青・ブルーのスタジャン(単色)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

胴体部分と腕の部分の色が一緒のスタジャンのことです。主に黒いものが多いです。本来スタジャンは少年っぽい可愛い属性がつくアイテムですが、この暗い単色の場合は、男らしい、無骨系のアイテムとなります。メンズのスタジャンの素材はレザーが基本で、色は黒が人気です。ブランドはステューシーやアディダスが有名です。コーデする際はカーゴパンツやワークブーツでワイルドな着こなしをするのが一般的で、少しあどけなく着たい方は中にグレーのパーカーとピンクのインナー、白のチノパンをコーディネートしてみるのもアリです。青・ブルーは寒色の代表色で、暖色の代表色である赤・レッドと相性がいい色です。明るければ爽やかな、暗ければクールな印象を与えます。

単色スタジャンのパーカー合わせスタイル

Small
BASECONTROL 青・ブルー スタジャン(単色)
コーディネートのポイント
スタジャンは男らしいアイテムです。インナーに「(フードがついていることにより)可愛い」属性のパーカーを挟むことで、男らしさと可愛さのバランスがとれます。パーカーの下は胸元が見えるようにタンクトップかUネックやVネックのTシャツを。この肌着は3枚重ねになるため柄モノはしつこく、無地が1番スッキリ格好よくみえます。パンツはデニムかチノで合わせて、靴はパーカーの方を意識してスニーカーでカジュアルに行くか、アウターの単色スタジャンを意識してワークブーツで無骨に行くか、お好みの方を選択して下さい。
色については、青と茶色は相性がいい色の組み合わせです。 トップスは空を、パンツ・靴は大地を表すおさまりがいい色使いです。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

暗い単色のスタジャンの無骨スタイル

Small
BASECONTROL 青・ブルー スタジャン(単色)
コーディネートのポイント
暗目のスタジャンは、2色以上のカラフルな普通のスタジャンと違い、いわゆるスタジアムジャンパーというよりは、男らしいアイテムとなります。したがって、同じように無骨なアイテムと合わせます。とりわけ暗い色のスタジャンは男臭い人(ヒゲ、タバコ、オラオラ系等。ファッション誌「ROOD」のテイスト)に似合います。
青と薄い黄色は相性がいい色の組み合わせです。白パンとあいまって、オシャレ好きな人に見えるカラーコーディネートです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

スタジャン+ニットの男らしく優しいスタイル

Small
BASECONTROL 青・ブルー スタジャン(単色)
コーディネートのポイント
単色のスタジャンという男らしいアイテムに、ニットを合わせると、男らしく優しい雰囲気のコーディネートになります。スタジャンに合わせてパンツはジーンズ、シューズはより男らしく合わせるならブーツ、カジュアルに合わせるならスニーカーで合わせます。
色については、寒色の青と暖色のエンジ(ワインレッド)はオシャレな色の組み合わせです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

スタジャンのスウェット合わせ

Small
BASECONTROL 青・ブルー スタジャン(単色)
コーディネートのポイント
スタジャンの中には襟付きシャツもいいですが、個人的にはTシャツやスウェットやセーターといった襟がないもので合わせるコーディネートの方がおしゃれだと思います。今回はスウェットで合わせるコーディネート。パンツはテーパード型のパンツと合わせて、スウェット+スタジャンという重めのトップスに対してスッキリさせて、足元はローカットスニーカーかブーツで合わせるのがポイントです。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色が1色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。青色を引き立たせる効果があります。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る