水色のリネンシャツ(半そで)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

リネン(麻)のシャツです。生地が薄く、ざらっとしています。夏用です。リネンシャツはメンズのカジュアルシャツのなかでは素材も軽くて通気性・吸水性に優れています。シャツは柄シャツよりも単色のシャツの方がコーデしやすいです。インナーを着る場合は白かグレーの半そでTシャツかタンクトップがおすすめです。その際、リネン生地がうすくてインナーが透けないように注意してください。ボトムスはハーフパンツ、シューズはスリッポンやデッキシューズなどの夏靴をはくと夏らしくさわやかですずしい印象を出すことができます。水色はオレンジと相性がいい色です。白と合わせて爽やかにしつつ、オレンジと合わせると華やかにになります。あとは、同じ青系統の色と合わせるのもありですし、薄い青、ととらえると対照的に薄い赤であるピンクとも相性がいい色です。

無骨系シャツでつくる春夏のワイルドコーデ

Small
ivory court MEN'S 水色 リネンシャツ
コーディネートのポイント
シャツは基本的にきれいめなアイテムなのですが、ウエスタンシャツ&シワ加工のシャツは無骨で男らしいアイテムに該当します。そのため足元はワークブーツ、エンジニアブーツ、マウンテンブーツ等が無骨っぽくて相性抜群です。ボトムスはカーゴパンツやダメージの入ったデニムが同じく男らしいアイテムで合わせやすいですが、あえてチノパンを合わせてもいいでしょう!
色については水色と白の明るい色の組み合わせでとてもオシャレです。足元の色を黒にすることで全体のコーディネートが締まります。

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

メッシュスリッポンの夏スタイル

Small
ivory court MEN'S 水色 リネンシャツ
コーディネートのポイント
メッシュのスリッポンはメッシュがある分通常のスリッポンよりも夏に特化したアイテム。合わせる際はパンツは短丈が相性が良い組み合わせです。トップスは夏らしくリネンシャツで合わせましょう。
色については水色と白の組み合わせは夏にぴったりなさわやかなイメージになり、オシャレなカラーコーディネートになります。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

デニムのフルレングスとリネンシャツ合わせ

Small
ivory court MEN'S 水色 リネンシャツ
コーディネートのポイント
夏にジーンズをはく場合はフルレングスパンツでも足元は必ずまくりましょう。2ロールぐらいまくると、とてもさわやかです。靴はレザーやスウェードのスリッポンやローファーといったオシャレな夏の靴で合わせるのがスタイリッシュな着こなしです。トップスはリネンシャツで夏らしく、インナーは無地で合わせています。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色とその色に近い色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。水色とミントグリーンを引き立たせる効果があります。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

リネンシャツのクロップドジーンズ合わせ

Small
ivory court MEN'S 水色 リネンシャツ
コーディネートのポイント
リネンシャツにクロップド丈のデニムパンツ・ジーンズを合わせたコーディネートです。ひざ下〜足首より上の部分までのクロップド丈のジーンズとリネンシャツはどちらも夏のアイテムで相性が良く、夏らしさを印象づけます。靴は今回はローファーやレザー・スウェードのスリッポンといったきれい目な夏の靴で合わせています。
色については、水色とトーンを合わせてパンツは明るめの茶色であるベージュで合わせます。全体的に明るい、淡い色ばかりでぼやっとしないように、靴は濃いめの茶色かつベージュのパンツの延長上の色であるこげ茶で合わせます、(靴をパンツと同じ系統の色でより濃くするとオシャレに見えるという色のルールがあります)

