黒・ブラックのシャツ(ペイズリー, 長そで)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

シャツだけではピンと来ない方は、「えりがついているシャツ」・「ワイシャツ」のことだと思ってください。メンズのファッションにおいて王道のこの服は秋冬ジャケットを羽織ったり、夏には白シャツとインナーを合わせて上品でさわやかな印象を与えます。柄もチェックやストライプなど幅広く、コーデも色々組み合わせることが出来ます。例えばあったかい時期はカジュアルに着崩すとよりお洒落に見えますし、デニムや綿のハーフパンツを持ってくれば、リラックスな着こなしになります。シャツのメンズの着こなし方は必ず押さえましょう。黒はモノトーン白やグレーと同じく無彩色という、種類の色です。よく「コーディネートは3色以内に抑える」といった際に、3色にカウントしなくても問題ありません。アイテムによって、与える印象が「モードさ」・「無骨さ」・「無難さ」とバラバラな特徴を持つことも面白い特徴の1つです。基本的にどんな色とでも合わせることができます。

柄シャツを使った春夏コーデ!

Small
REMI RELIEF 黒・ブラック シャツ
コーディネートのポイント
ストライプやチェックなどの柄シャツを一枚で着こなす場合のコーディネートです。柄シャツの場合、ボトムスは無地が鉄則です!春夏なのでハーフパンツを合わせ、足元はスリッポン、デッキシューズ、エスパドリーユ、ローカットスニーカーなどであくまでシャツのきっちり感を着崩すようにしましょう。
色についてはブルーが差し色となり、コーディネートを鮮やかにしてくれます。オシャレ好き、ファッション好きな人は、パンツに明るい色をもってくる傾向があります。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

シャツをハーフデニムでカジュアル!

Small
REMI RELIEF 黒・ブラック シャツ
コーディネートのポイント
基本的にきっちりとした印象のあるシャツは、春夏はほどよくカジュアルに着崩すとよりお洒落に見えます!ボトムスにデニムのハーフパンツを持ってくれば、きっちりし過ぎて暑苦しく見えることもないでしょう。デニムを合わせる場合、足元はやはりスニーカー。デッキシューズを合わせても春夏っぽくキマります。
色については、ブラックとホワイトによりモノトーンができあがり、モノトーンだけで合わせず有彩色であるネイビーを入れたカラーコーディネートです。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

柄シャツを使った春夏コーデ!

Small
REMI RELIEF 黒・ブラック シャツ
コーディネートのポイント
柄物シャツを前開きで着る場合、インナーは無地が鉄則です。タンクトップやUネック、Vネックを合わせるとちょっと男らしい印象もプラスすることが出来ます。春夏向けのコーデなので、ボトムスはクロップドもしくはハーフパンツをチョイス。足元はサンダルやスリッポン、デッキシューズなどを履いて抜け感を演出しましょう!カジュアルなスニーカーでも可です。
色については、黒と白とベージュの3色は鉄板のオシャレな色の組み合わせ方です。

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

チェスターコートを使ったコーデ

Small
REMI RELIEF 黒・ブラック シャツ
コーディネートのポイント
チェスターコートやテーラードコートのように丈の長いアウターを着る時は、パンツは普通の形のロングパンツでもいいのですが、スキニーかテーパードなどの細いパンツで合わせるとよりバランスがいいコーディネートになります。テーラード仕立てのコートは気品高い印象を与えるアイテムなので、パンツはチノでシューズは短靴やローファーなどの品の良いアイテム合わせにすると、失敗なく無難に着こなせます!
色については、ネイビーのパンツと茶色の靴は鉄板の色の組み合わせです。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

スウェットのシャツレイヤードスタイル

Small
REMI RELIEF 黒・ブラック シャツ
コーディネートのポイント
スウェット(トレーナー)は、1枚で着こなすのは至難の業です。ご存知の通り、スウェットをアウターとして1番外側に着る場合、それだけでトップスの要素になってしまいます。ですので、顔が濃いめの人でないと、全体的に簡素すぎる外見になるため、顔が濃い方以外が着られる場合は、なかにシャツを合わせることで、トップスに奥行き感を出し、顔が濃くない人でもスタイルとして、合いやすくなります。そしてこのテクニックをする時点で、「ファッション好き」の人に見られるスタイルです。下半身はカジュアルにデニムとスニーカーで合わせます。
色については、ネイビーのパンツと茶色の靴は鉄板の色の組み合わせです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

ブルゾンを大人っぽくキレイ目に着るスタイル

Small
REMI RELIEF 黒・ブラック シャツ
コーディネートのポイント
ブルゾンの中にシャツを着る、ブルゾンを使いつつもキレイ目に見せるコーディネートです。そもそもテイストとしてキレイ目が好きだけど、ブルゾンを使いたい、そんな時の合わせ方です。パンツをコーデュロイパンツや綿パンにすることで、大人っぽく見せる効果があります。
色については、ネイビーのパンツと茶色の靴は鉄板の色の組み合わせです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ブルゾンとシャツのコーディネート

Small
REMI RELIEF 黒・ブラック シャツ
コーディネートのポイント
トップスはブルゾン、靴はスニーカーやブーツとカジュアルに合わせつつ、中にシャツをインすることで、少しだけキレイ目な印象を持たせる効果があります。カジュアルさとキレイ目のハーフ&ハーフなコーディネートです。
色については、ネイビーのパンツと茶色の靴は鉄板の色の組み合わせです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

スウェットのレイヤードスタイル

Small
REMI RELIEF 黒・ブラック シャツ
コーディネートのポイント
スウェット(トレーナー)は、1枚で着こなすのは至難の業です。ご存知の通り、スウェットをアウターとして1番外側に着る場合、それだけでトップスの要素になってしまいます。ですので、顔が濃いめの人でないと、全体的に簡素すぎる外見になるため、顔が濃い方以外が着られる場合は、なかにシャツを合わせることで、トップスに奥行き感を出し、顔が濃くない人でもスタイルとして、合いやすくなります。そしてこのテクニックをする時点で、「ファッション好き」「服にこだわりがある人」っぽく見られるスタイルです。
色については、ネイビーのパンツと茶色の靴は鉄板の色の組み合わせです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

柄シャツスウェットパンツのこなれコーデ

Small
REMI RELIEF 黒・ブラック シャツ
コーディネートのポイント
柄シャツとスウェットパンツの洒落た男スタイル。 柄シャツには無地を合わせるのた鉄板ですので、無地のカットソーを合わせつつ、胸元が空いているものにして多少男らしく。パンツは最近流行の半端丈スウェットパンツで足元に少し肌を見せてリラックスした雰囲気に。靴はその雰囲気に合わせてスリッポンやローカットスニーカーで合わせ、暖かい季節の余裕がある男の出来上がりです。
色については、無彩色であるブラック、グレーに、1色だけ有彩色であるエンジ(ワインレッド、ボルドー)を合わせたオシャレな色の合わせ方です。

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

メッシュスリッポンのシャツスタイル

Small
REMI RELIEF 黒・ブラック シャツ
コーディネートのポイント
メッシュのスリッポンはメッシュがある分通常のスリッポンよりも夏に特化したアイテム。合わせる際はパンツは短丈が相性が良い組み合わせです。トップスにはシャツを合わせますが、少しでも柄が入っているシャツであれば、パンツは無地で合わせましょう。
色については、カーキとチャコールグレーというくすんだ色同士を合わせていてバランスのとれたカラーコーディネートです。

夏のメンズコーディネートをもっと見る