白のサマースウェット(無地)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

通常は長袖ですが、近年みかける半袖のスウェットは夏用のスウェットです。Tシャツだと普通すぎるので、ちょっとだけ変わった雰囲気、普通と違うオシャレな雰囲気を出したい、そんな時におすすめのトップスです。白は爽やかさ、クリーンなイメージを与えます。また、暗い色を多く使いがちのメンズファッションで、ポイントで1箇所使うことで、カラーコーディネート全体が重くならず「抜け感」を与えることができます。

暖かい日の半袖スウェットコーディネート

Small
RAGEBLUE 白 サマースウェット
コーディネートのポイント
普通のスウェットは夏には暑くて着れませんが、半袖であればスウェットでも涼しく着ることができます。このような半袖のスウェット(サマースウェット)のコーディネートです。暖かい時期は普通にTシャツと合わせるように、短パン+サンダルやメッシュのスリッポンで合わせてしまって問題ありません。
色については、「赤系統色+白」だけで統一されたオシャレなカラーコーディネートです。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

半袖スウェットのシンプルスタイル

Small
RAGEBLUE 白 サマースウェット
コーディネートのポイント
半袖のスウェット(サマースウェット)をシンプルに着こなすコーディネートです。半袖だとしても、長袖のスウェットと同じように着こなして問題ありません。ということで、定番のジーンズ+スニーカーで合わせるのももちろんアリです。
色については白、青、赤の3色がバランスのとれたカラーコーディネートを作っています。ここで、パンツは青よりネイビーの方が多少暗めである分大人っぽくなります。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

半袖スウェットのフルレングスチノ合わせ

Small
RAGEBLUE 白 サマースウェット
コーディネートのポイント
半袖スウェット(サマースウェット)は長袖の普通のスウェット(トレーナー)同様、ジーンズと合わせられるので、フルレングスのチノと合わせても問題ありません。スウェットは極めてラフなアイテムなので、きれい目で合わせるのはあまり合いません。同じくカジュアルなスニーカーと合わせるのが良いでしょう。
色については、光の白、木々の緑とベージュ(茶色系統色)と自然界の色で合わせたオシャレなカラーコーディネートです。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

サマースウェットの無骨テイストコーデ

Small
RAGEBLUE 白 サマースウェット
コーディネートのポイント
サマースウェット(半袖のスウェット)を無骨に着こなすコーディネートです。半袖だとしても、長袖のスウェットと同じように着こなして問題ありません。今回は男らしく、ジーンズとワークブーツを合わせました。上半身のスウェットの柔らかい素材感に対して、パンツとシューズが硬い素材感のため、メリハリがあってバランスが良い組み合わせになります。
色についてはホワイト、レッド、ブルー(ネイビー)の3色がバランスのとれたカラーコーディネートを作っています。パンツが赤という明るい色なのでオシャレ好き、ファッション好きな印象が強まります。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

サマースウェットとジョガーパンツのコーデ

Small
RAGEBLUE 白 サマースウェット
コーディネートのポイント
サマースウェットとジョガーパンツを合わせたコーディネート。シューズはスニーカーでシンプルに合わせます。全体的に、肌に対して余裕があるため、ゆったり目の余裕がある雰囲気のシルエットのコーディネートとなります。
トップス、パンツ、靴とそれぞれその体の位置の服の色としては一般的な色同士で合わせているためバランスのとれた違和感の無い色のコーディネートになります。カーキ色のパンツはこのように合わせるといいでしょう。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

サマースウェットとジョガーパンツのコーデ2

Small
RAGEBLUE 白 サマースウェット
コーディネートのポイント
サマースウェットとジョガーパンツを合わせたコーディネート。シューズはスリッポンでシンプルに合わせます。全体的に肌に対して余裕があるため、ゆったり目の余裕がある雰囲気のシルエットのコーディネートとなります。
色については白、青、赤の3色がバランスのとれたカラーコーディネートを作っています。ここで、パンツは青よりネイビーの方が多少暗めである分大人っぽくなります。

夏のメンズコーディネートをもっと見る