ベージュのサマーカーディガン(無地)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

サマーニットと呼ばれる夏の薄手のニットの1つであるサマーカーディガン。半そでだったり半端な長さの袖たけだったりします。短パンにサンダルやデッキシューズと合わせましょう。モテるメンズの着こなしになります。夏用のカーディガンは暑苦しく思われがちですが、上記のように薄手の生地であれば見た目にも問題はなく着こなしができますし、1枚でコーデするものと比べてコーディネートの幅が広がるので、よりおしゃれになります。ベージュはモノトーン、とりわけ白・黒と合わせるのが一番色の相性は良いのですが、ネイビーと合わせても問題ありません。ぼやけた色であるため、明るすぎる白、あるいは暗すぎる黒といったようにはっきりした色と相性がいいのです。また、ベージュは茶色を薄くした色ですが、茶色が元を正せば赤系統の色なので、その赤と相性がいい青が暗くなった色であるネイビーとも相性がいいのかもしれません。

サマーニットに夏靴合わせの夏スタイル

Small
ジャーナルスタンダード ベージュ サマーカーディガン
コーディネートのポイント
薄手のサマーカーディガン。カーディガンなのに半袖やハンパな長さのそで丈のアイテムがあることが特徴です。 インナーはリブ無しタンクトップ(リブ付きは無骨なアウターと合わせる用)かUネックのTシャツと合わせるのが相性抜群です。(カーディガンはVネックになるため) 夏らしく、パンツは短パン、ハーフパンツ、クロップドパンツなどの足が露出するパンツで合わせ、靴は足首の肌を見せて夏の雰囲気になるデッキシューズかメッシュスリッポンかエスパドリーユで合わせます。
色については、ベージュはモノトーン色(白、黒、グレー)と合わせるのが1番オシャレになる色あわせですから、これらをうまく組み合わせています。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

サマーカーディガンのコーディネート

Small
ジャーナルスタンダード ベージュ サマーカーディガン
コーディネートのポイント
薄手のサマーカーディガン。カーディガンなのに半袖やハンパな長さのそで丈のアイテムがあることが特徴です。 インナーはリブ無しタンクトップ(リブ付きは無骨なアウターと合わせる用)かUネックのTシャツと合わせるのが相性抜群です。(カーディガンの前開きはVの字を作るため、VとVで合わせて微妙な重なりスペースが出てくるよりは、UネックとVネックで重ねる方がオシャレに見えます)。パンツはジーンズ、靴はカジュアルにローカットスニーカーで合わせます。
ベージュはぼやけた色なので、白か黒かその両方という、ハッキリした無彩色と合わせるのが1番格好いい色の組み合わせです。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

サマーカーディガンスタイル

Small
ジャーナルスタンダード ベージュ サマーカーディガン
コーディネートのポイント
サマーカーディガンとジョガーパンツを合わせたコーディネートです。どちらも近年コーディネートシーンに出てきたアイテムですので、流行を捉えている「今風」のコーディネートとなります。優しい印象を強めるカーディガンを着つつも、インナーにVネックTシャツを合わせると胸元が空くため多少男らしい雰囲気になります。シューズはスニーカーかデッキシューズで合わせましょう。
ベージュは黒、グレー、白といった無彩色ととりわけ相性が良い色ですので、黒、および黒に近い暗いグレーであるチャコールグレーで合わせています。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

サマーカーディガンとジョガーパンツのスタイル

Small
ジャーナルスタンダード ベージュ サマーカーディガン
コーディネートのポイント
サマーカーディガンとジョガーパンツを合わせたコーディネートです。どちらも近年コーディネートシーンに出てきたアイテムですので、流行を捉えている「今風」のコーディネートとなります。インナーに丸首Tシャツを合わせると、カーディガンの作るVネックと丸首Tシャツの丸首部分のラインがバランスよく合わさった見栄えになります。シューズはスニーカーかデッキシューズで合わせましょう。
色については、「茶色」、「焦げ茶」、「ベージュ」同士はアースカラーと呼ばれるオシャレな色の組み合わせで、これらと無彩色を合わせるとオシャレな色使いになります。

夏のメンズコーディネートをもっと見る