ワインレッドのシャツ(無地, 長そで)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

無地の長そでシャツです。トップスの中でもっともオーソドックスといっても過言ではないのが、この無地の長そでシャツではないでしょうか。あらゆるコーディネートに用いることのできるこのアイテムは、1枚は必ず持っておきたいです。 あわせて具体的な使い方もおさえましょう。まず一番シンプルなコーディネートとしては無地のチノパンに短靴などのきれいめな靴を合わせる方法です。これでも十分コーディネートとして成り立つのですが、物足りないと感じる方はローカットスニーカーでカジュアルなテイストを入れるのもありですし、シャツが無地なのでパンツに柄をもってきても、とてもおしゃれです。 肌寒い季節にはアウターとしてジャケットやニット、あるいは両方を着ることもできます。ここでもシャツが無地である特性を活かして、アウターに柄が入っているものを選んでもかっこいいですね。 ただし、コーディネート内に複数の柄を取り入れるのは基本NGなので、その点は注意しましょう。ワインレッド、えんじ(エンジ・臙脂)色、ボルドー、マルーンといった色はほぼどれも同じ色で、早稲田カラーと呼ばれたりもする、赤を暗くしたような色です。ワインレッドだと赤と赤紫の間。ボルドーやマルーンだと赤と茶色の間といった印象があります。赤と青が合うように、赤を暗くした色であるワインレッドの場合は、青を暗くした色であるネイビー・紺色と合います。

無地シャツの春夏スタイル

Small
GGD ワインレッド シャツ
コーディネートのポイント
無地シャツを前開きで着る場合、インナーを柄物で合わせるとよりカジュアルになります!例えばボーダーやバイカラーのTシャツなど。もちろん無地Tでも全然ありです!春夏のコーデなので、ボトムスはフルレングスならロールアップ、もしくはハーフパンツをチョイスしましょう。そして、抜け感のあるシューズを合わせます。
色については、1番明るい白をインナーに持って来て、そこから外に向かって暗くしていく基本のルールを守っています。また、ベージュと茶色は同じ色の系統、また、赤と茶色もどちらも暖色の赤系統の色ということで、全体的に暖かみのあるカラーコーディネートになっています。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

シャツ合わせのコーデ

Small
GGD ワインレッド シャツ
コーディネートのポイント
暖かい季節にシャツをカジュアルに着こなすスタイルです。中にTシャツやタンクトップ、パンツはクロップドパンツで少し可愛く、靴は七分のクロップドパンツに合わせてハイカットのスニーカーで合わせるとバランスがいいコーディネートになります。
エンジ(ワインレッド)とネイビーはオシャレな色の組み合わせ方です。靴も、くすみ具合を合わせて暗めの茶色で合わせています。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

カウチンニットとデニムの冬カジュアル

Small
GGD ワインレッド シャツ
コーディネートのポイント
カウチンニットにシャツを合わせるコーディネート。パンツにデニムを持ってくると、アウターとパンツのカジュアルさが際立つので、カジュアルな靴は色々と合わせやすくなります。スニーカーやブーツでもいいのですが、せっかくなので、この機会に普段使いづらいムートンブーツで合わせるのもアリです。
色については、ネイビーとエンジ(ワインレッド)はオシャレな色の組み合わせです。これに合わせてパンツも靴もくすんだトーンの暗めの茶色で合わせています。また、ネイビーと茶色も鉄板のオシャレな色の組み合わせです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

夏の落ち着いたさわやかコーデ

Small
GGD ワインレッド シャツ
コーディネートのポイント
ギラギラワイルドというよりは、爽やかでこじゃれた雰囲気を出したい人を対象としたコーディネートです。 麻のベストにシャツ、短靴ときれい目のアイテムで合わせたコーディネートです。パンツはハーフパンツ(ショーツ)かクロップドパンツなどの肌が露出するパンツか、フルレングスパンツであればすそをまくって履きます。帽子をかぶることに抵抗が無い方は白、うすく黄みがかった白のストローハット(麦わら帽子のような素材、編み方のハット)をかぶるとよりこじゃれた感じになります。
色については、ネイビーとエンジ(ワインレッド)はオシャレな色の組み合わせです。これに合わせてパンツも靴もくすんだトーンの暗めの茶色で合わせています。また、ネイビーと茶色も鉄板のオシャレな色の組み合わせです。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

