白のロングTシャツ(半端そで)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

ロングTシャツとは丈が長いTシャツで、普通のTシャツと違い丈が太ももの あたりまでかかる長さのTシャツです。夏にトップスを白のロングTシャツ1枚で細身の黒いジーンズなどと合わせて着ると、ミュージシャン風になります。 逆にロングTシャツの上に着る場合はMA-1を合わせてブルゾンの丈の短さとロンTの丈の長さで差が生じることにより、このはみ出すロンT部分がオシャレなポイントになります。 いずれにせよ、丈が長いトップスのため、基本的にはV字コーディネートを目指すことになります。白は爽やかさ、クリーンなイメージを与えます。また、暗い色を多く使いがちのメンズファッションで、ポイントで1箇所使うことで、カラーコーディネート全体が重くならず「抜け感」を与えることができます。

秋冬のロングTシャツスタイル

Small
kolor/BEACON 白 ロングTシャツ
コーディネートのポイント
ダブルのライダースとロングTシャツのコーディネート。ロングTシャツを寒い季節に着る場合は、アウターとしてブルゾンを羽織りましょう。ジャケット等に比べて丈が短いブルゾンと、丈が長いロングTを合わせることで、あえて丈の差を見せることがオシャレなポイントになります。 今回のダブルのライダースも服のカテゴリーとしてはブルゾンです。ライダースとパンツの丈感と合わせて、パンツはテーパードやスキニー、靴はワークブーツで合わせるのが王道です。ちなみにライダースの前は開けて着ましょう。
色については、モノトーン+暖色である赤系統の色のみという2つの色相で統一されているカラーコーディネートです。(茶色は赤系統の色です)

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

夏のロングTコーディネート

Small
kolor/BEACON 白 ロングTシャツ
コーディネートのポイント
暖かい時期のロングTシャツ1枚のコーディネートです。ロングTシャツは丈が長いため、パンツは細身か短パンがベター。どんなTシャツであれ、トップスTシャツ1枚はラフなコーディネートですから、靴は同じくラフにスニーカーで合わせましょう。
色についてはホワイト、レッド、ブルーの3色はフランスの国旗と同じ色の組み合わせでバランスのとれたカラーコーディネートですが、赤よりもワインレッドのようにくすんだ色の方がより大人っぽく見えます。

夏のメンズコーディネートをもっと見る