紺・ネイビーのカジュアルジャケットのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

スーツ生地ではない、柔らかかったり、あるいは柄が入っていたりする、私服で着れるようなテーラードジャケットのことです。(テーラードジャケット=いわゆる、ジャケットと言われて一番一般的な形の服)メンズファッションにおいて最も着こなしやすく、簡単にかっこよくなれるアイテムです。通年で着用できるアイテムで、夏用には麻やシアサッカーといった涼しい素材のものや、七分袖のものがあります。シャツを合わせてキレイ目に着こなしたり、パーカーと合わせて可愛くカジュアルに着こなす等、好みに合ったコーディネートを実践しましょう。紺色・ネイビーは男性に人気が高い色です。グレー、白、茶色と、一般的に持っていることが多い服や小物の色と相性がよく、彩度も高くないため、色に抵抗がない上に簡単にオシャレにしてくれる色だからです。とりわけネイビーと茶色とは相性がいい色です。

紺・ネイビーのカジュアルジャケット(長そで, 無地)のメンズコーディネート・着こなし

Small
nano・universe 紺・ネイビー カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
無地のジャケットにプリントTを合わせる基本のカジュアルコーディネートです。パンツはデニムかチノパン・綿パンと合わせ、靴はブーツで合わせます。丸首プリントTは、40歳以上、あるいは控えめな性格の方はとりわけ似合います。ジャケットのキレイ目、プリントの少し可愛い要素、ブーツの男らしさがバランスよくミックスされたコーディネートです。
色については、ネイビーと茶色は鉄板の色の組み合わせです。また、パンツのベージュに対して、靴は同じ系統の色でより暗い色で合わせると色数を増やさず、かつ収まりがよくなるので、靴は茶色で合わせます。

紺・ネイビーのカジュアルジャケット(長そで, 無地)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

紺・ネイビーのカジュアルジャケット(長そで, ストライプ)のメンズコーディネート・着こなし

Small
グリーンレーベルリラクシング 紺・ネイビー カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
ジャケットのインナーはシャツだとキレイ目に、Tシャツ(カットソー)を合わせればカジュアルになります。今回は、柄のジャケットにTシャツを合わせます。ジャケットに柄があるので、Tシャツは無地で合わせます(柄on柄はNGです)。性格的に明るく積極的な方は、胸元は空けた方がカッコイイため、VネックやUネックが1番格好よく見えます。(おとなしめ、控えめな方は丸首Tでも大丈夫ですが、外見上はVネックやUネックの方が格好いいです)パンツはデニムやチノで合わせ、靴はブーツと合わせて男らしい柄ジャケスタイルの完成です。
色については、ネイビーと茶色は鉄板の色の組み合わせです。また、パンツのベージュに対して、靴は同じ系統の色でより暗い色で合わせると色数を増やさず、かつ収まりがよくなるので、靴は茶色で合わせます。

紺・ネイビーのカジュアルジャケット(長そで, ストライプ)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

紺・ネイビーのカジュアルジャケット(長そで, タータンチェック)のメンズコーディネート・着こなし

Small
TAKEO KIKUCHI 紺・ネイビー カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
柄のジャケットはその存在自体がオシャレなアイテムです。このアイテムを秋冬にキレイ目に合わせます。柄と柄を合わせるのはNGなので、インナーは無地のシャツを合わせます。今回はパンツにウールパンツ、コーデュロイパンツといった、少しもこもこした素材感のパンツを合わせることで寒い時期の季節感とマッチします。靴はジャケット+シャツのキレイ目に合わせて短靴やチャッカブーツで合わせるのがベストです。
色については、ネイビーと茶色は鉄板の色の組み合わせです。また、パンツのベージュに対して、靴は同じ系統の色でより暗い色で合わせると色数を増やさず、かつ収まりがよくなるので、靴は茶色で合わせます。

紺・ネイビーのカジュアルジャケット(長そで, タータンチェック)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

紺・ネイビーのカジュアルジャケット(長そで, 迷彩)のメンズコーディネート・着こなし

Small
ジャーナルスタンダード 紺・ネイビー カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
ジャケット+シャツ+スラックス(カーゴスラックス)+キレイ目シューズとキレイ目オンパレードのとても品が良く見えるコーディネートです。気取りたい場合はハットやニットのネクタイをしてもオシャレです。
色については、ネイビーと茶色は鉄板の色の組み合わせです。また、パンツのベージュに対して、靴は同じ系統の色でより暗い色で合わせると色数を増やさず、かつ収まりがよくなるので、靴は茶色で合わせます。

