですが、「ダウンベストを着る」時点で、ファッション素人ではない雰囲気になりますので、このようにシンプルに合わせても格好良いスタイルです。
色については、暖色の赤と寒色の青、及びパンツのネイビーと靴の茶色は相性がいいオシャレな色の組み合わせです。

赤のダウンベスト(フードあり)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る