白のシャツのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

シャツだけではピンと来ない方は、「えりがついているシャツ」・「ワイシャツ」のことだと思ってください。メンズのファッションにおいて王道のこの服は秋冬ジャケットを羽織ったり、夏には白シャツとインナーを合わせて上品でさわやかな印象を与えます。柄もチェックやストライプなど幅広く、コーデも色々組み合わせることが出来ます。例えばあったかい時期はカジュアルに着崩すとよりお洒落に見えますし、デニムや綿のハーフパンツを持ってくれば、リラックスな着こなしになります。シャツのメンズの着こなし方は必ず押さえましょう。白は爽やかさ、クリーンなイメージを与えます。また、暗い色を多く使いがちのメンズファッションで、ポイントで1箇所使うことで、カラーコーディネート全体が重くならず「抜け感」を与えることができます。

白のシャツ(無地, 長そで)のメンズコーディネート・着こなし

Small
MICHEL KLEIN HOMME 白 シャツ
コーディネートのポイント
基本的にきっちりとした印象のあるシャツは、春夏はほどよくカジュアルに着崩すとよりお洒落に見えます!ボトムスにデニムのハーフパンツを持ってくれば、きっちりし過ぎて暑苦しく見えることもないでしょう。デニムを合わせる場合、足元はやはりスニーカー。デッキシューズを合わせても春夏っぽくキマります。
色については白、青、赤の3色がバランスのとれたカラーコーディネートを作っています。ここで、パンツは青よりネイビーの方が多少暗めである分大人っぽくなります。

白のシャツ(無地, 長そで)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

白のシャツ(ストライプ, 半そで)のメンズコーディネート・着こなし

Small
JOURNAL STANDARD MEN'S 白 シャツ
コーディネートのポイント
ストライプやチェックなどの柄シャツを一枚で着こなす場合のコーディネートです。柄シャツの場合、ボトムスは無地が鉄則です!春夏なのでハーフパンツを合わせ、足元はスリッポン、デッキシューズ、エスパドリーユ、ローカットスニーカーなどであくまでシャツのきっちり感を着崩すようにしましょう。
色については、茶色、焦げ茶、ベージュはアースカラーと呼ばれるおしゃれな色の組み合わせで、これらの色と白を合わせるとオシャレなカラーコーディネートになります。

白のシャツ(ストライプ, 半そで)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

白のシャツ(無地, 半そで)のメンズコーディネート・着こなし

Small
ミスター・ジェントルマン 白 シャツ
コーディネートのポイント
基本的にきっちりとした印象のあるシャツは、春夏はほどよくカジュアルに着崩すとよりお洒落に見えます!ボトムスにデニムのハーフパンツを持ってくれば、きっちりし過ぎて暑苦しく見えることもないでしょう。デニムを合わせる場合、足元はやはりスニーカー。デッキシューズを合わせても春夏っぽくキマります。
色についてはホワイト、レッド、ブルー(ネイビー)の3色がバランスのとれたカラーコーディネートを作っています。パンツが赤という明るい色なのでオシャレ好き、ファッション好きな印象が強まります。

白のシャツ(無地, 半そで)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

白のシャツ(ドット(水玉), 長そで)のメンズコーディネート・着こなし

Small
coen men 白 シャツ
コーディネートのポイント
基本的にきっちりとした印象のあるシャツは、春夏はほどよくカジュアルに着崩すとよりお洒落に見えます!ボトムスにデニムのハーフパンツを持ってくれば、きっちりし過ぎて暑苦しく見えることもないでしょう。デニムを合わせる場合、足元はやはりスニーカー。デッキシューズを合わせても春夏っぽくキマります。
色についてはホワイト、レッド、ブルーの3色はフランスの国旗と同じ色の組み合わせでバランスのとれたカラーコーディネートですが、赤よりもワインレッドのようにくすんだ色の方がより大人っぽく見えます。

白のシャツ(ドット(水玉), 長そで)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

白のシャツ(ストライプ, 半端そで)のメンズコーディネート・着こなし

Small
ジャーナルスタンダード レリューム 白 シャツ
コーディネートのポイント
ストライプやチェックなどの柄シャツを一枚で着こなす場合のコーディネートです。柄シャツの場合、ボトムスは無地が鉄則です!春夏なのでハーフパンツを合わせ、足元はスリッポン、デッキシューズ、エスパドリーユ、ローカットスニーカーなどであくまでシャツのきっちり感を着崩すようにしましょう。
色ですが、うぐいす色は中途半端な色のため、白や黒などハッキリした色と合わせるとカラーコーディネートのバランスが良くなります。

