紺・ネイビーのデッキジャケットのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

主にカーキ色で、首回りにボアと呼ばれるモコモコがついています。デッキジャケットはメンズが着ると男らしい、無骨系アイテムであるミリタリーアイテムですので、UネックやVネックのTシャツ、デニム、ブーツと男らしいアイテムで合わせるととてもおしゃれでかっこいいコーディネートになります。また、デッキジャケットと黒、グレーのTシャツも相性が良く、真似したい着こなしです。パンツはチノパンで合わせるのもOKです。紺色・ネイビーは男性に人気が高い色です。グレー、白、茶色と、一般的に持っていることが多い服や小物の色と相性がよく、彩度も高くないため、色に抵抗がない上に簡単にオシャレにしてくれる色だからです。とりわけネイビーと茶色とは相性がいい色です。

秋冬の男らしいミリタリースタイル

Small
MINOTAUR 紺・ネイビー デッキジャケット
コーディネートのポイント
デッキジャケットは男らしい、無骨系アイテムであるミリタリーアイテムですので、UネックやVネックのTシャツ、デニム、ブーツと男らしいアイテムで合わせました。また、とりわけデッキジャケットと黒、グレーのTシャツは似合う服の組み合わせです。パンツはチノパンで合わせるのもOKです。
色については、ネイビーと茶色は鉄板の色の組み合わせです。また、パンツのベージュに対して、靴は同じ系統の色でより暗い色で合わせると色数を増やさず、かつ収まりがよくなるので、靴は茶色で合わせます。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

デッキジャケットを使ったコーディネート

Small
MINOTAUR 紺・ネイビー デッキジャケット
コーディネートのポイント
デッキジャケットは、ミリタリーアイテムの一種で無骨で男らしい印象を演出してくれます。あまり馴染みのないように思われがちですが、実は誰でも着やすいアイテムとして言われているんです。コーディネートを組む場合、インナーは無地または細いストライプのシャツをチョイスして品良くバランスをとるのが鉄則です。ボトムスはデニムなどでベーシックしながらも、足元はブーツでデッキジャケットの男らしい印象に合わせるとバランスよくまとまりますよ!
色については、ネイビーと茶色は鉄板の色の組み合わせです。また、パンツのベージュに対して、靴は同じ系統の色でより暗い色で合わせると色数を増やさず、かつ収まりがよくなるので、靴は茶色で合わせます。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

デッキジャケットのオシャレスタイル

Small
MINOTAUR 紺・ネイビー デッキジャケット
コーディネートのポイント
デッキジャケットは男らしい、無骨系アイテムであるミリタリーアイテムですので、パンツはデニム、靴はブーツと男らしいアイテムで合わせました。(デニムはチノでも問題ありません)ただ、それだけだと男臭さが強いので、優しい雰囲気を出すセーターやカーディガンや、品がいい印象を与えるベストを中にインするのも効果的です。靴はチャッカブーツだと多少キレイ目になり、ワークブーツだと男らしくなります。
色については、ネイビーを無彩色の白とグレーで合わせたクールでオシャレなカラーコーディネートです。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

デッキジャケットのキレイ目スタイル

Small
MINOTAUR 紺・ネイビー デッキジャケット
コーディネートのポイント
デッキジャケットとベストとシャツは似合う服の組み合わせです。 パンツは、インナーのシャツ+ベストのキレイ目の雰囲気を生かし、ウールパンツを合わせ、 靴はデッキジャケットのミリタリー要素を生かし無骨めのブーツで合わせます。 全体的には、デッキジャケットを使用しつつきれいめなコーディネートに仕上がっています。
色については、ネイビーとエンジ(ワインレッド)はオシャレな色の組み合わせです。

冬のメンズコーディネートをもっと見る