こげ茶のデニムブルゾン・Gジャンのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

デニムのブルゾン・ジャンパー、いわゆるGジャンです。デニムジャケットとも言います。青いと少年っぽいアイテムとなり、黒いと男臭い、無骨系のアイテムになります。かっこいいメンズが着こなすとおしゃれですが、パーカーやカーディガンと比較するとコーディネートするのが難しい印象をもたれがちです。街中でも女性と比較すると男性の着用率は低いですが、このデニムジャケットは色々なデザインもあり、デニムという生地がら着る人を選ばないので着こなしにおいてはかなり便利なアイテムです。茶色よりも濃い・黒めな色が焦げ茶色です。茶色と同じくネイビー・紺色ととりわけ相性がいい色ですが、濃い分、ネイビーも濃いネイビーと合います。

Gジャンコーデュロイパンツのキレイ目スタイル

Small
G-Star Raw こげ茶 デニムブルゾン・Gジャン
コーディネートのポイント
コーデュロイパンツはコーディネートがもこっとした素材感のため、どちらかというと、同じ様なごわっとした素材感のものよりは、固い素材感であるトップスと合わせるのが肝です。その中で、デニムブルゾン(Gジャン)は、コーデュロイパンツと同じく秋にも着るアイテムですから、2つの意味でマッチします。インナーのシャツや短靴と合わせて、デニムブルゾンを着つつもキレイ目な印象を与えるスタイルです。
色については、アウターがある程度年齢を重ねた人に合いやすい茶色で、インナーには、オシャレな人しか着ないカラーシャツを合わせているため、大人っぽさと「オシャレさん」といった印象を両方与えるコーディネートです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

デニムブルゾンの王道スタイル

Small
G-Star Raw こげ茶 デニムブルゾン・Gジャン
コーディネートのポイント
デニムブルゾンを男らしく着こなす場合のスタイルです。インナーはタンクトップや胸元が空いた無地のTシャツと合わせて色気を出します。パンツは、上がデニムなのでデニム以外のチノや、より男らしさを増幅するカーゴパンツで合わせます。靴はここまでの無骨さを引き継いで、同じく無骨なアイテムであるブーツで合わせるのがベストです。
色については、アウターがある程度年齢を重ねた人に合いやすい茶色で、インナーには、オシャレな人しか着ないカラーシャツを合わせているため、大人っぽさと「オシャレさん」といった印象を両方与えるコーディネートです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

男らしさと可愛さを兼ね備えたスタイル

Small
G-Star Raw こげ茶 デニムブルゾン・Gジャン
コーディネートのポイント
パーカーのようにフードがついていると、それだけで「可愛い」要素が付け加わります。したがってこのようにコーディネートにパーカーを取り入れるのは、可愛く見られたい人には効果的です。このコーディネートのように、無骨系のブルゾンと可愛い系のアイテムであるパーカーを合わせることで、どちらの要素もあわせ持つバランスのいいコーディネートとなります。
色については、ネイビーと茶色は鉄板のオシャレな色の組み合わせです。有彩色をこの2色のみで統一したオシャレなカラーコーディネートです。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

デニムブルゾン+パーカーで可愛めスタイル

Small
G-Star Raw こげ茶 デニムブルゾン・Gジャン
コーディネートのポイント
パーカーはフードがついているため「可愛い」要素があるアイテム。このパーカーを、ブルゾンの中に着ることで、防寒力が上がるとともに、オシャレな着こなしになります。今回はデニムブルゾンにパーカーを合わせます。パンツはデニムonデニムは基本NGなので、綿パン・チノパンと合わせ、靴はブルゾンに合わせるならブーツ、パーカーに合わせるならスニーカーと合わせます。どちらでも構いません。より男らしく見せたい方はブーツがいいですし、どちらかといえば男臭くないファッションを好まれる方はスニーカーと合わせましょう。
色については、ネイビーと茶色は鉄板のオシャレな色の組み合わせです。有彩色をこの2色のみで統一したオシャレなカラーコーディネートです。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ダウンベストワイルドコーデ

Small
G-Star Raw こげ茶 デニムブルゾン・Gジャン
コーディネートのポイント
ダウンベストとブルゾンは似合う服の組み合わせです。もともと男らしい・無骨系コーディネートであるデニムブルゾン+胸元が空いたカットソー(あるいはタンクトップ)+ブーツの組み合わせの上に、ダウンベストを重ねるパターンです。ダウンベストを着用している中では、かなりワイルドな(男らしい)コーディネートになります。デニムブルゾンとダウンベストの素材感に対して、柔らかい素材感のウールパンツを合わせるのも、季節感、素材感両面でマッチしますが、カーゴパンツあるいはチノパンでも問題ありません。
色については、鉄板のネイビーと茶色の色合わせを使いつつ、暗くまとめたシックでオシャレな色合わせです。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

デニムブルゾンとタートルネックの着こなし

Small
G-Star Raw こげ茶 デニムブルゾン・Gジャン
コーディネートのポイント
デニムブルゾンとタートルネックを合わせる近年流行の秋冬用コーディネートです。 デニムブルゾンの多少の無骨さに、タートルネックの優しさがMIXされ、また近年見かける組み合わせのためお洒落な雰囲気もかもし出せます。個人的にはパンツはチノパン、靴はブーツで合わせるのがオススメです。
色については、アースカラーと呼ばれる自然界にある色(緑や茶色)とモノトーンで統一されたカラーコーディネートです。

冬のメンズコーディネートをもっと見る