夏のメンズコーディネートをもっと見る

リネンシャツのハーフジーンズ合わせ

Small
ivory court MEN'S 水色 リネンシャツ
コーディネートのポイント
リネンシャツにハーフデニムパンツを合わせるスタイルです。リネンシャツは生地が薄く風通しがいいので、夏のアイテムとしてとくに重宝されます。このシャツの場合、パンツもフルレングスより短パンでコーディネートする方が合います。インナーは無地でシンプルに。靴はローファーやレザー・スウェードのスリッポンといったきれい目の夏靴で合わせています。
色については、アウターの水色にパンツのネイビーと寒色である青系統の色あわせに、暖色である赤系統の色である茶色を合わせたオシャレなカラーコーディネートです。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

フルレングスパンツの夏の着こなし

Small
ivory court MEN'S 水色 リネンシャツ
コーディネートのポイント
トップスはリネンシャツでさわやかに、足元は夏らしくレザーやスウェードのスリッポン、およびローファーで合わせるとオシャレな着こなしになります。夏なのでフルレングスパンツでも足元は必ずまくりましょう。2ロールぐらいまくるといいでしょう。
色については、アウターの水色にパンツの青と寒色である青系統の色あわせに、暖色である赤系統の色である茶色を合わせたオシャレなカラーコーディネートです。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

リネンシャツとクロップドパンツの夏スタイル

Small
ivory court MEN'S 水色 リネンシャツ
コーディネートのポイント
リネンシャツは生地が薄く夏に向いているアイテムですので、パンツも肌を露出するパンツの方が合います。 クロップド丈という半端な長さのパンツの場合は、シャツのそで丈も半端な長さにしてしまうと上下半端な長さでおかしくなってしまいますので、このパンツを合わせる際はシャツは長袖か半袖どちらかにしましょう。シューズもローファーやレザー・スウェードスリッポンなどの夏らしくてオシャレな靴をはきましょう。
色については、水色とピンクは相性がいい色の組み合わせです。MARC JACOBS風の色使いです。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

リネンシャツのシンプルコーディネート

Small
ivory court MEN'S 水色 リネンシャツ
コーディネートのポイント
夏のリネンシャツの着こなし方で、コーディネートとしてはシンプルです。リネンシャツの生地自体はうすく、夏にきるアイテムとしてはハーフパンツとの相性がいいです。靴はローファーやレザー、スウェードのスリッポンなどで合わせて全体のコーディネートを引き締めます。インナーは無地で合わせます。
色については、水色とトーンを合わせてパンツは明るめの茶色であるベージュで合わせます。全体的に明るい、淡い色ばかりでぼやっとしないように、靴は濃いめの茶色かつベージュのパンツの延長上の色であるこげ茶で合わせます、(靴をパンツと同じ系統の色でより濃くするとオシャレに見えるという色のルールがあります)

夏のメンズコーディネートをもっと見る

リネンシャツとデニムパンツのコーデ

Small
ivory court MEN'S 水色 リネンシャツ
コーディネートのポイント
トップスは夏にぴったりなリネンシャツを着て、インナーはプリント・柄のTシャツでカジュアルに合わせます。パンツは今回フルレングスのデニムパンツをコーデしていますが、夏にフルレングスを履く場合は、すそを2ロールくらいまくって足元の肌を露出させましょう。靴は品のあるローファーやレザー・スウェード素材のスリッポンで合わせて大人らしくしあげています。
色については、水色とオレンジは相性抜群のオシャレな色の組み合わせです。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

クロップドデニムパンツのコーディネート

Small
ivory court MEN'S 水色 リネンシャツ
コーディネートのポイント
リネンシャツにクロップドジーンズを合わせた夏の着こなしです。今回はクロップド丈(七分丈)のジーンズで合わせています。リネンシャツに合わせるパンツはフルレングスよりは、丈も肌が露出する丈の方が似合います。今回はインナーはプリントTや柄のTシャツで合わせてカジュアルに、逆に靴はレザー・スウェード素材のスリッポンやローファーといった高級感のあるシューズをはいて、バランスをとっています。
色については、ブルー系の色でまとめた爽やかなカラーコーディネートです。

夏のメンズコーディネートをもっと見る