グレーのショールカラーセーターのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

ショールカラーセーターは首回りがショールカラーになっているニット(セーター)です。セーターとしてインナーに着ることはもちろん、男性が1番外側に着ることも多いアイテムです。ショールカラーセーターのファッションは、えりもとがショールカラーのため品が良く紳士的に見え、そしてニットの暖かみ・優しさが伝わるメンズアイテムです。コーディネートとしては、トップスがニットの分、パンツは固めのデニムや綿パンで合わせ、靴はワークブーツで男らしく合わせると、ニットの優しい雰囲気とブーツの男らしさがちょうどいいバランスです。グレーは「無彩色・モノトーン」と呼ばれる、黒・白・グレーのうちの1色で、いわゆる「コーディネートは3色以内に抑える」といった表現がされる時の1色に入れなくてもいい色の1つです。明るさによって、暗ければ大人っぽくなり、明るければ少しかわいい要素にもなりえます。紫・ピンクと相性がいい色です。

秋冬の休日のオシャレなパパ

Small
BARNEYS NEW YORK グレー ショールカラーセーター
コーディネートのポイント
ニットの暖かみ・優しさと、ショールカラーの品の良さを兼ね備えたアイテムであるショールカラーセーターのコーディネートです。トップスがニットの分、パンツは固めのデニムや綿パンで合わせ、靴はパンツのカジュアルさに合わせてスニーカーで合わせたるのが今回のスタイルです。秋冬の簡単なラフでオシャレなコーディネートです。イメージとしては、「秋冬の休日のオシャレなパパ」といったスタイルです。
色については、モノトーンのトップスとパンツの組み合わせに対して、赤い靴がさし色として引き立つオシャレな色合わせです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ショールカラーセーターの男らしいスタイル

Small
BARNEYS NEW YORK グレー ショールカラーセーター
コーディネートのポイント
ショールカラーセーターは、シンプルでありながら、えりもとがショールカラーのため品が良く紳士的に見え、そしてニットの暖かみ・優しさが伝わるいいこと尽くめのアイテムです。コーディネートとしては、トップスがニットの分、パンツは固めのデニムや綿パンで合わせ、靴はワークブーツで男らしく合わせると、ニットの優しい雰囲気とブーツの男らしさがちょうどいいバランスでミックスされます。
色については、ネイビーのパンツとエンジ(ワインレッド)の靴はオシャレな色の組み合わせです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ショールカラーセーターとコーデュロイパンツ

Small
BARNEYS NEW YORK グレー ショールカラーセーター
コーディネートのポイント
最近流行のショールカラーセーターのコーディネートです。ニットの暖かみ・優しさと、ショールカラーの品の良さを兼ね備えたショールカラーセーターに対して、季節感を合わせてパンツにはコーデュロイパンツを持ってきました。靴はトップス、パンツの品の良さと合わせて短靴やチャッカブーツで品良くまとめました。
色については、青のパンツと茶色の靴は相性のいい色の組み合わせ方です。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ダウンベスト+ショールカラーセーター合わせ

Small
BARNEYS NEW YORK グレー ショールカラーセーター
コーディネートのポイント
ショールカラーセーターの上にダウンベストを羽織る、最近のスタイルです。ショールカラーセーター1枚よりも暖かくなるのはもちろん、ダウンベストのつるっとした表面とニットの柔らかい素材感が違うように、固い素材と柔らかい素材でバランスを取るのはコーディネートのテクニックの1つでもあります。
無彩色(黒、白、グレー)+赤の組み合わせです。赤と黒はオシャレな色使いです。インナーは白だとより元気がいいイメージを与え、このようにグレ—だと白よりは多少落ち着いた雰囲気に見えます。インナーの方がパンツより明るい色の方が収まりがいいコーディネートになります。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る