明るい青のショールカラーアウターのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

ショールカラーのアウターです。ショールカラーカーディガンのようにニットとは限りませんが、同じショールカラーなのでキレイめでおしゃれなファッションになります。また、男性はえりがつくことで着こなしの際に上品に見える効果があります。コーディネートとしては、例えばインナーに無地Tシャツを合わせ、パンツは綿パン・チノパンなどでシンプルに着こなすのもおすすめのメンズコーデです。アウターの品がいい要素を拾って靴に短靴かチャッカブーツを合わせるか、Tシャツに合わせてカジュアルにスニーカーやブーツで合わせても大丈夫です。明るい青は爽やかな色です。色としては白やベージュと合わせるとその爽やかさを保ったまま爽やかなコーディネートが完成します。

ショールカラーアウターのスタイル

Small
TAKEO KIKUCHI 明るい青 ショールカラーアウター
コーディネートのポイント
ショールカラーアウターをカジュアルに合わせるコーディネート。今回はインナーに無地Tシャツを合わせ、パンツはデニムにしてカジュアルダウンさせ、靴はスニーカーやブーツで合わせます。このようなえりがあるアウターは上品に見える効果があります。(もとはパーティーなどで使われるショールカラージャケットがモチーフになっているためです)
色については、明るい青と合わせてパンツを明るい茶色といえるベージュで合わせ、そして靴はパンツと同じ色相の暗い色にするとパンツと合いますので、ベージュに対して茶色の靴で合わせています。インナーは白を持ってくることで、インナーから外に向けて暗くなるという色の組み合わせルールを守ることに繋がります。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

ショールカラーのアウターのチノパン合わせ

Small
TAKEO KIKUCHI 明るい青 ショールカラーアウター
コーディネートのポイント
このようなえりがあるアウターは上品に見える効果があります(もとはパーティー等で使うショールカラージャケットがモチーフになっているためです)今回はインナーに無地Tシャツを合わせ、パンツは綿パン・チノパンにします。アウターの品がいい要素を拾って靴に短靴かチャッカブーツを合わせるか、Tシャツに合わせてカジュアルにスニーカーやブーツで合わせても大丈夫です。
色については、青系統と黄色系統は相性がいい色の組み合わせですから、この2色も相性がいい色の組み合わせといえます。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る