ベージュのリネンシャツ(半端そで)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

半端そでのリネンシャツの説明です。夏の定番アイテムである半端そでのリネンシャツですが、半端そでのアイテムは半端丈のパンツと相性が悪いので注意しましょう。暑くて丈を短くしたい場合は思い切って短パンにしてしまいましょう。このルールに気をつければ素材はデニムでもチノパンでも問題ありません。 靴はスリッポン、デッキシューズなど、ぺったんこな靴と相性が良いです。暑い日はエスパドリーユ、サンダルなどと合わせるのも季節感のあるコーディネートになります。ベージュはモノトーン、とりわけ白・黒と合わせるのが一番色の相性は良いのですが、ネイビーと合わせても問題ありません。ぼやけた色であるため、明るすぎる白、あるいは暗すぎる黒といったようにはっきりした色と相性がいいのです。また、ベージュは茶色を薄くした色ですが、茶色が元を正せば赤系統の色なので、その赤と相性がいい青が暗くなった色であるネイビーとも相性がいいのかもしれません。

メッシュスリッポンの夏スタイル

Small
ナノ・ユニバース ベージュ リネンシャツ
コーディネートのポイント
メッシュのスリッポンはメッシュがある分通常のスリッポンよりも夏に特化したアイテム。合わせる際はパンツは短丈が相性が良い組み合わせです。トップスは夏らしくリネンシャツで合わせましょう。
ベージュとブラウンの組み合わせはアースカラーと呼ばれるもので、これらの色と白を合わせるとオシャレなカラーコーディネートになります。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

リネンシャツのハーフジーンズ合わせ

Small
ナノ・ユニバース ベージュ リネンシャツ
コーディネートのポイント
リネンシャツにハーフデニムパンツを合わせるスタイルです。リネンシャツは生地が薄く風通しがいいので、夏のアイテムとしてとくに重宝されます。このシャツの場合、パンツもフルレングスより短パンでコーディネートする方が合います。インナーは無地でシンプルに。靴はローファーやレザー・スウェードのスリッポンといったきれい目の夏靴で合わせています。
色については、今回は通常白や黒と合わせるベージュを白黒以外で合わせないパターンです。ベージュは茶色に近い色ですので、同じく茶色に近いエンジ(ワインレッド、ボルドー)とその茶色と合わせることで、暖色(赤系統色)の統一感が出ます。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

フルレングスパンツの夏の着こなし

Small
ナノ・ユニバース ベージュ リネンシャツ
コーディネートのポイント
トップスはリネンシャツでさわやかに、足元は夏らしくレザーやスウェードのスリッポン、およびローファーで合わせるとオシャレな着こなしになります。夏なのでフルレングスパンツでも足元は必ずまくりましょう。2ロールぐらいまくるといいでしょう。
色については、「茶色」、「焦げ茶」、「ベージュ」同士はアースカラーと呼ばれるオシャレな色の組み合わせで、これらと無彩色を合わせるとオシャレな色使いになります。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

リネンシャツのシンプルコーディネート

Small
ナノ・ユニバース ベージュ リネンシャツ
コーディネートのポイント
夏のリネンシャツの着こなし方で、コーディネートとしてはシンプルです。リネンシャツの生地自体はうすく、夏にきるアイテムとしてはハーフパンツとの相性がいいです。靴はローファーやレザー、スウェードのスリッポンなどで合わせて全体のコーディネートを引き締めます。インナーは無地で合わせます。
色については、「茶色」、「焦げ茶」、「ベージュ」同士はアースカラーと呼ばれるオシャレな色の組み合わせで、これらと無彩色を合わせるとオシャレな色使いになります。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

チェック柄のフルレングスのコーデ

Small
ナノ・ユニバース ベージュ リネンシャツ
コーディネートのポイント
トップスのリネンシャツは生地が薄く風通しがいいので、夏にとても重宝されるアイテムです。今回はチェックのパンツと合わせるので、インナーは無地で合わせましょう。 靴は夏らしいローファーやスウェードスリッポン、レザースリッポンで合わせるとオシャレな着こなしになります。夏のフルレングスパンツは足元をまくってスッキリさせた上で先ほどの靴と合わせましょう。
色については、ベージュを爽やかにグレ—と白で合わせた淡い色合いで統一感のあるカラーコーディネートです。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

