鮮やかな水色のポロシャツ(半そで, 総柄)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

ポロシャツは襟がついていて上品な着こなしができるメンズアイテムです。メンズの着こなしにおいて、ポロシャツは合わせ方次第で、カジュアルにもフォーマルにも着こなしが出来る万能アイテムですので、色々なパンツや靴とコーディネートしましょう。40代を越えてくると上にアウターを羽織っても似合う雰囲気になります。ポロシャツのブランドとして有名なのはラルフローレンです。少し値段も張りますが、コーディネートの際には高級感も増して大人っぽくおしゃれな着こなしができます。水色に比べてより鮮やかなので、水色に対してピンクが相性が良かったように、ビビットピンクと合います。もちろん水色のため、オレンジとも相性がいい色です。

総柄ポロシャツのコーディネート

Small
BARNEYS NEW YORK 鮮やかな水色 ポロシャツ
コーディネートのポイント
ポロシャツはシンプルな柄が多いため、総柄のポロシャツはそれだけでオシャレ要素の強いアイテムになります。ただ、もちろん柄のアイテムですから、上下が柄はNGです(見た目が柄だらけでごちゃごちゃになってしまうため)。 したがって、パンツは無地で合わせましょう。特にハーフパンツと合わせるとよりオシャレです。
色については白が水色と相性がよく、さわやかで明るい印象になります。

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

柄のポロシャツの短パン以外のスタイル

Small
BARNEYS NEW YORK 鮮やかな水色 ポロシャツ
コーディネートのポイント
ポロシャツには短パンが相性がいいパンツですが、短パンには抵抗がある方向けのスタイル説明です。今回はポロシャツが柄がある場合ですが、この場合上下柄にならないように、パンツは無地で合わせます。靴はスニーカーでカジュアルに合わせましょう。
色については白とチャコールグレーによりモノトーンができあがり、カラーコーディネート的にバランスのとれた組み合わせになります。そこに差し色として水色を入れることによって、よりカラーバランスが整ったコーディネートになります。

夏のメンズコーディネートをもっと見る