白のシャツ(ストライプ, 半端そで)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

白のシャツ(ストライプ, 長そで)のメンズコーディネート・着こなし

Small
Numero Uno 白 シャツ
コーディネートのポイント
ストライプやチェックなどの柄シャツを一枚で着こなす場合のコーディネートです。柄シャツの場合、ボトムスは無地が鉄則です!春夏なのでハーフパンツを合わせ、足元はスリッポン、デッキシューズ、エスパドリーユ、ローカットスニーカーなどであくまでシャツのきっちり感を着崩すようにしましょう。
色についてはブルーグリーンと白は相性のいい組み合わせになります。マリンブルーも発色のいいカラーですので、ホワイトのアウターにマリンブルーのシューズを合わせると、さわやかでオシャレなスタイルになります。

白のシャツ(ストライプ, 長そで)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

白のシャツ(ギンガム(ブロック)チェック, 半端そで)のメンズコーディネート・着こなし

Small
エムケーオム 白 シャツ
コーディネートのポイント
ストライプやチェックなどの柄シャツを一枚で着こなす場合のコーディネートです。柄シャツの場合、ボトムスは無地が鉄則です!春夏なのでハーフパンツを合わせ、足元はスリッポン、デッキシューズ、エスパドリーユ、ローカットスニーカーなどであくまでシャツのきっちり感を着崩すようにしましょう。
色については、青と紺の組み合わせは類系色でお互いに調和し合うので相性がいいです。色のバランスから、白のアウターが目立ちます。

白のシャツ(ギンガム(ブロック)チェック, 半端そで)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

白のシャツ(ギンガム(ブロック)チェック, 長そで)のメンズコーディネート・着こなし

Small
イッカ 白 シャツ
コーディネートのポイント
ストライプやチェックなどの柄シャツを一枚で着こなす場合のコーディネートです。柄シャツの場合、ボトムスは無地が鉄則です!春夏なのでハーフパンツを合わせ、足元はスリッポン、デッキシューズ、エスパドリーユ、ローカットスニーカーなどであくまでシャツのきっちり感を着崩すようにしましょう。
色については、ブルーとホワイトは相性が良い色の組み合わせであり、ブルーと茶色も相性が良い色の組み合わせのため、全体的にバランスのとれたカラーコーディネートになります。

白のシャツ(ギンガム(ブロック)チェック, 長そで)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

白のシャツ(半端そで)のメンズコーディネート・着こなし

Small
ユニオンステーション 白 シャツ
コーディネートのポイント
基本的にきっちりとした印象のあるシャツは、春夏はほどよくカジュアルに着崩すとよりお洒落に見えます!ボトムスにデニムのハーフパンツを持ってくれば、きっちりし過ぎて暑苦しく見えることもないでしょう。デニムを合わせる場合、足元はやはりスニーカー。デッキシューズを合わせても春夏っぽくキマります。
色については白、青、赤の3色はフランスの国旗を思わせる相性がいいオシャレな色のコーディネートです。また、赤部分はシューズのため、コーディネート上は下の方のアイテムは暗い方がオシャレなため、赤よりも少し暗めのワインレッドで合わせるのはオシャレなテクニックです。

白のシャツ(半端そで)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

白のシャツ(長そで)のメンズコーディネート・着こなし

Small
Dickies 白 シャツ
コーディネートのポイント
基本的にきっちりとした印象のあるシャツは、春夏はほどよくカジュアルに着崩すとよりお洒落に見えます!ボトムスにデニムのハーフパンツを持ってくれば、きっちりし過ぎて暑苦しく見えることもないでしょう。デニムを合わせる場合、足元はやはりスニーカー。デッキシューズを合わせても春夏っぽくキマります。
色についてはホワイトとブルーの組み合わせは相性が良いオシャレな色の組み合わせです。また、青(ブルー)と茶色もオシャレなカラーコーディネートですから、全体的にバランスのとれたオシャレなカラーコーディネートといえます。

