ワインレッドのハーフボタンセーター(無地)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

胸元にボタンが少しついていて、開くことができるセーターがハーフボタンセーターです。この胸元のボタンは空けて、中にシャツで合わせると、シンプルすぎずオシャレな雰囲気になります。落ち着いた、大人っぽい雰囲気になるアイテムです。秋冬に大活躍するハーフボタンセーターの着こなしはトップス・ボトムス含めてさまざまな組み合わせが出来ますので、メンズのみなさんも是非着こなしてみてください。ワインレッド、えんじ(エンジ・臙脂)色、ボルドー、マルーンといった色はほぼどれも同じ色で、早稲田カラーと呼ばれたりもする、赤を暗くしたような色です。ワインレッドだと赤と赤紫の間。ボルドーやマルーンだと赤と茶色の間といった印象があります。赤と青が合うように、赤を暗くした色であるワインレッドの場合は、青を暗くした色であるネイビー・紺色と合います。

ハーフボタンセーターのコーディネート

Small
MONSIEUR NICOLE ワインレッド ハーフボタンセーター
コーディネートのポイント
首元にボタンがついているセーターのコーディネートです。このボタン部分はジッパーよりボタンの方がオシャレな服ですが、ボタン同士は重ならないほうがいいので、なるべくボタンが見えないように胸元を開き気味に中にシャツを着るのが格好いいコーディネートです。パンツはデニム、靴はスニーカーかブーツでカジュアルに合わせます。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色が1色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。エンジを引き立たせる効果があります。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

ハーフボタンセーターの着こなし

Small
MONSIEUR NICOLE ワインレッド ハーフボタンセーター
コーディネートのポイント
首元にボタンがついているセーターのコーディネートです。このボタン部分はジッパーよりボタンの方がオシャレな服ですが、ボタン同士は重ならないほうがいいので、なるべくボタンが見えないように胸元を開き気味に中にシャツを着るのが格好いいコーディネートです。セーター+シャツだけで寒いシーズンは上にダウンベストを羽織り、パンツはデニム、靴はスニーカーかブーツでカジュアルに合わせます。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色とその色に近い色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。エンジとピンクを引き立たせる効果があります。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

ブルゾン+ニットの男らしく優しいコーデ

Small
MONSIEUR NICOLE ワインレッド ハーフボタンセーター
コーディネートのポイント
多少男らしいアイテムであるブルゾンの中にセーターを合わせることで、ブルゾンの男らしさとニットの優しい雰囲気が合わさったコーディネートになります。パンツはチノ、シューズはインナーのニットの雰囲気と合わせてスニーカーか、アウターのブルゾンの雰囲気と合わせてブーツで合わせます。
エンジ(ワインレッド)とネイビーは鉄板の色の組み合わせですし、またネイビーのパンツと茶色の靴も鉄板のコーディネートの組み合わせです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る