レザーブルゾンのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

レザー(革)のブルゾン(ジャンパー)。いわゆる「革ジャン・皮ジャン」です。レザーは男らしく見える効果があり、また丈が短いアウターでもあるブルゾン自体もジャケットや他のアウターに比べて男らしく見えるアイテムですから、レザーブルゾンはかなり無骨、男臭いアイテムで、バイクにのるライダー(バイカー)向けにも人気の商品です。ブルゾンは、襟があるか無いかで合わせるインナーが変わってくるので、ブルゾンを選択する際には襟があるかないかを必ず確認してからコーデしましょう。

こげ茶のレザーブルゾンのメンズコーディネート・着こなし

Small
ナノ・ユニバース こげ茶 レザーブルゾン
コーディネートのポイント
レザーブルゾンは無骨なアイテムですので、インナーにニットを持ってくるとただ無骨なだけでなく、優しい雰囲気も兼ね備えたコーディネートになります。パンツはデニムやチノ、靴はより男らしさをあげたい人はブーツで、そうでない場合はスニーカーでカジュアルにあわせます。
色については、アウターがある程度年齢を重ねた人に合いやすい茶色で、インナーには、オシャレな人しか着ないカラーシャツを合わせているため、大人っぽさと「オシャレさん」といった印象を両方与えるコーディネートです。

こげ茶のレザーブルゾンのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

黒・ブラックのレザーブルゾンのメンズコーディネート・着こなし

Small
BLUE TORNADO 黒・ブラック レザーブルゾン
コーディネートのポイント
レザーブルゾンは男らしい印象を与える無骨系のアイテムです。オーソドックスに合わせるなら、この無骨要素で統一し、インナーは胸元が空いたTシャツ、パンツは無地のチノパンやカーゴ、そして靴はブーツで合わせましょう。一気に「男らしさ」が上がります。顔が濃かったり、ひげを生やしていたりガタイがよかったりと、外見上男らしい人が着る分にはもちろん似合いますし、逆に外見がひょろっとしていたり、顔が童顔だったりする方が着れば、服の無骨さで中和されてバランスがよくなります。
色については、黒と白とベージュの3色は鉄板のオシャレな色の組み合わせ方です。

黒・ブラックのレザーブルゾンのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

青・ブルーのレザーブルゾンのメンズコーディネート・着こなし

Small
ヴァンキッシュ 青・ブルー レザーブルゾン
コーディネートのポイント
レザーブルゾンは男らしい印象を与える無骨系のアイテムです。オーソドックスに合わせるなら、この無骨要素で統一し、インナーは胸元が空いたTシャツ、パンツは無地のチノパンやカーゴ、そして靴はブーツで合わせましょう。一気に「男らしさ」が上がります。顔が濃かったり、ひげを生やしていたりガタイがよかったりと、外見上男らしい人が着る分にはもちろん似合いますし、逆に外見がひょろっとしていたり、顔が童顔だったりする方が着れば、服の無骨さで中和されてバランスがよくなります。
寒色の代表色である青と暖色の代表色である赤は鉄板のオシャレなカラーコーディネートです。これに、同じく鉄板の色の組み合わせ方であるネイビーパンツと茶色の靴を合わせています。 なお、青とネイビーは青系統色同士、赤と茶色も赤系統色同士で統一感があります。

青・ブルーのレザーブルゾンのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

白のレザーブルゾンのメンズコーディネート・着こなし

Small
ANOTHER SIDE SQUARE メンズ 白 レザーブルゾン
コーディネートのポイント
カーディガンは閉じると胸の前にVの字を作るので、カーディガンの中に着るTシャツ(カットソー)はUネックにするのが1番似合います。 セーターと同じように、レザーブルゾンの無骨さをやわらげる効果があります。今回のスタイルではパンツと靴はオーソドックスにデニム、チノとスニーカーやブーツで合わせます。男らしくしたい方はブーツ、そうでない方はスニーカーと合わせましょう。
色については、クリームイエロー、薄い青と薄い(彩度が低い)色同士で合わせています。このように、色の明度(明るさ)や彩度(鮮やかさ)を合わせるのもオシャレに見える色使いのテクニックです。

白のレザーブルゾンのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

茶色のレザーブルゾンのメンズコーディネート・着こなし

Small
BLUE TORNADO 茶色 レザーブルゾン
コーディネートのポイント
男らしいアイテムのレザーブルゾンに、ニットを挟むことで優しい雰囲気が出ます。中にはシャツを着てキレイ目さもアピール。パンツはカジュアルに行くならデニム+スニーカー、あるいは、スニーカーをレザーブーツに変えて男らしさを追加するのもGood!
色については、ネイビーと茶色は鉄板のオシャレな色の組み合わせです。有彩色をこの2色のみで統一したオシャレなカラーコーディネートです。

茶色のレザーブルゾンのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

カーキのレザーブルゾンのメンズコーディネート・着こなし

Small
HIDEAWAYS カーキ レザーブルゾン
コーディネートのポイント
パーカーのようにフードがついていると、それだけで「可愛い」要素が付け加わります。したがってこのようにコーディネートにパーカーを取り入れるのは、可愛く見られたい人には効果的です。このコーディネートのように、無骨系のブルゾンと可愛い系のアイテムであるパーカーを合わせることで、どちらの要素もあわせ持つバランスのいいコーディネートとなります。
全体的に、暗めのトーンで合わせた統一感があるオシャレなカラーコーディネートです。

カーキのレザーブルゾンのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

オレンジのレザーブルゾンのメンズコーディネート・着こなし

Small
NICOLE CLUB FOR MEN オレンジ レザーブルゾン
コーディネートのポイント
レザーブルゾンは男らしい印象を与える無骨系のアイテムです。オーソドックスに合わせるなら、この無骨要素で統一し、インナーは胸元が空いたTシャツ、パンツは無地のチノパンやカーゴ、そして靴はブーツで合わせましょう。一気に「男らしさ」が上がります。顔が濃かったり、ひげを生やしていたりガタイがよかったりと、外見上男らしい人が着る分にはもちろん似合いますし、逆に外見がひょろっとしていたり、顔が童顔だったりする方が着れば、服の無骨さで中和されてバランスがよくなります。
色についてですが、オレンジと寒色である青やネイビーは鉄板の相性がいい色の組み合わせです。また、パンツのネイビーと靴の茶色もオシャレな色の組み合わせです。

オレンジのレザーブルゾンのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

黄色・イエローのレザーブルゾンのメンズコーディネート・着こなし

Small
NICOLE CLUB FOR MEN 黄色・イエロー レザーブルゾン
コーディネートのポイント
パーカーはフードがついているため「可愛い」要素があるアイテム。このパーカーを、ブルゾンの中に着ることで、防寒力が上がるとともに、オシャレな着こなしになります。今回はレザーブルゾンにパーカーを合わせます。レザーの無骨さをパーカーの可愛さが中和する、いわゆる「甘辛コーデ」というスタイルです。レザーブルゾン(革ジャン)を着たいが、ごつく、男くさくなりすぎるのも嫌だという人にはちょうどいいスタイルです。
色については、黄色、マスタードのアウターとネイビーはオシャレな色の組み合わせです。 また、ネイビーのパンツと茶色の靴も鉄板の色の組み合わせです。

黄色・イエローのレザーブルゾンのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ワインレッドのレザーブルゾンのメンズコーディネート・着こなし

Small
ハイダウェイ ニコル ワインレッド レザーブルゾン
コーディネートのポイント
男らしいアイテムのレザーブルゾンに、ニットを挟むことで優しい雰囲気が出ます。中にはシャツを着てキレイ目さもアピール。パンツはカジュアルに行くならデニム+スニーカー、あるいは、スニーカーをレザーブーツに変えて男らしさを追加するのもGood!
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色とその色に近い色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。エンジ、ピンクを引き立たせる効果があります。

ワインレッドのレザーブルゾンのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

紺・ネイビーのレザーブルゾンのメンズコーディネート・着こなし

Small
nano・universe 紺・ネイビー レザーブルゾン
コーディネートのポイント
レザーブルゾンにカーディガンを合わせるスタイルです。カーディガンは閉じると胸の前にVの字を作るので、カーディガンの中に着るTシャツ(カットソー)はUネックにするのが1番似合います。 セーターと同じように、レザーブルゾンの無骨さをやわらげる効果があります。今回のスタイルではパンツとカーゴ、靴はレザーブルゾンとカーゴパンツに合わせてブーツで無骨目にまとめています。
色については、ネイビーを無彩色の白とグレーで合わせたクールでオシャレなカラーコーディネートです。

紺・ネイビーのレザーブルゾンのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ベージュのレザーブルゾンのメンズコーディネート・着こなし

Small
ブルートルネード ベージュ レザーブルゾン
コーディネートのポイント
レザーブルゾンは無骨なアイテムですので、インナーにニットを持ってくるとただ無骨なだけでなく、優しい雰囲気も兼ね備えたコーディネートになります。パンツはデニムやチノ、靴はより男らしさをあげたい人はブーツで、そうでない場合はスニーカーでカジュアルにあわせます。
色については、ベージュを爽やかにグレ—と白で合わせた淡い色合いで統一感のあるカラーコーディネートです。

ベージュのレザーブルゾンのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

チャコールグレーのレザーブルゾンのメンズコーディネート・着こなし

Small
ハイダウェイ ニコル チャコールグレー レザーブルゾン
コーディネートのポイント
パーカーのようにフードがついていると、それだけで「可愛い」要素が付け加わります。したがってこのようにコーディネートにパーカーを取り入れるのは、可愛く見られたい人には効果的です。このコーディネートのように、無骨系のブルゾンと可愛い系のアイテムであるパーカーを合わせることで、どちらの要素もあわせ持つバランスのいいコーディネートとなります。
色については、モノトーン色以外を赤系統のエンジ(ワインレッド)と茶色で合わせていて、暖かみのあるカラーコーディネートです。

チャコールグレーのレザーブルゾンのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

グレーのレザーブルゾンのメンズコーディネート・着こなし

Small
HIDEAWAYS グレー レザーブルゾン
コーディネートのポイント
レザーブルゾン+ニット+カーゴパンツのスタイル。男らしいアイテムのレザーブルゾンに、ニットを挟むことで優しい雰囲気が出ます。中にはシャツを着てキレイ目さもアピール。パンツはレザーブルゾンの男らしさを引き継いで、カーゴパンツで合わせ、足はどの程度無骨にするかでスニーカーかワークブーツで調整します。より無骨に見せたい方はワークブーツ、無骨要素はレザーブルゾン+カーゴパンツで十分な方はローカットスニーカーで会わせましょう。
色については、ブルーグリーンを目立つように、他の色を控えめな主張しない色で合わせたカラーコーディネートです。

グレーのレザーブルゾンのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る