ベージュのミリタリーシャツ(長そで, 無地)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

肩にエポレット・肩章といった、ボタン止めがついていたり、軍隊のマークのワッペンがついていたりする、ミリタリーテイストのシャツです。主にオリーブ・カーキ・黒いものが多いです。ミリタリーファッションにあまり興味がなかった人にとっても、この系統のシャツは男らしく、カジュアルに着こなすことができるアイテムですので、おすすめです。コーディネートはボトムスをスキニーなどで合わせると外国人のモデルのようなおしゃれな着こなしができます。ベージュはモノトーン、とりわけ白・黒と合わせるのが一番色の相性は良いのですが、ネイビーと合わせても問題ありません。ぼやけた色であるため、明るすぎる白、あるいは暗すぎる黒といったようにはっきりした色と相性がいいのです。また、ベージュは茶色を薄くした色ですが、茶色が元を正せば赤系統の色なので、その赤と相性がいい青が暗くなった色であるネイビーとも相性がいいのかもしれません。

長袖ミリタリーシャツのカジュアルスタイル

Small
メンズビギ ベージュ ミリタリーシャツ
コーディネートのポイント
ミリタリーシャツはミリタリーアイテム=無骨系、男らしいアイテムのため、インナーには同じく男らしく胸元が空いた無地のUネックかVネックのTシャツかヘンリーネック、あるいはタンクトップを合わせます。今回は、トップスの無骨さでそのまま押し切らず、パンツはチノパン、靴はスニーカーとカジュアルに合わせた、無骨さとカジュアルさがミックスされた、無骨すぎないテイストのスタイルです。
色については、ベージュを爽やかにグレ—と白で合わせた淡い色合いで統一感のあるカラーコーディネートです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

長そでミリタリーシャツの無骨スタイル

Small
メンズビギ ベージュ ミリタリーシャツ
コーディネートのポイント
ミリタリーシャツはその名の通りミリタリー=無骨のアイテムですから、インナーも無骨に無地で胸元が空いたUネックやVネックのTシャツ、あるいはリブ(伸縮するスジ)付きのタンクトップやヘンリーネックで合わせます。パンツはチノパンかデニムで合わせ、靴はトップスの属性を引き継ぎ無骨なブーツで合わせます。パンツはカーゴパンツでもいいのですが、ミリタリーシャツにポケットが3個以上ついている場合はポケットだらけになってしまうのでよくないのと、また服の上下が一緒になってしまう場合はもちろんカーゴパンツは避けましょう。
色については、ベージュを爽やかにグレ—と白で合わせた淡い色合いで統一感のあるカラーコーディネートです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

夏の無骨コーディネート

Small
メンズビギ ベージュ ミリタリーシャツ
コーディネートのポイント
夏の無骨系、男くさい系スタイルです。シワ加工シャツ、ミリタリーシャツはどちらも「シワ加工」「ミリタリー」が無骨な要素のため、これと合わせてインナーはタンクトップやヘンリーネック、あるいは、UネックやVネックのTシャツと合わせます。パンツをハーフのデニムやチノパンに、靴をデッキシューズで合わせます。
色については、ベージュはモノトーン色(白、黒、グレー)と合わせるのが1番オシャレになる色あわせですから、これらをうまく組み合わせています。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

タンクトップとハーフカーゴの男らしいスタイル

Small
メンズビギ ベージュ ミリタリーシャツ
コーディネートのポイント
カーゴパンツは男らしいアイテムのためタンクトップやミリタリー要素は相性が良くいっぽうでハーフ(短丈)の要素は少年ぽさがあるためスニーカーと相性が良いです。したがってハーフパンツを履くような時期で男らしく行く時は、このように合わせるといいでしょう。
色については、「茶色」、「焦げ茶」、「ベージュ」同士はアースカラーと呼ばれるオシャレな色の組み合わせで、これらと無彩色を合わせるとオシャレな色使いになります。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

ミリタリーシャツにジーンズの無骨スタイル

Small
メンズビギ ベージュ ミリタリーシャツ
コーディネートのポイント
ミリタリーシャツにジーンズを合わせる男らしいコーディネートです。ミリタリーシャツもジーンズもどちらも無骨なアイテムですから、この2つは相性がよく、その無骨、男臭いアイテムつながりで靴もブーツにして男臭さを一層強くします。インナーはVネックやUネックTなどの胸元が空いたTシャツの方が男らしいので、これらおよびタンクトップ、そして無骨なTシャツであるヘンリーネックTシャツであればどれを合わせても構いません。
ベージュはぼやけた色なので、白か黒かその両方という、ハッキリした無彩色と合わせるのが1番格好いい色の組み合わせです。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

