明るい青のミリタリーアウターのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

ミリタリーアウターは、MA-1フライトジャケット、M65、N-2B、N-3Bといったメジャーなアウター以外のアウターもたくさんありどれもミリタリーらしく男らしさ、無骨さがあるアイテムです。どんなメンズでもこのアウターを着ると男っぽくなりますので、男臭く着こなしたいメンズはインナーも黒からグレーの色落ちTシャツも合わせてコーディネートして、無骨らしさを出していきましょう。明るい青は爽やかな色です。色としては白やベージュと合わせるとその爽やかさを保ったまま爽やかなコーディネートが完成します。

ミリタリーアウターの鉄板スタイル

Small
DOPE+DRAKKAR 明るい青 ミリタリーアウター
コーディネートのポイント
ミリタリーアウターは無骨系・男らしい属性のアイテム。この属性をそのまま生かし、同じく無骨にインナーは胸元が空いたTシャツやヘンリーネックで合わせます。パンツはデニムで、ダメージ加工やほつれ、強い色落ち、オイル加工等があるとより無骨度合いが高まります。ノーマルデニムであれば、無地のチノパン・綿パンでもどちらでも問題ありません。靴はブーツでミリタリー無骨テイストの統一感のあるスタイルになります。
色については、明るい青と合わせてパンツを明るい茶色といえるベージュで合わせ、そして靴はパンツと同じ色相の暗い色にするとパンツと合いますので、ベージュに対して茶色の靴で合わせています。インナーは白を持ってくることで、インナーから外に向けて暗くなるという色の組み合わせルールを守ることに繋がります。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る