ビビッドピンクのリネンシャツ(半端そで)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

半端そでのリネンシャツの説明です。夏の定番アイテムである半端そでのリネンシャツですが、半端そでのアイテムは半端丈のパンツと相性が悪いので注意しましょう。暑くて丈を短くしたい場合は思い切って短パンにしてしまいましょう。このルールに気をつければ素材はデニムでもチノパンでも問題ありません。 靴はスリッポン、デッキシューズなど、ぺったんこな靴と相性が良いです。暑い日はエスパドリーユ、サンダルなどと合わせるのも季節感のあるコーディネートになります。メンズで鮮やかなビビッドピンクを使う人は「ファッション大好き」に見える効果があります。 理由としては、 1:色が男性よりも女性が好む色であること。 2:明るさも鮮やかさも高い色のため、一般的な日本人男性のマインドでは「目立つ・派手」と思い、使用することに抵抗がある色です。 このため、この色を使おうとする方は、その心理的抵抗を乗り越えてでも使いたいと思う、あるいはそこに心理的に抵抗を感じない方となり、こういった方はどんな色でも着ることができる方ですから、はたから見るとオシャレ・ファッションが好きな方に見えます。青やネイビーや紫、チャコールグレーと合わせるとオシャレです。

メッシュスリッポンの夏スタイル

Small
EDIFICE Casual ビビッドピンク リネンシャツ
コーディネートのポイント
メッシュのスリッポンはメッシュがある分通常のスリッポンよりも夏に特化したアイテム。合わせる際はパンツは短丈が相性が良い組み合わせです。トップスは夏らしくリネンシャツで合わせましょう。
ビビッドピンクが強烈なため、他の色は主張しない色で合わせてこのアウターを目立たせるのがいいでしょう。というわけで上下のトップスとシューズはモノトーンで合わせます。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

デニムのフルレングスとリネンシャツ合わせ

Small
EDIFICE Casual ビビッドピンク リネンシャツ
コーディネートのポイント
夏にジーンズをはく場合はフルレングスパンツでも足元は必ずまくりましょう。2ロールぐらいまくると、とてもさわやかです。靴はレザーやスウェードのスリッポンやローファーといったオシャレな夏の靴で合わせるのがスタイリッシュな着こなしです。トップスはリネンシャツで夏らしく、インナーは無地で合わせています。
色については、ピンクとグレ—は相性がいい色の組み合わせのため、そのピンクとグレ—の、それぞれより「濃い」色であるショッキングピンクとチャコールグレーも相性がいい色の組み合わせです。この2色の配色を引き立たせるために、他の色は無彩色で抑えます。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

リネンシャツのハーフジーンズ合わせ

Small
EDIFICE Casual ビビッドピンク リネンシャツ
コーディネートのポイント
リネンシャツにハーフデニムパンツを合わせるスタイルです。リネンシャツは生地が薄く風通しがいいので、夏のアイテムとしてとくに重宝されます。このシャツの場合、パンツもフルレングスより短パンでコーディネートする方が合います。インナーは無地でシンプルに。靴はローファーやレザー・スウェードのスリッポンといったきれい目の夏靴で合わせています。
色については、マークジェイコブスの色合わせを思わせる、暖色のピンクと寒色のネイビーの色合わせで、オシャレなカラーコーディネートです。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

リネンシャツのシンプルコーディネート

Small
EDIFICE Casual ビビッドピンク リネンシャツ
コーディネートのポイント
夏のリネンシャツの着こなし方で、コーディネートとしてはシンプルです。リネンシャツの生地自体はうすく、夏にきるアイテムとしてはハーフパンツとの相性がいいです。靴はローファーやレザー、スウェードのスリッポンなどで合わせて全体のコーディネートを引き締めます。インナーは無地で合わせます。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色が1色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。ショッキングピンクを引き立たせる効果があります。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

リネンシャツとデニムパンツのコーデ

Small
EDIFICE Casual ビビッドピンク リネンシャツ
コーディネートのポイント
トップスは夏にぴったりなリネンシャツを着て、インナーはプリント・柄のTシャツでカジュアルに合わせます。パンツは今回フルレングスのデニムパンツをコーデしていますが、夏にフルレングスを履く場合は、すそを2ロールくらいまくって足元の肌を露出させましょう。靴は品のあるローファーやレザー・スウェード素材のスリッポンで合わせて大人らしくしあげています。
色については、マークジェイコブスの色合わせを思わせる、暖色のピンクと寒色のネイビーの色合わせで、オシャレなカラーコーディネートです。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