無骨さと柔らかさのミックスコーディネート

Small
メンズビギ ベージュ ミリタリーシャツ
コーディネートのポイント
ミリタリーシャツにスウェットパンツを合わせるコーディネートです。ミリタリーシャツの男臭い雰囲気に、リラックス感のあるスウェットパンツを合わせて、男らしさと接しやすい雰囲気を併せ持つコーディネートです。パンツが緩いスウェットのため、ボリューム的にも硬さ的にも引き締める意味合いと、トップスのミリタリーの男らしさと合わせて靴はブーツで合わせます。 インナーはミリタリーシャツに合わせて、男らしいTシャツであるVネック、Uネック、ヘンリーネックおよびタンクトップなどで合わせます。
色については、ベージュを爽やかにグレ—と白で合わせた淡い色合いで統一感のあるカラーコーディネートです。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

ミリタリーシャツをインナーに着るスタイル

Small
メンズビギ ベージュ ミリタリーシャツ
コーディネートのポイント
ミリタリーシャツはミリタリー=「軍モノ」ということで、無骨なアイテム。同じく無骨、ワイルド属性のあるアメカジアイテムであるボアのジャケットやブルゾンといったボアアウターであれば、インナー使いでも相性よく合わせることができます。パンツはジーンズ、シューズはワークブーツで全体的に無骨目に合わせます。
色については、「茶色」、「焦げ茶」、「ベージュ」同士はアースカラーと呼ばれるオシャレな色の組み合わせで、これらと無彩色を合わせるとオシャレな色使いになります。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ミリタリーシャツのダウン合わせ

Small
メンズビギ ベージュ ミリタリーシャツ
コーディネートのポイント
ミリタリーシャツをインナーに着る場合、ミリタリーシャツに合わせて全体的に無骨めなコーディネートにしたいところ。アウターは無骨なアイテムではないですが、無属性のダウンジャケットであれば、合わせても問題ありません。パンツはチノパン、シューズはワークブーツで合わせましょう。
色については、「茶色」、「焦げ茶」、「ベージュ」同士はアースカラーと呼ばれるオシャレな色の組み合わせで、これらと無彩色を合わせるとオシャレな色使いになります。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

男らしいオラオラ系軍モノコーディネート

Small
メンズビギ ベージュ ミリタリーシャツ
コーディネートのポイント
ミリタリーシャツにカーゴパンツを合わせる「ザ・無骨」なコーディネートです。ミリタリーシャツもカーゴパンツもどちらも無骨、男臭いアイテムですから、この2つは相性がよく、その無骨、男臭いアイテムつながりで靴もブーツにして男臭さを一層強くします。インナーはVネックやUネックTなどの胸元が空いたTシャツの方が男らしいので、これらおよびタンクトップ、そして無骨なTシャツであるヘンリーネックTシャツであればどれを合わせても構いません。
アウターのベージュとシューズの茶色は同じ茶色系の色同士で合う色です。また、ベージュは黒、白といった無彩色(モノトーン色)合わせるのが相性がいい色の組み合わせですので、インナーとパンツに黒とチャコールグレーを持ってきています。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

ミリタリーシャツの定番コーディネート

Small
メンズビギ ベージュ ミリタリーシャツ
コーディネートのポイント
ミリタリーシャツのスタンダードなコーディネートです。ミリタリーシャツはその名の通りミリタリー=軍隊=無骨、男らしい属性のアイテムですから男臭いアイテムつながりで靴もブーツにして男臭さを一層強くします。インナーはVネックやUネックTなどの胸元が空いたTシャツの方が男らしいので、これらおよびタンクトップ、そして無骨なTシャツであるヘンリーネックTシャツであればどれを合わせても構いません。
アウターのベージュとシューズの茶色は同じ茶色系の色同士で合う色です。また、ベージュは黒、白といった無彩色(モノトーン色)合わせるのが相性がいい色の組み合わせですので、インナーとパンツに黒とチャコールグレーを持ってきています。

夏のメンズコーディネートをもっと見る