リネンシャツとフルレングスストライプ合わせ

Small
ナノ・ユニバース ベージュ リネンシャツ
コーディネートのポイント
ストライプ柄のフルレングスはストライプという柄がある分、シンプルなリネンシャツと無地のインナーで合わせるとバランスが取れます。靴はレザーやスウェード素材のスリッポン、ローファーでまとめるととかっこよくスタイリッシュな着こなしになります。夏にフルレングスパンツを履く場合は、足元は2ロールほどまくって肌を露出させると夏らしさがでてさわやかになります。
色については、「茶色」、「焦げ茶」、「ベージュ」同士はアースカラーと呼ばれるオシャレな色の組み合わせで、これらと無彩色を合わせるとオシャレな色使いになります。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

リネンシャツとハーフジーンズの夏スタイル

Small
ナノ・ユニバース ベージュ リネンシャツ
コーディネートのポイント
リネンシャツとハーフジーンズを合わせた夏らしい着こなしです。リネンシャツは生地が薄く風通しのいい夏のアイテムですから、ボトムスも夏らしく短パンで合わせる方が似合いますし、あか抜けて見えます。インナーはプリントや柄の入ったものでカジュアルに合わせますが、靴は逆にレザーやスウェードのスリッポン、ローファーなどの上品な夏靴をはきましょう。
色については、今回は通常白や黒と合わせるベージュを白黒以外で合わせないパターンです。ベージュは茶色に近い色ですので、同じく茶色に近いエンジ(ワインレッド、ボルドー)とその茶色と合わせることで、暖色(赤系統色)の統一感が出ます。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

リネンシャツと総柄フルレングスのコーデ

Small
ナノ・ユニバース ベージュ リネンシャツ
コーディネートのポイント
リネンシャツと総柄フルレングスパンツのコーディネートのご紹介です。パンツが総柄な分、インナーは無地でシンプルに合わせていて、靴はローファーやレザー・スウェードのスリッポンで合わせると足元がしまってオシャレな着こなしになります。フルレングスは夏らしくロールアップして足元の肌を露出させましょう。2ロールくらいまくった方が男らしくてさわやかです。
ベージュとネイビーは相性がいい色の組み合わせです。カラーコーディネートとして、胸辺りからはじまり、外側に、下に向かっていくにつれて濃く、暗くなるように意識しています。その結果、インナーは白で始まり、アウターのベージュからグレーのパンツを通り最後は靴のネイビーに向かうといったように、だんだん色が濃く、暗くなっていきます。このように上から下にかけて色がグラデーションになると収まりがよくお洒落に見えます。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

リネンシャツとデニムパンツのコーデ

Small
ナノ・ユニバース ベージュ リネンシャツ
コーディネートのポイント
トップスは夏にぴったりなリネンシャツを着て、インナーはプリント・柄のTシャツでカジュアルに合わせます。パンツは今回フルレングスのデニムパンツをコーデしていますが、夏にフルレングスを履く場合は、すそを2ロールくらいまくって足元の肌を露出させましょう。靴は品のあるローファーやレザー・スウェード素材のスリッポンで合わせて大人らしくしあげています。
アウターのベージュとシューズの茶色は同じ茶色系の色同士で合う色です。また、ベージュは黒、白といった無彩色(モノトーン色)合わせるのが相性がいい色の組み合わせですので、インナーとパンツに黒とチャコールグレーを持ってきています。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

デニムのフルレングスとリネンシャツ合わせ

Small
ナノ・ユニバース ベージュ リネンシャツ
コーディネートのポイント
夏にジーンズをはく場合はフルレングスパンツでも足元は必ずまくりましょう。2ロールぐらいまくると、とてもさわやかです。靴はレザーやスウェードのスリッポンやローファーといったオシャレな夏の靴で合わせるのがスタイリッシュな着こなしです。トップスはリネンシャツで夏らしく、インナーは無地で合わせています。
ベージュは黒、グレー、白といった無彩色ととりわけ相性が良い色ですので、黒、および黒に近い暗いグレーであるチャコールグレーで合わせています。

夏のメンズコーディネートをもっと見る