白のシャツ(長そで)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

白のシャツ(タータンチェック, 長そで)のメンズコーディネート・着こなし

Small
グリーンレーベルリラクシング 白 シャツ
コーディネートのポイント
基本的にきっちりとした印象のあるシャツは、春夏はほどよくカジュアルに着崩すとよりお洒落に見えます!ボトムスにデニムのハーフパンツを持ってくれば、きっちりし過ぎて暑苦しく見えることもないでしょう。デニムを合わせる場合、足元はやはりスニーカー。デッキシューズを合わせても春夏っぽくキマります。
色については、黒と白のみのモノトーンになります。モノトーンは大人っぽい印象をつくることができます。

白のシャツ(タータンチェック, 長そで)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

白のシャツ(ペイズリー, 長そで)のメンズコーディネート・着こなし

Small
coen men 白 シャツ
コーディネートのポイント
ストライプやチェックなどの柄シャツを一枚で着こなす場合のコーディネートです。柄シャツの場合、ボトムスは無地が鉄則です!春夏なのでハーフパンツを合わせ、足元はスリッポン、デッキシューズ、エスパドリーユ、ローカットスニーカーなどであくまでシャツのきっちり感を着崩すようにしましょう。
色については白が水色と相性がよく、さわやかで明るい印象になります。

白のシャツ(ペイズリー, 長そで)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

白のシャツ(総柄, 長そで)のメンズコーディネート・着こなし

Small
タケオキクチ 白 シャツ
コーディネートのポイント
ストライプやチェックなどの柄シャツを一枚で着こなす場合のコーディネートです。柄シャツの場合、ボトムスは無地が鉄則です!春夏なのでハーフパンツを合わせ、足元はスリッポン、デッキシューズ、エスパドリーユ、ローカットスニーカーなどであくまでシャツのきっちり感を着崩すようにしましょう。
色については、「赤系統色+白」だけで統一されたオシャレなカラーコーディネートです。

白のシャツ(総柄, 長そで)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

白のシャツ(総柄, 半端そで)のメンズコーディネート・着こなし

Small
TAKEO KIKUCHI 白 シャツ
コーディネートのポイント
ストライプやチェックなどの柄シャツを一枚で着こなす場合のコーディネートです。柄シャツの場合、ボトムスは無地が鉄則です!春夏なのでハーフパンツを合わせ、足元はスリッポン、デッキシューズ、エスパドリーユ、ローカットスニーカーなどであくまでシャツのきっちり感を着崩すようにしましょう。
色については白と明るい青などの明度が高い色に黒を追加することで、全体的にバランスのとれたカラーコーディネートになります。

白のシャツ(総柄, 半端そで)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

白のシャツ(タータンチェック, 半端そで)のメンズコーディネート・着こなし

Small
ゼロバイトルネードマート 白 シャツ
コーディネートのポイント
基本的にきっちりとした印象のあるシャツは、春夏はほどよくカジュアルに着崩すとよりお洒落に見えます!ボトムスにデニムのハーフパンツを持ってくれば、きっちりし過ぎて暑苦しく見えることもないでしょう。デニムを合わせる場合、足元はやはりスニーカー。デッキシューズを合わせても春夏っぽくキマります。
色については、真っ赤なパンツが映え、「自信がある男」に見えるカラーコーディネートです。

白のシャツ(タータンチェック, 半端そで)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

白のシャツ(タータンチェック, 半そで)のメンズコーディネート・着こなし

Small
ラコステ 白 シャツ
コーディネートのポイント
基本的にきっちりとした印象のあるシャツは、春夏はほどよくカジュアルに着崩すとよりお洒落に見えます!ボトムスにデニムのハーフパンツを持ってくれば、きっちりし過ぎて暑苦しく見えることもないでしょう。デニムを合わせる場合、足元はやはりスニーカー。デッキシューズを合わせても春夏っぽくキマります。
色については、真っ赤なパンツが映え、「自信がある男」に見えるカラーコーディネートです。

