青・ブルーのフリース(無地)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

カジュアルさが強くなる山系ルックのフリースは冬のブルゾンアウターです。登山をする人がよく着ているアイテムですね。フリースで有名なのはみなさんご存知のユニクロだと思います。しかし、ノースフェイスなどのブランドのフリースもあり、同じアイテムでも多種多様です。秋冬向けのメンズファッションのなかでもコーディネートに困る人も多いフリースの着こなし方をここでいくつかご紹介させて頂きます。青・ブルーは寒色の代表色で、暖色の代表色である赤・レッドと相性がいい色です。明るければ爽やかな、暗ければクールな印象を与えます。

フリースを着こなすコーディネート

Small
Battenwea 青・ブルー フリース
コーディネートのポイント
フリースは極めてカジュアルなアウトドアアイテム。キレイ目よりに着るならインナーにシャツを着て、デニムとスニーカーで合わせます。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色が1色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。青色を引き立たせる効果があります。

フリースのベーシックスタイル

Small
Battenwea 青・ブルー フリース
コーディネートのポイント
フリースは極めてカジュアルなアウトドアアイテム。中にはTシャツを着て、パンツはデニム、靴はスニーカーで合わせるのが一般的なコーディネートです。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色が1色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。青色を引き立たせる効果があります。