半端丈スウェットパンツの着こなし

Small
GGD ワインレッド シャツ
コーディネートのポイント
完全なフルレングスではない少し肌が見える半端丈のスウェットパンツも最近の流行。シャツの中にカットソーやタンクトップ、足元はスリッポンやスニーカーで合わせ、暖かい季節の余裕がある男の出来上がりです。
色については、インナーから外に向けて暗くしていくと収まりがよくなります。

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

シャツをハーフデニムでカジュアル!

Small
GGD ワインレッド シャツ
コーディネートのポイント
基本的にきっちりとした印象のあるシャツは、春夏はほどよくカジュアルに着崩すとよりお洒落に見えます!ボトムスにデニムのハーフパンツを持ってくれば、きっちりし過ぎて暑苦しく見えることもないでしょう。デニムを合わせる場合、足元はやはりスニーカー。デッキシューズを合わせても春夏っぽくキマります。
色については、ワインレッドとこげ茶色はどちらも赤系統色同士で相性が良く、この2色だけだとどちらも彩度(鮮やかさ)が低めの色だけなので、明るい白のパンツを合わせることでバランスをとったオシャレな配色です。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

メッシュスリッポンはシャツ短パンスタイルで

Small
GGD ワインレッド シャツ
コーディネートのポイント
メッシュのスリッポンはメッシュがある分通常のスリッポンよりも夏に特化したアイテム。合わせる際はパンツは短丈が相性が良い組み合わせです。トップスが無地シャツであれば、パンツは無地でも柄でもOKです。
色については赤と黒の相性はとてもいいです。ワインレッドの色の効果で少しシックで大人っぽい印象になります。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

ハーフコーデュロイパンツのシャツコーデ

Small
GGD ワインレッド シャツ
コーディネートのポイント
コーデュロイのハーフパンツも最近流行のアイテム。本来は秋冬の質感ですが、ハーフ丈になるともちろん夏のアイテムに。そして多少上品目なアイテムです。トップスはシャツで合わせてもTシャツで合わせてもOKですが、今回はシャツで合わせました。靴はスニーカーでもレザーシューズでもローファーでもOK。スニーカーならカジュアルに、スリッポン、レザーシューズ、ローファーならキレイ目な雰囲気になります。
インナーは明るくして、外にかけて暗くしていくのが基本です。アウターとパンツと靴の色のくすみ具合(トーン)を合わせていて統一感があります。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

ジョガーパンツのシャツコーデ

Small
GGD ワインレッド シャツ
コーディネートのポイント
ジョガーパンツは様々な系統の服と合わせることができるアイテムですので、シャツと合わせても問題ありません。シャツのちょっとしたキレイ目感と、裾が、伸縮するリブのイージーパンツでもあるジョガーパンツのリラックス感が合わさった、リラックス感がある温かい日のコーディネートです。シューズのスリッポンはスニーカーで合わせても問題ありませんが、よりシンプルなデザインであるスリッポンの方がシンプルお洒落な雰囲気は強まります。
色については、暗めの無彩色であるチャコールグレーのパンツを挟んで、上下に、それぞれどちらも赤系統色を暗くした色であるワインレッドとこげ茶(ダークブラウン)で合わせたカラーコーディネートです。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

ジョガーパンツのシャツコーデ2

Small
GGD ワインレッド シャツ
コーディネートのポイント
今回は流行のジョガーパンツのコーディネートです。スポーティーな要素を含むジョガーパンツをローカットスニーカーと合わせています。ジョガーパンツは様々な系統の服と合わせることができるアイテムですので、シャツと合わせても問題ありません。シャツのちょっとしたキレイ目感と、裾が、伸縮するリブのイージーパンツでもあるジョガーパンツのリラックス感が合わさった、リラックス感がある温かい日のコーディネートです。
色については、ワインレッドとくすんだ緑はどちらもくすんだ色同士で相性がいい色の組み合わせです。

夏のメンズコーディネートをもっと見る