深緑のスウェット(無地)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

トップスのスウェットはトレーナーとも言われます。顔が薄い男性だと、スウェットを1枚で着こなすのはなかなか難しく、コーディネートしづらいという問題があります。この場合、単品で着てもなかなか格好良くなりづらいアイテムですので、着こなしの場合は、ダウンベストやシャツのレイヤード、小物等を積極的につけましょう。そうすることでカジュアルな着こなしの中におしゃれな印象が増して、かっこよくなります。トレーナーをコーディネートしたいメンズのみなさんはぜひ実践しましょう。緑・グリーンは赤や黄色に比べると明度(色の明るさ)や彩度(色の鮮やかさ)が低い分、まだオシャレマインド、ファッション感度が高い方でなくても着れる色です。しかし、パンツ以外ですとなかなか抵抗がある方も多い色です。有彩色1色と無彩色1色で合わせるとオシャレですし、緑+無彩色2色で合わせるとより無難になります。

ダウンベストとスウェットの無骨スタイル

Small
ジャーナルスタンダード 深緑 スウェット
コーディネートのポイント
ダウンベストとスウェットを合わせるカジュアルスタイルです。スウェットは1枚で着こなすにはハードルが高いアイテム(顔が濃い外人モデルのような人で無いと似合いづらいです)ですが、ダウンベストと合わせることで自然なレイヤードとなり、顔の雰囲気に関わらず似合いやすくなります。今回はこのトップスに対して、下半身は男らしく、カーゴパンツ+ブーツで合わせるスタイルです。カジュアルさと男らしさの両方を備えたスタイルになります。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+有彩色(先ほどの無彩色以外の色)が1色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。特定の有彩色(今回は緑)を引き立たせる効果があります。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

スウェットのシャツレイヤードスタイル

Small
ジャーナルスタンダード 深緑 スウェット
コーディネートのポイント
スウェット(トレーナー)は、1枚で着こなすのは至難の業です。ご存知の通り、スウェットをアウターとして1番外側に着る場合、それだけでトップスの要素になってしまいます。ですので、顔が濃いめの人でないと、全体的に簡素すぎる外見になるため、顔が濃い方以外が着られる場合は、なかにシャツを合わせることで、トップスに奥行き感を出し、顔が濃くない人でもスタイルとして、合いやすくなります。そしてこのテクニックをする時点で、「ファッション好き」の人に見られるスタイルです。下半身はカジュアルにデニムとスニーカーで合わせます。
色については、アースカラーという自然の色(木々の緑、土の茶色等)で合わせたオシャレなカラーコーディネートです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

スウェットのレイヤードスタイル

Small
ジャーナルスタンダード 深緑 スウェット
コーディネートのポイント
スウェット(トレーナー)は、1枚で着こなすのは至難の業です。ご存知の通り、スウェットをアウターとして1番外側に着る場合、それだけでトップスの要素になってしまいます。ですので、顔が濃いめの人でないと、全体的に簡素すぎる外見になるため、顔が濃い方以外が着られる場合は、なかにシャツを合わせることで、トップスに奥行き感を出し、顔が濃くない人でもスタイルとして、合いやすくなります。そしてこのテクニックをする時点で、「ファッション好き」「服にこだわりがある人」っぽく見られるスタイルです。
色については、アースカラーという自然の色(木々の緑、土の茶色等)で合わせたオシャレなカラーコーディネートです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

秋のスウェットのレイヤードスタイル

Small
ジャーナルスタンダード 深緑 スウェット
コーディネートのポイント
スウェット(トレーナー)は、1枚で着こなすのは至難の業です。ご存知の通り、スウェットをアウターとして1番外側に着る場合、それだけでトップスの要素になってしまいます。ですので、顔が濃いめの人でないと、全体的に簡素すぎる外見になるため、顔が濃い方以外が着られる場合は、なかにシャツを合わせることで、トップスに奥行き感を出し、顔が濃くない人でもスタイルとして、合いやすくなります。そしてこのテクニックをする時点で、「ファッション好き」「服にこだわりがある人」っぽく見られるスタイルです。
色については、アースカラーという自然の色(木々の緑、土の茶色等)で合わせたオシャレなカラーコーディネートです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