リネンシャツとハーフジーンズの夏スタイル

Small
EDIFICE Casual ビビッドピンク リネンシャツ
コーディネートのポイント
リネンシャツとハーフジーンズを合わせた夏らしい着こなしです。リネンシャツは生地が薄く風通しのいい夏のアイテムですから、ボトムスも夏らしく短パンで合わせる方が似合いますし、あか抜けて見えます。インナーはプリントや柄の入ったものでカジュアルに合わせますが、靴は逆にレザーやスウェードのスリッポン、ローファーなどの上品な夏靴をはきましょう。
色については、マークジェイコブスの色合わせを思わせる、暖色のピンクと寒色のネイビーの色合わせで、オシャレなカラーコーディネートです。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

フルレングスとリネンシャツの着こなし

Small
EDIFICE Casual ビビッドピンク リネンシャツ
コーディネートのポイント
トップスのリネンシャツはシンプルで夏らしいアイテムですので、インナーはプリント・柄の入ったものでカジュアルに合わせています。足元は夏靴のなかでも品のあるローファーやスウェードスリッポン、レザースリッポンで合わせるとカッコイイ着こなしになります。夏なのでフルレングスパンツでも足元は必ずまくりましょう。2ロールぐらいまくるとすずしさが演出されて、いっそう夏らしくなります。
色については、ピンクとグレ—は相性がいい色の組み合わせのため、そのピンクとグレ—の、それぞれより「濃い」色であるショッキングピンクとチャコールグレーも相性がいい色の組み合わせです。この2色の配色を引き立たせるために、他の色は無彩色で抑えます。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

リネンシャツの夏らしいシンプルコーデ

Small
EDIFICE Casual ビビッドピンク リネンシャツ
コーディネートのポイント
リネンシャツのベーシックな夏のスタイルです。リネンシャツは薄手の生地のシャツで夏にぴったりのアイテムですから、夏らしく短パン(ハーフパンツ)が合います。シューズはローファーやレザースリッポン、スウェードスリッポンをはきましょう!さわやかさ、大人なイメージを足元から演出してくれます。インナーは今回はプリントや柄が入っているもので合わせています。
色については、ピンクとグレ—は相性がいい色の組み合わせのため、そのピンクとグレ—の、それぞれより「濃い」色であるショッキングピンクとチャコールグレーも相性がいい色の組み合わせです。この2色の配色を引き立たせるために、他の色は無彩色で抑えます。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

フルレングスのデニムパンツとリネンシャツ

Small
EDIFICE Casual ビビッドピンク リネンシャツ
コーディネートのポイント
夏にフルレングスのデニムパンツを履く場合は、すそを2ロールくらいまくって足元の肌を露出させて夏らしさを出しましょう。靴はサンダルやデッキシューズ、エスパドリーユやスリッポンといった夏の靴で合わせるのがカッコイイ着こなしです。トップスはリネンシャツでさわやかに、インナーは無地で合わせるのが鉄板かつ無難です。
色については、ピンクとグレ—は相性がいい色の組み合わせです。この2色の配色を引き立たせるために、他の色は無彩色で抑えます。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

フルレングスパンツの夏の着こなし

Small
EDIFICE Casual ビビッドピンク リネンシャツ
コーディネートのポイント
トップスはリネンシャツでさわやかに、足元は夏らしくレザーやスウェードのスリッポン、およびローファーで合わせるとオシャレな着こなしになります。夏なのでフルレングスパンツでも足元は必ずまくりましょう。2ロールぐらいまくるといいでしょう。
アウターのビビッドピンクとインナーのグレーは相性がいい色の組み合わせです。また、ビビッドピンクと濃い紫も相性がいい色の組み合わせですので、お洒落なカラーコーディネートといえます。アウターがこの色ですから、極めてファッションやお洒落が好きな人、という印象を与えるコーディネートです。

夏のメンズコーディネートをもっと見る