赤のウエスタンシャツ(長そで)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

肩の生地が他の部分と違う、あるいは、肩部分にししゅうのあとがあるシャツです。ネルシャツのようなチェックがあるものや、あるいはデニムシャツとほとんど見分けがつかないようなデニム地のものもあります。その名の通りウエスタンということで、アメカジな雰囲気が漂うアイテムです。赤は日本の男性のリアルクローズなコーディネートだと、夏以外は差し色として使うのがオシャレな色の使い方です。例えばモノトーンのスーツルックに赤のセーターを差す、同じく赤の靴下を差す、といったような1部だけ(全体の10%以下ぐらい)の色を強烈に明度・彩度が高い色にする使い方です。夏であれば、パンツやシャツ等が赤でも違和感ありません。むしろオシャレに見えます。

無骨系シャツでつくる春夏のワイルドコーデ

Small
ヴァンキッシュ 赤 ウエスタンシャツ
コーディネートのポイント
シャツは基本的にきれいめなアイテムなのですが、ウエスタンシャツ&シワ加工のシャツは無骨で男らしいアイテムに該当します。そのため足元はワークブーツ、エンジニアブーツ、マウンテンブーツ等が無骨っぽくて相性抜群です。ボトムスはカーゴパンツやダメージの入ったデニムが同じく男らしいアイテムで合わせやすいですが、あえてチノパンを合わせてもいいでしょう!
色については赤と青が相性の良い組み合わせになります。

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

safari風の春夏スタイル

Small
ヴァンキッシュ 赤 ウエスタンシャツ
コーディネートのポイント
safari風の男らしい夏スタイルです。 シャツの中はタンクトップ、パンツはハーフパンツか肌が見えるクロップドパンツで肌を露出しましょう。靴はデッキシューズ、エスパドリーユ、サンダル、スリッポンといった肌を露出するパンツと相性抜群のシューズです。 白、うすく黄みがかった白のストローハット(麦わら帽子のような素材、編み方のハット)をかぶるのもアリです。
色については、赤、青、白のフランスカラーと呼ばれるオシャレな色の組み合わせです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

ボアジャケットのアメカジスタイル

Small
ヴァンキッシュ 赤 ウエスタンシャツ
コーディネートのポイント
ボア付きのコートやジャケット等のアウターは秋冬のアメカジテイストのアウターです。今回はアメカジらしくインナーにネルシャツあるいはウエスタンシャツを着て、パンツはデニム、靴はブーツとアメカジテイストで統一感を出します。アメカジは無骨めスタイルの一種のため、男らしく見えるスタイルです。
寒色の代表色である青と暖色の代表色である赤は鉄板のオシャレなカラーコーディネートです。これに、同じく鉄板の色の組み合わせ方であるネイビーパンツと茶色の靴を合わせています。 なお、青とネイビーは青系統色同士、赤と茶色も赤系統色同士で統一感があります。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

男らしいアウトドアスタイル

Small
ヴァンキッシュ 赤 ウエスタンシャツ
コーディネートのポイント
ウエスタンシャツの上にダウンベストを着るスタイルです。シャツ1枚だと寒い季節に効果的です。パンツは、ダウンベストのアウトドア感とも、ウエスタンシャツのアメカジ感とも相性がいいデニムで合わせます。靴はカジュアルにスニーカーで合わせるか、男らしくいくならブーツで合わせましょう。
寒色の代表色である青と暖色の代表色である赤は鉄板のオシャレなカラーコーディネートです。これに、同じく鉄板の色の組み合わせ方であるネイビーパンツと茶色の靴を合わせています。 なお、青とネイビーは青系統色同士、赤と茶色も赤系統色同士で統一感があります。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

ウエスタンシャツとデニムのオール無骨コーデ

Small
ヴァンキッシュ 赤 ウエスタンシャツ
コーディネートのポイント
ウエスタンシャツはアメカジテイストのアイテムのため、男らしいアイテムといえます。 そんな男らしいアメカジのウエスタンシャツには、胸元の開いたインナー、ジーンズ、重厚感のあるブーツ。と、アメカジテイストで合わせるのが統一感のあるコーディネートです。
色については、インナーから外に向けて暗くしていくと収まりがよくなります。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

ウエスタンシャツとカーゴの男臭いスタイル

Small
ヴァンキッシュ 赤 ウエスタンシャツ
コーディネートのポイント
ウエスタンシャツはアメカジアイテムです。アメカジは無骨、男臭い属性のスタイルため、同じく男臭いカーゴパンツとも相性がいいアイテムです。これらのアイテムに合わせ、インナーは胸元を開けて男の色気を出し、靴は重厚感のある男らしいブーツを合わせた、男らしいコーディネートの完成です。
色については、赤と暗めの無彩色(モノトーン)だけでまとめたコーディネートです。とてもオシャレな色の組み合わせですが、オシャレ過ぎる、格好良すぎて親しみやすさがないともいえます。少し一般的にしたい場合は、インナーを白くするといいでしょう。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

ウエスタンシャツとスウェットのラフ無骨コーデ

Small
ヴァンキッシュ 赤 ウエスタンシャツ
コーディネートのポイント
ウエスタンシャツとスウェットパンツのコーディネートです。 このコーディネートのポイントとしてはスウェットパンツとブーツを合わせているところです。スウェットパンツとブーツはシルエットとしても素材としても相性が良く、服の合わせ方をわかっている人という印象になります。 今回はこの印象を大切にしつつ、ウエスタンシャツに、胸元を露出したインナーを合わせたアメカジテイストなコーディネートにしてみました。
色については、暖色の赤と寒色のネイビーという相性がいい色同士です。さらにネイビーのパンツと茶色の靴は鉄板の合う色同士の組み合わせですから、全体的にオシャレな色の組み合わせになっています。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

ウエスタンシャツを無骨に着こなす基本コーデ

Small
ヴァンキッシュ 赤 ウエスタンシャツ
コーディネートのポイント
ウエスタンシャツを無骨に着こなすなら「まずこれ!」という見本のようなコーディネートです。 ウエスタンシャツ、胸元の開いたインナー、ボリュームのあるブーツこれらは全て無骨系アイテムの定番です。これらを全て取り入れることで、かなり男臭いコーディネートになります。 このコーディネートに飽きたり、男臭さが足りないと感じる方はカーゴパンツなどと合わせて、全身を無骨にしてもとてもかっこいいコーディネートになります。
無彩色(黒、白、グレー)+赤の組み合わせです。赤と黒はオシャレな色使いです。インナーは白だとより元気がいいイメージを与え、このようにグレ—だと白よりは多少落ち着いた雰囲気に見えます。インナーの方がパンツより明るい色の方が収まりがいいコーディネートになります。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

ウエスタンシャツと無地ショールカラーニット

Small
ヴァンキッシュ 赤 ウエスタンシャツ
コーディネートのポイント
ウエスタンシャツを秋冬にインナーに着たい場合のスタイル。正直ウエスタンシャツはインナー使いすることはあまりお勧めしないのですが、(だいたいの場合、ウエスタンシャツでなく普通の無地シャツを合わせた方がいいコーディネートになりやすいため)どうしてもインナー使いでアウターになにか羽織りたい、という場合のコーディネートです。アメカジアイテムのため、ボア系アイテムがとりわけ相性がいいのですが、他に合わせる場合、ショールカラーカーディガンやカウチンニットと合わせるのもアリです。
色については、赤と緑は相性がいいオシャレな色の組み合わせです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る