スウェットのレイヤードスタイル

Small
ジャーナルスタンダード 深緑 スウェット
コーディネートのポイント
スウェット(トレーナー)は、1枚で着こなすのは至難の業です。ご存知の通り、スウェットをアウターとして1番外側に着る場合、それだけでトップスの要素になってしまいます。ですので、顔が濃いめの人でないと、全体的に簡素すぎる外見になるため、顔が濃い方以外が着られる場合は、なかにシャツを合わせることで、トップスに奥行き感を出し、顔が濃くない人でもスタイルとして、合いやすくなります。そしてこのテクニックをする時点で、「ファッション好き」「服にこだわりがある人」っぽく見られるスタイルです。
色については、アースカラーという自然の色(木々の緑、土の茶色等)で合わせたオシャレなカラーコーディネートです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

ダウンベストのスウェット合わせ

Small
ジャーナルスタンダード 深緑 スウェット
コーディネートのポイント
ダウンベストとスウェットを合わせるカジュアルスタイルです。スウェットは1枚で着こなすにはハードルが高いアイテム(顔が濃い外人モデルのような人で無いと似合いづらいです)ですが、ダウンベストと合わせることで自然なレイヤードとなり、顔の雰囲気に関わらず似合いやすくなります。どちらもカジュアルで柔らかめの素材のアイテムですから、パンツは素材感が固いデニムかチノで合わせ、靴はスニーカー、またはブーツで合わせましょう。スニーカーで合わせれば、他のアイテム同様のカジュアルな統一感があり、ブーツなら男らしさが増します。
色については、無彩色であるブラック、グレーに、1色だけ有彩色であるグリーンを合わせたオシャレな色の合わせ方です。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

スウェットのベーシックスタイル

Small
ジャーナルスタンダード 深緑 スウェット
コーディネートのポイント
スウェット(トレーナー)は1枚で着るには勇気がいるアイテムです。というのも、ボタンもなくシンプルすぎるアイテムのため、顔が濃い人の方がより似合うレベルが高いアイテムだからです。その上で着こなそうとする場合は、サイズのフィット感を大事にしつつ、マフラーやストールを合わせたり、などしてなるべく重ね着をするとオシャレに見えます。 上が柔らかいスウェットのため、パンツはジーンズやチノパンなど、硬めのパンツで合わせてください。靴はスウェットに合わせてカジュアルにスニーカーであわせるといいでしょう。
色については深緑と黒の相性が良いため組み合わせ的にとてもバランスがとれています。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

肌寒い季節のナイロンパンツのスタイル

Small
ジャーナルスタンダード 深緑 スウェット
コーディネートのポイント
ナイロンパンツのシャカシャカした素材感にはカジュアルな雰囲気のダウンベストやスウェットが合います。靴はナイロンパンツのスポーティな雰囲気とあわせてスニーカーであわせます。
ネイビーと茶色は相性がいい色合わせです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

ジョガーパンツのシャツ合わせ

Small
ジャーナルスタンダード 深緑 スウェット
コーディネートのポイント
ジョガーパンツは鉄板のスニーカーを合わせつつ、トップスにシャツを着る場合はこの3つだけでもいいのですが、寒い時期ならさらに上にスウェットを合わせてもオシャレです。全体的にカジュアルな、リラックス感のあるこなれたコーディネートになります。
色については、パンツは白で抜け感を出し、緑とも青とも合う茶色の靴でまとまっています。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

スタジャンのスウェット合わせ

Small
ジャーナルスタンダード 深緑 スウェット
コーディネートのポイント
スタジャンの中には襟付きシャツもいいですが、個人的にはTシャツやスウェットやセーターといった襟がないもので合わせるコーディネートの方がおしゃれだと思います。今回はスウェットで合わせるコーディネート。パンツはテーパード型のパンツと合わせて、スウェット+スタジャンという重めのトップスに対してスッキリさせて、足元はローカットスニーカーかブーツで合わせるのがポイントです。
緑と茶色はアースカラーと呼ばれる自然を思わせる相性のいい色合わせです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る