白のシャツ(タータンチェック, 半そで)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

白のシャツ(ギンガム(ブロック)チェック, 半そで)のメンズコーディネート・着こなし

Small
ミッシェルクランオム 白 シャツ
コーディネートのポイント
基本的にきっちりとした印象のあるシャツは、春夏はほどよくカジュアルに着崩すとよりお洒落に見えます!ボトムスにデニムのハーフパンツを持ってくれば、きっちりし過ぎて暑苦しく見えることもないでしょう。デニムを合わせる場合、足元はやはりスニーカー。デッキシューズを合わせても春夏っぽくキマります。
トップスとシューズに白を持ってくることでパンツは何色でも合わせることができます。ここではブルーのパンツを合わせています。色のバランスから、パンツが目立ちます。

白のシャツ(ギンガム(ブロック)チェック, 半そで)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

白のシャツ(ドット(水玉), 半そで)のメンズコーディネート・着こなし

Small
BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS MEN 白 シャツ
コーディネートのポイント
基本的にきっちりとした印象のあるシャツは、春夏はほどよくカジュアルに着崩すとよりお洒落に見えます!ボトムスにデニムのハーフパンツを持ってくれば、きっちりし過ぎて暑苦しく見えることもないでしょう。デニムを合わせる場合、足元はやはりスニーカー。デッキシューズを合わせても春夏っぽくキマります。
色については、黒と白のみのモノトーンになります。モノトーンは大人っぽい印象をつくることができます。

白のシャツ(ドット(水玉), 半そで)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

白のシャツ(半そで)のメンズコーディネート・着こなし

Small
ギルドプライム メンズ 白 シャツ
コーディネートのポイント
基本的にきっちりとした印象のあるシャツは、春夏はほどよくカジュアルに着崩すとよりお洒落に見えます!ボトムスにデニムのハーフパンツを持ってくれば、きっちりし過ぎて暑苦しく見えることもないでしょう。デニムを合わせる場合、足元はやはりスニーカー。デッキシューズを合わせても春夏っぽくキマります。
色についてはホワイト、レッド、ブルーの3色はフランスの国旗と同じ色の組み合わせでバランスのとれたカラーコーディネートですが、赤よりもワインレッドのようにくすんだ色の方がより大人っぽく見えます。

白のシャツ(半そで)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

白のシャツ(ペイズリー, 半そで)のメンズコーディネート・着こなし

Small
マーダーライセンス 白 シャツ
コーディネートのポイント
ストライプやチェックなどの柄シャツを一枚で着こなす場合のコーディネートです。柄シャツの場合、ボトムスは無地が鉄則です!春夏なのでハーフパンツを合わせ、足元はスリッポン、デッキシューズ、エスパドリーユ、ローカットスニーカーなどであくまでシャツのきっちり感を着崩すようにしましょう。
色ですが、うぐいす色は中途半端な色のため、白や黒などハッキリした色と合わせるとカラーコーディネートのバランスが良くなります。

白のシャツ(ペイズリー, 半そで)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

白のシャツ(総柄, 半そで)のメンズコーディネート・着こなし

Small
ニコルクラブフォーメン 白 シャツ
コーディネートのポイント
ストライプやチェックなどの柄シャツを一枚で着こなす場合のコーディネートです。柄シャツの場合、ボトムスは無地が鉄則です!春夏なのでハーフパンツを合わせ、足元はスリッポン、デッキシューズ、エスパドリーユ、ローカットスニーカーなどであくまでシャツのきっちり感を着崩すようにしましょう。
色については白と紺が相性の良い組み合わせになります。また、黄色が差し色となりネイビーのパンツを際立たせる効果があり、全体的にバランスのとれたカラーコーディネートになります。

白のシャツ(総柄, 半そで)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

白のシャツ(無地, 半端そで)のメンズコーディネート・着こなし

Small
CAMBIO 白 シャツ
コーディネートのポイント
基本的にきっちりとした印象のあるシャツは、春夏はほどよくカジュアルに着崩すとよりお洒落に見えます!ボトムスにデニムのハーフパンツを持ってくれば、きっちりし過ぎて暑苦しく見えることもないでしょう。デニムを合わせる場合、足元はやはりスニーカー。デッキシューズを合わせても春夏っぽくキマります。
色についてはホワイト、レッド、ブルー(ネイビー)の3色がバランスのとれたカラーコーディネートを作っています。パンツが赤という明るい色なのでオシャレ好き、ファッション好きな印象が強まります。

白のシャツ(無地, 半端そで)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る