ワインレッドのヘンリーネックTシャツ(半そで)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

丸首Tシャツのネック部分を、胸の辺まで開けてボタン止めにしています。胸元のボタンをあけることで、男らしく見える効果があります。普段着こなしているTシャツとはまた違う1枚で大人の印象を演出してくれるメンズ向けのファッションアイテム、ヘンリーネックTシャツ。男らしい印象を与えてくれるアイテムミリタリーのアウターや、レザーブルゾン(革ジャン)やデニムブルゾン(Gジャン)に合います。ワイルド、男らしい、無骨、といったコーディネートを好む人にとりわけ似合うおしゃれなアイテムです。 ワインレッド、えんじ(エンジ・臙脂)色、ボルドー、マルーンといった色はほぼどれも同じ色で、早稲田カラーと呼ばれたりもする、赤を暗くしたような色です。ワインレッドだと赤と赤紫の間。ボルドーやマルーンだと赤と茶色の間といった印象があります。赤と青が合うように、赤を暗くした色であるワインレッドの場合は、青を暗くした色であるネイビー・紺色と合います。

Tシャツ&ハーパンの究極の春夏シンプルコーデ

Small
Abercrombie & Fitch ワインレッド ヘンリーネックTシャツ
コーディネートのポイント
Tシャツとハーフパンツを合わせた究極のシンプル&ラフスタイルです。ヘンリーネックやV、Uネックを選ぶと男らしくなります。丸首だと男らしさよりは、「無難・穏やか」な印象になります。無地のTシャツを使ったコーデは顔の濃い方やガタイがいい方向けです。そうではない方は、TシャツをボーダーやプリントTにすることでアクセントをつけるのが◎です!
色については、エンジ(ワインレッド)とネイビーは鉄板の色の組みあわせです。

夏のメンズコーディネートをもっと見る