ワインレッドのナイロンブルゾンのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

ナイロン素材のブルゾンのことです。素材表記としてはナイロンやポリエステルが使われていることが多いアイテムです。ナイロンジャケットは春から梅雨の時期、初秋の季節であまり気張らずにふらっとお出かけしたいときに活躍するアウターで、メンズファッションで人気の高いファッションアイテムです。着こなし方としては、しわの多い、洗いざらしのヨレヨレのシャツ以外であればどんな服にも合います。とくに1番似合うのはTシャツとのコーディネートです。ワインレッド、えんじ(エンジ・臙脂)色、ボルドー、マルーンといった色はほぼどれも同じ色で、早稲田カラーと呼ばれたりもする、赤を暗くしたような色です。ワインレッドだと赤と赤紫の間。ボルドーやマルーンだと赤と茶色の間といった印象があります。赤と青が合うように、赤を暗くした色であるワインレッドの場合は、青を暗くした色であるネイビー・紺色と合います。

ナイロンブルゾンのシャツスタイル

Small
adabat ワインレッド ナイロンブルゾン
コーディネートのポイント
ナイロンブルゾンにシャツ、チノパン、短靴とナイロンブルゾンをキレイ目に着こなす場合のスタイルです。合成繊維でありながら絹に最も近いと言われている”ナイロン\は、しわになりにくく汚れてもすぐに落とすことができるため、使いやすさNo.1!一見コーディネートが難しいと思われ勝ちですが、以外といろいろな服と合わせることができるアイテムなんです!"
色については、1番明るい白をインナーに持って来て、そこから外に向かって暗くしていく基本のルールを守っています。また、ベージュと茶色は同じ色の系統、また、赤と茶色もどちらも暖色の赤系統の色ということで、全体的に暖かみのあるカラーコーディネートになっています。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

ナイロンブルゾンTシャツ合わせスタイル

Small
adabat ワインレッド ナイロンブルゾン
コーディネートのポイント
ナイロンブルゾンのインナーにTシャツを合わせるベーシックなパターン。 パンツはデニムorチノ、靴はスニーカーとシンプルですが、ナイロンブルゾンを私服として着る時点で、1つラン クが上のスタイルですので、他をシンプルにコーディネートしてもサイジング(サイズ感)がおかしくなければ、ファッションにこなれている余裕がある男性に見えます!
色については、1番明るい白をインナーに持って来て、そこから外に向かって暗くしていく基本のルールを守っています。また、ベージュと茶色は同じ色の系統、また、赤と茶色もどちらも暖色の赤系統の色ということで、全体的に暖かみのあるカラーコーディネートになっています。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

ナイロンブルゾンの着こなし

Small
adabat ワインレッド ナイロンブルゾン
コーディネートのポイント
ナイロンブルゾンは、そのナイロンという素材から、スポーティーでカジュアルなアイテムなので、靴はスニーカーで合わせます。また、カジュアルテイストで統一するため、インナーはTシャツ、パンツはデニムで合わせました。どちらかといえば男らしいテイストの人に合うコーディネートです。
エンジ(ワインレッド)とネイビーはオシャレな色の組み合わせ方です。靴も、くすみ具合を合わせて暗めの茶色で合わせています。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

流行のきざしのジャージスタイル

Small
adabat ワインレッド ナイロンブルゾン
コーディネートのポイント
2015〜2016に来ると言われているジャージパンツスタイル。トップスはナイロンのブルゾンで合わせて素材感のバランスをとり、靴はローカットスニーカーでカジュアルに合わせましょう。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色が1色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。エンジを引き立たせる効果があります。

秋のメンズコーディネートをもっと見る