紺・ネイビーのカジュアルジャケット(長そで, 迷彩)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

紺・ネイビーのカジュアルジャケット(長そで, 総柄)のメンズコーディネート・着こなし

Small
ティーケー 紺・ネイビー カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
柄のカジュアルジャケットの着こなしです。柄on柄はNGなので、インナーは無地の、そしてジャケットにと同じキレイ目属性のアイテムであるシャツで合わせます。柄のジャケットは柄がある時点でフォーマットよりはカジュアル目の雰囲気になるので、パンツはデニムでカジュアルにしても似合います。靴は、ジャケット+シャツのキレイ目要素で行くなら短靴やローファー、サイドゴアブーツやチャッカブーツといったキレイ目なブーツと合わせます。
色については、ネイビーと茶色は鉄板の色の組み合わせです。また、パンツのベージュに対して、靴は同じ系統の色でより暗い色で合わせると色数を増やさず、かつ収まりがよくなるので、靴は茶色で合わせます。

紺・ネイビーのカジュアルジャケット(長そで, 総柄)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

紺・ネイビーのカジュアルジャケット(長そで)のメンズコーディネート・着こなし

Small
タケオキクチ 紺・ネイビー カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
ノーカラーシャツは、きれいめとカジュアルの間をとることができるアイテムのため、コーディネート内にきれいめのアイテム(ジャケット)と思いっきりカジュアルなアイテム(スウェット)が同居しているようなこういったコーディネートにおいて、使用できます。他にも、ジャケット(フォーマル)に、ニット帽(カジュアル)を合わせるパターンでも相性がいいです。
色については、ネイビーと茶色はオシャレな色の組み合わせです。

紺・ネイビーのカジュアルジャケット(長そで)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

紺・ネイビーのカジュアルジャケット(長そで, ギンガム(ブロック)チェック)のメンズコーディネート・着こなし

Small
TAKEO KIKUCHI 紺・ネイビー カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
柄のジャケットはその存在自体がオシャレなアイテムです。このアイテムを秋冬にキレイ目に合わせます。柄と柄を合わせるのはNGなので、インナーは無地のシャツを合わせます。今回はパンツにウールパンツ、コーデュロイパンツといった、少しもこもこした素材感のパンツを合わせることで寒い時期の季節感とマッチします。靴はジャケット+シャツのキレイ目に合わせて短靴やチャッカブーツで合わせるのがベストです。
色については、ネイビーと茶色は鉄板の色の組み合わせです。また、パンツのベージュに対して、靴は同じ系統の色でより暗い色で合わせると色数を増やさず、かつ収まりがよくなるので、靴は茶色で合わせます。

紺・ネイビーのカジュアルジャケット(長そで, ギンガム(ブロック)チェック)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

紺・ネイビーのカジュアルジャケット(半端そで, 無地)のメンズコーディネート・着こなし

Small
エムケーオム 紺・ネイビー カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
七分丈のジャケットは抜け感があって、春夏にピッタリのアイテムです。春夏なので、ボトムスはハーフパンツで、ジャケットが無地なので、柄物を合わせて遊ぶのも◎ 足元はデッキシューズやスリッポン、エスパドリーユ、ローファーといったかかと部分の高さが低めのペタンコ靴が季節感満載で合いますが、短靴で締めるのもアリです!
色については、ネイビーと茶色は鉄板の色の組み合わせです。また、パンツのベージュに対して、靴は同じ系統の色でより暗い色で合わせると色数を増やさず、かつ収まりがよくなるので、靴は茶色で合わせます。

紺・ネイビーのカジュアルジャケット(半端そで, 無地)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

紺・ネイビーのカジュアルジャケット(半端そで, ギンガム(ブロック)チェック)のメンズコーディネート・着こなし

Small
エムケーオム 紺・ネイビー カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
春夏の少し暖かい日は、ジャケットは七分丈をチョイスすることで季節感を出しましょう!無地であればきれいめ、柄ジャケットはカジュアルな印象が強いです。ジャケットは色んなアイテムと相性がいいので、気兼ねなく着こなすことが出来ます。春夏なので足元はスリッポンやデッキシューズを履くと季節感が出ますが、短靴、スニーカー、ワークブーツでも問題ありません。
色については、ネイビーと茶色は鉄板の色の組み合わせです。また、パンツのベージュに対して、靴は同じ系統の色でより暗い色で合わせると色数を増やさず、かつ収まりがよくなるので、靴は茶色で合わせます。

