赤のハーフジップセーター(アーガイル)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

ハーフジップセーターはジッパーを開いて中にシャツを合わせるのがちょうどいいアイテム。メンズファッションの中では大人っぽい人向け、若者よりは40代以上の大人に似合う秋冬用のカジュアルなアイテムです。ハーフジップのメンズセーターをどういう服とコーディネートしたらいいか、着こなしたらいいか分からない人も多いこのメンズアイテムをご紹介していきます。赤は日本の男性のリアルクローズなコーディネートだと、夏以外は差し色として使うのがオシャレな色の使い方です。例えばモノトーンのスーツルックに赤のセーターを差す、同じく赤の靴下を差す、といったような1部だけ(全体の10%以下ぐらい)の色を強烈に明度・彩度が高い色にする使い方です。夏であれば、パンツやシャツ等が赤でも違和感ありません。むしろオシャレに見えます。

ハーフジップセーターの着こなし

Small
Lyle&Scott 赤 ハーフジップセーター
コーディネートのポイント
まっさらな無地以外のハーフジップセーターを着こなす場合の提案です。ハーフジップセーターは流行からは外れているアイテムで1枚で着てもなかなか格好よくなりづらいアイテムですので、中に無地シャツを着て、上に無地ジャケットを羽織り重ね着します。パンツはカジュアルにデニム、靴はスニーカーで合わせました。ハーフジップセーターを使ったキレイ目とラフさを合わせ持ったコーディネートです。
色については、暖色の赤と寒色の明るい青とでバランスをとり、色数を増やさないように残りのアイテムの色を無彩色で抑えています。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ハーフジップセーターのシンプルキレイ目合わせ

Small
Lyle&Scott 赤 ハーフジップセーター
コーディネートのポイント
ハーフジップセーターは流行からは外れているアイテムで1枚で着てもなかなか格好よくなりづらいアイテムですので、中に無地シャツを着て、上に無地ジャケットを羽織り重ね着します。パンツはカジュアルにデニム、靴はスニーカーで合わせました。ハーフジップセーターを使ったキレイ目とラフさを合わせ持ったコーディネートです。
色については、暖色の赤と寒色の明るい青とでバランスをとり、色数を増やさないように残りのアイテムの色を無彩色で抑えています。

ハーフジップセーターのスラックス合わせ

Small
Lyle&Scott 赤 ハーフジップセーター
コーディネートのポイント
ハーフジップセーターには中にシャツを着て、上にジャケットを羽織り、パンツはスラックスで合わせるのがキレイ目でオシャレな着こなしの1つです。正直、ハーフジップセーターは正直近年の流行からは外れているアイテムですので、格好よく着こなそうとする場合はこれ1枚で着ようとはせずに、このように重ね着することをオススメします。
色については、暖色の赤と寒色の明るい青とでバランスをとり、色数を増やさないように残りのアイテムの色を無彩色で抑えています。