紺・ネイビーのカジュアルジャケット(半端そで, ギンガム(ブロック)チェック)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

紺・ネイビーのカジュアルジャケット(長そで, 無地, リネン(麻))のメンズコーディネート・着こなし

Small
マインドブロウ 紺・ネイビー カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
涼しい麻ジャケットは夏のきれい目ファッション。インナーは無地のVネックTに、短パンを合わせ、素足で短靴(レザーシューズ)やローファー、レザーのスリッポンで合わせるのがいいでしょう。トップスはTシャツやポロシャツだけで済ましがちな季節に、ジャケットをあえて羽織るということで、麻ジャケットはオシャレな雰囲気が強まるアイテムです。
色については、ネイビーと茶色は鉄板の色の組み合わせです。

紺・ネイビーのカジュアルジャケット(長そで, 無地, リネン(麻))のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

紺・ネイビーのカジュアルジャケット(長そで, 無地, デニム)のメンズコーディネート・着こなし

Small
ヴィタル 紺・ネイビー カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
デニムのジャケットはうまく着ればとてもオシャレな雰囲気が出るアイテムです。逆に、「いつも良く履くGパン」と合わせてしまうと、デニムonデニムの変なコーディネートになりダサくなってしまいます。まず、インナーはテーラードジャケットの形に合うシャツを合わせます。ジャケットのデニムの素材感に合わせてパリっとしたキレイ目シャツよりも、多少カジュアルな柔らかい素材感のシャツが合います。パンツはチノパン、あるいはウールパンツと合わせ、靴はブーツかチャッカブーツか短靴で合わせるのがオシャレな着こなしです。
ネイビーと白はマリンカラーという相性のいい色の組みあわせで、爽やかな印象を与えます。

紺・ネイビーのカジュアルジャケット(長そで, 無地, デニム)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

紺・ネイビーのカジュアルジャケット(長そで, 無地, ベルべット(ベロア))のメンズコーディネート・着こなし

Small
ブルートルネード 紺・ネイビー カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
ベルベットは気品を漂わせる素材ですから、シャツ、スラックスか綿パン、短靴とキレイ目に合わせるのが王道です。蝶ネクタイやハットをかぶるとさらにベルベットのジャケットの雰囲気に合うコーディネートになります。
色については茶色と紺・ネイビー、白と黒がそれぞれ相性が良い色の組み合わせです。

紺・ネイビーのカジュアルジャケット(長そで, 無地, ベルべット(ベロア))のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

紺・ネイビーのカジュアルジャケット(半端そで, 無地, リネン(麻))のメンズコーディネート・着こなし

Small
ジャーナルスタンダード トライセクト 紺・ネイビー カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
涼しい麻ジャケットは夏のきれい目ファッション。インナーは無地のVネックTに、短パンを合わせ、素足で短靴(レザーシューズ)やローファー、レザーのスリッポンで合わせるのがいいでしょう。トップスはTシャツやポロシャツだけで済ましがちな季節に、ジャケットをあえて羽織るということで、麻ジャケットはオシャレな雰囲気が強まるアイテムです。
色については、ネイビーと茶色は鉄板のオシャレな色の組み合わせです。

紺・ネイビーのカジュアルジャケット(半端そで, 無地, リネン(麻))のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

紺・ネイビーのカジュアルジャケット(半端そで, リネン(麻), ストライプ)のメンズコーディネート・着こなし

Small
ジャーナルスタンダード 紺・ネイビー カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
涼しい麻ジャケットは夏のきれい目ファッション。インナーは無地のVネックTに、短パンを合わせ、素足で短靴(レザーシューズ)やローファー、レザーのスリッポンで合わせるのがいいでしょう。トップスはTシャツやポロシャツだけで済ましがちな季節に、ジャケットをあえて羽織るということで、麻ジャケットはオシャレな雰囲気が強まるアイテムです。
色については、ネイビーと茶色はオシャレな色の組み合わせです。

紺・ネイビーのカジュアルジャケット(半端そで, リネン(麻), ストライプ)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る